<< 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【ラノベ感想】狼と香辛料 10巻 (著)支倉 凍砂/相も変わらずホロとロレンスの会話は楽しい

10巻のちょっとしたネタバレも(重大なのは書いていないつもり)含みますが、ほとんど1巻〜10巻の感想に近いものになってしまいました。

Amazon:
狼と香辛料〈10〉 (電撃文庫)
狼と香辛料〈10〉 (電撃文庫)
ケルーベでの騒動の後、ロレンスたちが向かったのは、海を渡った島国のウィンフィール王国。目的地は、『狼の骨』を持つというブロンデル大修道院だ。王国に着いたロレンスたちは、羊毛取引で富裕なはずの修道院が経済的危機に陥っていると耳にする。しかも、世界最強と名高い経済同盟・ルウィック同盟が、修道院の土地を狙って王国に進出してきたという。不穏な情勢の中、ロレンスたちは修道院へ近づく足がかりを作るため、同盟の一員である商人ピアスキーに協力を依頼することになるのだが―?

旅商人のロレンスは狼の娘ホロと、途中で助けた少年をつれ、舞台は海を渡って雪国へ。羊料理うまそう。宿屋や修道院などの街の描写が丁寧で良かったです。いつもながらロレンスとホロのかけあいは絶妙なかけひきですな。無邪気なところ、甘えているところ、腹の探り合い、バリエーション豊富です。会話のさぐりあいが高度なのか自分では真の意味がピンと来ません(^^; 俺あたま悪い〜 でも、ふたりの関係が良い距離をもって接していること、壊れてしまうことをお互いが恐れていることは十分に伝わってくる。愛ですよ愛。ふつう3角関係かハーレム状態にしちゃいそうなところを、ロレンスとホロだけの関係でここまで継続させるのは作者の器量ですね。まぁ最初の頃の羊使いの娘や前巻のエーブ、この巻の同業者の男が恋のさや当てキャラみたいなものか。ホロやロレンスに「奪われちゃうんじゃないのか」「あちらの方がよっぽど相方にあっているんじゃないのか」等の動揺をもたらしていると言えますね。恋のさや当てキャラをいれてもすぐに旅で別れる構造になっている。

ところでロレンスは行く先々で商売の事件というかに出会っちゃうよな。修道院と王国そして騒動にまきこまれ、経済同盟を使って解決に乗り出すところは流れが早いうえに、どう説得しているのか理屈を理解するのに難しかった。あとロレンス自体の儲けというか収支はどうなっているのだろう? 稼ぎすぎると念願の夢である自分の商店を持てるくらいになって終わっちゃうし、ホロの故郷もほぼ特定できている状態ですからね。今までの見るとけっこう利益でているんじゃないかと思うんだけど。最初の頃は元の木阿弥で貧乏のままだったような気がしますが。

今回はふたりが抱き合っているシーンのテキストとイラストが良かった。いろいろと明快じゃないところが残っていて次巻ご期待という感じで、もうすでに11巻が楽しみです。作者さんのサイトによると書き上がっているそうで早く出そうですね。

最後にドカンと重大な情報がロレンスに告げられた事からクライマックスに近い気がするのですが、テレビ二期もあるし、どうなることやら。だらだらと続けられるよりもスパッと終わるのも良いあんばいかもしれない。惜しまれる頃に区切りをつけるのもいいというか。

正直言って商売のかけひきとか会話の裏に込められた意味とか全然わかっていないんですけど(ぉぃ 仕組みや理屈、経済のこと全然ダメなのに雰囲気だけ味わっても楽しいのが凄いところだ。何回が読み直さないといかんなぁ。

関連記事)
■黒い天使のブログ ロレンスに決断の時迫る…支倉凍砂『狼と香辛料』10巻
たしかにラストはずるいw 経済戦争がよくここまで続くと思いますね。

狼と香辛料10巻発売 舞台はウインフィール王国へ!!: せなか:オタロードBlog
大阪の書店での販売様子や今回の作品の紹介やリンクなど。

「アニメは夏放送らしいよ?」の「狼と香辛料10」感想 - 平和の温故知新@はてな
羊料理うまそうですね。あとたしかにみんなマンネリ言い過ぎ。でもそう言いたくなる気分にw

Amazon:狼と香辛料 Blu-rayDiscBOX【期間限定生産】 [Blu-ray]
狼と香辛料 Blu-rayDiscBOX【期間限定生産】 [Blu-ray]
小説 > 狼と香辛料 : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other