<< 【PS2】魔法先生ネギま! 2時間目 戦う乙女たち! 麻帆良大運動会SP! : TOP : 戯言シリーズ完結記念:書店で配布している小冊子の紹介/9種類の栞があるようで >>

書籍『ガイナックス・インタビューズ』が発売。濃い内容で読み応えあり

【ハードカバー本】ガイナックス・インタビューズAmazon:【ハードカバー】ガイナックス・インタビューズ
書籍『ガイナックス・インタビューズ』では庵野秀明、山賀博之、赤井孝美、貞本義行、鶴巻和哉ら、ガイナックスのクリエーター+その他のガイナ関係者多数のインタビューが掲載されておりまして、読み応え十分。下の関連リンク先でも書かれているように元社長の岡田斗司夫氏がいれば完璧だったのですが… インタビューではちょこちょこと名前は出ているし、個人個人では仲が悪いわけではなさそうなのですが、なんか残念。

どれもすごい濃い話で、すぐには読み切れないほどの分量が。クリエイターの考えていること、過去の思い出、人生観などいろいろ。ガイナックスの会社そのものの面白さ、大学のサークル気分というか文化祭の準備みたいな一種のお祭りが続いているような製作状況が興味深かったです。

例えば王立宇宙軍 オネアミスの翼(若者がロケット飛ばす映画)の食卓で登場するスプーンの形を考えるだけでも時間を忘れて白熱した議論したとか面白かったなぁ。効率化とか費用削減をまったく考えてないところがイイ!

あとアニメ中心でゲームには殆どふれてないですねw バンダイのエヴァ2みたいなしっかりとした家庭用ゲームはガイナ内部では作れないとかありました。今後はしっかりとしたものを…うんぬん

理想や考え方は個人個人ではちゃんとあるのに、ガイナックス全体としてはエヴァ以降は何かパッとしていないイメージがどうしても… エヴァのレイ、アスカ・フィギュアやグッズの印象だけが強いといいますか。でもOVAのトップをねらえ2!はやるでーという意志は伝わってきました。

関連:ガイナックス関連書籍のまとめ紹介(ARTIFACT ―人工事実―)
アニメ > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

コメント

Comment Form

名前欄に何か記入してください(必須)ただし最近スパムが多いのでアルファベットだけの名前は自動的に削除します。すいません。例『abcD』

  

トラックバック

こちらへのリンクが無い場合(スパム対策のため)反映されません

トラックバックURL: