<< 教養としてのゲーム史 (ちくま新書)多根清史/ざっと目を通した感想とAmazonレビューより転載 : TOP : そろそろ更新しようと思ったら声優の愛生さんの件でまだいいかとサボる(雑記) >>

アイドル声優は恋愛してはいけないもの?

別にいいんじゃね?と毎回思うんだけど、それほど入れ込んでしまう人も出るのはわからなくもないが…。 自分は他人の恋愛には興味ない感覚を若い頃から持っていた。今でもすっかり枯れてしまって、若いもんは熱くなれて青春しとるのう〜とお茶をすすりながら考えてしまう。

竹達彩奈、今までありがとう、そしてさようなら。:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

この管理人のポエムがブログのコンテンツとしてなりたっている。才能と若さに嫉妬。なりたくてもなれないがw 秀逸なテキストだ。昔のテキストサイトはこんなノリのもあったような。ネタとして上の管理人はたまに似たような記事を書くという。前は任天堂3DSの1万円値下げで発狂ポエムを書いてあった模様。

話題になったけいおん!の梓ことあずにゃん役でも有名。なかなか好きなキャラだ。自分は今回の件があっても普通に活躍してくれることを祈る。これからも似たような事が他の声優さんにあっても応援していくであろう。まぁそんなにのめり込まないからなー

まぁ流出は論外として、自分から恋人がいるのを言うのは止めろという意見は、わからなくもない。

世界を欺け。ファンを欺け続けろ!

僕らの竹達あやにゃん・・・・|やらおん!
コメント欄の伸びが半端じゃないもう2000行こうとしてるだと…2日間で

あと2chの芸スポで発見したものが
以下の文章にはなんともいえない感情をもってしまったw その要求おかしくね?

もうこんなのが大半をしめるようならアイドル声優は20代過ぎるまで恋愛しちゃいけなくて、30代以上になってやっと結婚をゆるされると法律で決めるべき!

【声優】若手トップ声優竹達彩奈 デートプリクラ流出?でファン「発狂」★3

3 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 15:46:18.92 ID:5Q1xRgcJ0 [1/2]
恋愛肯定派はいつも言う 「声優だって女の子なんだから恋愛くらいする」
でも、その次の段階は絶対に止められないものだろうか? 
つまり交際するということについてだ
好きになるということとお付き合いをするということとは全然レベルが違うのだ 

じゃなぜそこまでして交際を我慢しなければならないのか?それはアイドル声優だからだ
この理屈が気に入らない人が結構いるみたいだがアイドル声優だからダメなのだそこは絶対に譲らない

アイドル声優はファンがいることによって成り立っている。
そのファンはアイドル声優に対して擬似恋愛的な感情を多かれ少なかれ持っている
リアルの恋愛に置き換えてみればすぐわかる、
ずっと片思いだった子に彼氏がいたのだ。ショックじゃない男なんているだろうか?それを同じこと

アイドル声優はファンに擬似恋愛されることで成り立つ
アイドル声優の恋愛発覚はその擬似恋愛関係を壊す。だからアイドル声優は恋愛してはいけない 。
なにかこの理屈はおかしいですか?恋愛できないなんてかわいそう?
じゃあアイドル声優なんて辞めればいい、アイドル声優でなければ恋愛なんてし放題だ

だけどそこまでの犠牲を払ってでも声優になりたかったんじゃないのかな? 
恋愛なんて我慢してでも声優になることが夢だったんじゃないのかな?
少なくともオーディションを受けた時は声優になるという夢はそれくらい大きかったはずだと信じたい 
そしてそのアイドル声優は誰もが簡単になれるものじゃない。
ほんとうにごく限られた人にしかできない仕事 もう一度それを考えてほしい
アニメ : comments (1) : trackbacks (0)

コメント

うぱーのお茶会 | アイドル声優は恋愛してはいけないもの?
[url=http://www.gj422r41x77vup53dcglzg68454i3s6xs.org/]usfxpqghgif[/url]
<a href="http://www.gj422r41x77vup53dcglzg68454i3s6xs.org/">asfxpqghgif</a>
sfxpqghgif http://www.gj422r41x77vup53dcglzg68454i3s6xs.org/
by : sfxpqghgif ... 2017/08/03 03:52

Comment Form

名前欄に何か記入してください(必須)ただし最近スパムが多いのでアルファベットだけの名前は自動的に削除します。すいません。例『abcD』

  

トラックバック

こちらへのリンクが無い場合(スパム対策のため)反映されません

トラックバックURL:
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other