<< ネット上の酷評はなんのそのゲーム軸にしたバラエティーマガジン「Continue」の表紙は「ゲド戦記」! : TOP : 【英単語参考書】もえたん3/みんなの萌える英会話帳が帰ってきた >>

【ライトノベル】ゼロの使い魔/ツンデレもの。「この駄犬!」ピシッ

ツンデレものと聞き、長い間ためていた(放置ともいう)のだけどついに読み始めた。3巻あたりまで。

ハリーポッターのような舞台となっており魔法学校での出来事。ファンタジーもの。

【小説】ゼロの使い魔/(著)ヤマグチ ノボル
Amazon:【小説】ゼロの使い魔/(著)ヤマグチ ノボル
Amazon:【小説】ゼロの使い魔 シリーズ

ゼロのルイズと呼ばれる魔法使いの少女は、各自が己の使い魔を召還する日に、このファンタジー世界と違った現代の人間「平賀才人(ひらが・さいと)」という名前の少年を使い魔として召還してしまう。みんなは火を噴くトカゲやフクロウ、カエル、モグラなのに。。。

ネギま、ハリポタと違って魔法の舞台と現代は繋がっていなくお互いは非干渉どころか、認知していないのである。未知のワールドだ。
ルイズのいる魔法の国は貴族はすべてメイジ…魔法使いなのである。貴族だから当然に偉そう。ルイズも少女とはいえども貴族の端くれ、才人という使い魔の扱いは、人間でありながらモノいや犬扱い。ヒドス

とはいえ主人公の才人もお調子者なので、ルイズの胸の無さを替え歌にしてバカにしたり、けっこうやらかしているので、ルイズにムチで叩かれたり「犬」呼ばわり、ときには「駄犬」呼ばわりされている。「この駄犬!」ピシッ このツンツンした感じが良いのである。巻が進むごとに才人を頼りにして大切に扱うデレ具合がたまらない。そのためのツンよし。物語も学園の中だけのお話だけでなく、国と国とが争う戦争になったりして、ふたりは大活躍するシーンも!!

小説を読んでいたら、丁度、絵描き様から「ゼロの使い魔」のルイズの暑中見舞い絵をいただきました。
ゼロの使い魔 暑中見舞い
爽月華」の「あおい」様ありがとうございます。

このツンツンした顔つきがイイんですよね。「暑いわね。この駄犬!なんとかしなさいよ!」と才人を叱る光景が浮かび上がってくるようです。
小説 > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

コメント

Comment Form

名前欄に何か記入してください(必須)ただし最近スパムが多いのでアルファベットだけの名前は自動的に削除します。すいません。例『abcD』

  

トラックバック

こちらへのリンクが無い場合(スパム対策のため)反映されません

トラックバックURL: