<< ゲーム感想:Rewriteは終盤まできた/地球環境のお話 : TOP : 皆さんって漫画雑誌何か読んでいますか? >>

週刊少年ジャンプ2016年14号の感想

■暗殺教室

しょっぱなから殺センセーが出てきて驚いたw 生徒たちへのアフターケアも万全だね。分厚い辞書の5倍以上はありそうな人生の手引きを生徒たちに残す。渚の家庭事情にもフォローしていたとは。無事に本校舎で卒業。マスコミの下世話の押しかけに対してAクラスの人達にも助けられエスケープ。最終回まで後2回。

■ゆらぎ荘の幽奈さん

惜しげもなくエロい姿がバンバン出てくる。同じクラスメートの千紗希ちゃんの部屋に幽霊退治に向かった主人公。除霊の仕方、散々のやり方をしたけどあまり成果が出なかったようですね。ベッドに千紗希ちゃんを押し倒してしまったw 追い出されたが何とか犯人がわかったようで部屋にどうやってか侵入成功。レッツ暴力!

■食戟のソーマ

久しぶりに料理を食べて服が引き裂かれ下着姿になる女子の姿を見るのは久しぶりのような… 鮭えええー 裂けえええー

■背すじをピン!と

部長の姉さんの指導がはじまる。説明にいちいち説得があってダンスの勉強になるなぁ。「瞬間、心、重ねて」(エヴァネタ)と「腕は置いておくだけ」(スラムダンクネタ)とパロディーもある回でしたね。

■ニセコイ

集とるりちゃんの迷子になった外国人の娘の親探し。集の細かい観察力に、るりちゃん注目。

集が楽のことを憧れと言ったのにビックリ。楽の何事も全力で挑むことに尊敬しているようだ。どうも違和感というか生理的に嫌だ(笑) 楽を無理に持ち上げている作者の思惑が見えてなぁ〜 集は初期は楽に小野寺さんが惚れているんじゃないかとけしかけ、途中からるりちゃんに、楽が小野寺さんを好きなんじゃないかと小野寺さんに言おうとするのを止めたり、何か引っかき回しているお邪魔虫というか上から目線が嫌だった(脱線)

るりちゃんが集に惚れるのも時間の問題か。しかしまだこの話、続くのか。ジャンプの掲載順は実質最下位ですし。メインの楽が千棘か小野寺どちらを選ぶのかをじっくりやらずに打ち切りみたいに終わっちゃうのは勘弁。

■斉木楠雄のΨ難

メイド喫茶なのに萌えないとはw みことちゃんは好きな斉木にも意見をはっきり言えるところで好感度アップ。今回も安定した面白さでした。

Amazon:
背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

コメント

Comment Form

名前欄に何か記入してください(必須)ただし最近スパムが多いのでアルファベットだけの名前は自動的に削除します。すいません。例『abcD』

  

トラックバック

こちらへのリンクが無い場合(スパム対策のため)反映されません

トラックバックURL: