<< Rewrite 第1話「ウェルカム、超常現象」1時間Sp やり直すんだ。次はうまくいく : TOP : 「逆転裁判6」レビュー /1〜3が成歩堂の物語なら4〜6が王泥喜法介の物語 >>

ニセコイついに楽が選んだ相手が確定。現実逃避しちゃった方もいるし。これはギルティー

月曜日が祝日なので土曜日にはジャンプ出るので、さっそくジャンプ+で電子書籍として購入。真っ先に見るのはニセコイ。単行本は6巻あたりの文化祭まで持っていて、あとは雑誌でチェックしていたぐらい。今月号で桐崎千棘と小野寺小咲どちらを主人公の楽が選ぶのか興味津々でした。先週号でなんで泣いているのかピンと来なくて、どういう感情なのかわかっていないまま今月号読んでちょっと驚き。楽の方は昔から好きだったのが判明して、いま両思いなので感動みたいな〜トンチンカンなこと思ってましたわ。楽が選ぶのは6:4ぐらいで小野寺さん有利かなぁって

マンガの考察したら素晴らしいテキスト書くヤマカムの山田さん、最近更新とどまっていて美味しいところなのに戻ってきてよ!と思ったら、先週分のアップしていた。

『ニセコイ』なんだかなぁ(國府田マリ子)<ヤマカム>
小野寺さん負け戦なのが必然だというのわかっていたのかと感心。コメント欄も100オーバーってすごすぎる。みんな関心持っていたのね。

当然、今週号でのことも更新してた…

自分はなんだか千棘が、小野寺と楽のふたりだけが両思い(自分は蚊帳の外と勘違い)で逃げまわっていたけど、棚ボタの逆転大勝利には苦笑い。これは小野寺さんには酷い展開だなぁと感じました。 今までほぼ小野寺の扱いはかなりスミに置かれて千棘が変顔だろうが全面的に物語の中心で出てましたが。千棘有利とは思っていたけど、なんかよくわからん理由で楽が千棘を一番に選んだ『過程』に納得いかん。今後ちゃんと理由かかれることを祈ってます。あんまり今まではそういう描写がなくて、照れた千棘が楽を殴ってばっかりいた印象が強い。楽がマゾならともかく小野寺より惚れるのはどうもおかしい。集からのちょっとした幸せを誰に一番先に報告したいか?というアドバイスにも千棘は当てはまらないと思うし。千棘よりは小野寺じゃないかと。

『ニセコイ』、こちら桐崎千棘!一条楽応答せよ<ヤマカム>

ヤマカムの山田さん現実逃避しちゃっているよ!!

まともな批判したレビューがアップされてた。小野寺さんのセリフと納得する楽が同じく、やはりわけわからないわ。小野寺さんはニセコイというストーリーを引き延ばすだけの存在だったのかな?

『ニセコイ』小野寺さんとは何だったのか?<ヤマカム>」

余裕のコメント100オーバーだと!? 個人のブログなのに心ないコメントとかあるのが残念。冷静に窘めるコメントもあり。それだけ注目を集めた記事だったのだとわかりますね。

Amazon:
楽が千棘にふらっと惚れるのが描かれる巻。しかしメインは他のふたりの処刑回
ニセコイ 23 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版


ニセコイ 24 (ジャンプコミックス) コミック – 2016/8/4
古味 直志 (著)
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

コメント

Comment Form

名前欄に何か記入してください(必須)ただし最近スパムが多いのでアルファベットだけの名前は自動的に削除します。すいません。例『abcD』

  

トラックバック

こちらへのリンクが無い場合(スパム対策のため)反映されません

トラックバックURL: