<< 2017/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

劇場版Zガンダム 第3部〜星の鼓動は愛〜 かなり早いテンポで展開速い戦記物

劇場版Zガンダム 第三部 星の鼓動は愛を観てきました。

三つ巴の戦いとはなってますが4つ巴となり、裏切って裏切られ、同盟結んだと思ったらすぐに謀略をはかり亡き者にしようとするグチャグチャの戦記物なのです。

主人公のカミーユ、シャア、ブライト艦長のいるエゥーゴ。
地球連邦軍のエリート部隊、ティターンズ。
木星から帰ってきたシロッコの軍。(表向きはティターンズに協力)
残留ジオン軍のハマーン・カーン率いる軍隊。

同じ組織内でも下克上だったり裏切ったりと内部崩壊してるし。 思いっきりTVシリーズを圧縮して新たな台詞や映像をいれて総集編のような、でも結末は変えたというもので、軍事的な流れはよくわからない(スケールはでかくて面白かったけど) 理屈じゃないんだ!感覚で観るというものでした。

劇場版Zガンダム第三部パンフレット
600円のパンフレットを買ったけど、たいしたこと書いてなかった。キャラやMS紹介とエゥーゴやティターンズらの所属人物や立場を書いたものだけだ。どの場所で何所属の部隊が戦ったとかいうマップぐらいあると思ったのに……。編集も投げてしまったような。

ロボットいやモビルスーツの戦闘や艦隊戦がほぼ占めて、あとはキャラ同士の掛け合いが合間に挿入される。目的は自分たちが生き残ることで、戦争に正義や悪もありません。富野総監督の言いたいことも台詞に多少あって分かった部分あるけど分からない部分も多い。

巨大なコロニーレーザーや、基地を直接ぶつける作戦も派手で好きです。笑えるシーン(ほとんど人が笑いに耐えているはず)もあるし、エンターテイメントとして楽しめたという印象ですね。キャラ的にはハマーン・カーンが女王さまのような凛々しくてカッコよかった。カツ・コバヤシはあいかわらず感情のおもむくまま、出撃しなかったり、勝手に突出したりと人間模様もなかなか興味深い。

欠点としては旧作画という人もいるでしょうけど、自分は最後の微妙なラップ曲だなぁ(;´Д`) あの曲はいったい… 1部OPのガクトの曲が最高だっただけに。

このままだと劇場版「逆襲のシャア」に繋がらない気もするので、間の話を映画にすべし。

過去ログ)
機動戦士Zガンダム 第一部 星を継ぐ者/劇場版 かなりオススメ
★【映画】機動戦士ZガンダムII 恋人たち/かなりのダイジェスト版。脳内補完で補わないとダメ

Amazon:【DVD】Zガンダム
アニメ > ガンダム : comments (0) : trackbacks (1)

劇場版「Zガンダム」フォウ役声優変更に関して音響監督の陰謀が発覚(?)

過去ログ2005/8/19分復旧。
05年の8月中旬から現在の06年1月中旬までの人気ページランキング 第1位

劇場版Zガンダム(3部作:1部公開済み)において、フォウ役のオリジナル声優:島津冴子さんが降板になって、別の声優の、ゆかなさん(プリキュアの白い方:ほのか役)に変更になりました。
Zガンダム パンフレット
フォウはガンダム前にいる、緑青っぽい髪の女性。主人公カミーユと関わるストーリー上重要な役割。

その交代理由が島津さん自らがサイトにて言及されて、これが驚きの情報。富野総監督も公表することを許可しているとの事。富野総監督に今回の配役変更について「音響監督にだまされた」と言われたようで。

「Zガンダム」劇場版 フォウ役声優変更について(声優:島津冴子公式サイト)
『NEXT』で数ページに渡って、今回の交替について述べられています。

それによると音響監督の藤野貞義・音響監督が富野総監督に対して、島津さんが声優を引退と間違った情報を伝え、自分が新たに選んだ声優に交代させてしまったとの事。藤野貞義氏は引退した噂や島津さんの個人への電話(留守中)だけで判断したという弁明を。インターネットは使ったことがなく、テレビやラジオは見たり、聞いたりしていなかったとか。知り合い&所属事務所には確認もしなかったという不思議な行動。富野監督は初めオリジナルの島津さんを劇場版でも起用する意志があり、オーディションを受けさせるはずだったが、その機会もなくなってしまった事を書いていました。

状況からして藤野貞義 氏はわざと島津さんが引退になったと嘘の情報を、富野監督に伝えて、お気に入りの声優を据えたというのがもっぱらのジャッジが各地からされています。他のTV版から劇場版で交代した声優さんに関しても疑惑が。(サラ:水谷優子→池脇千鶴に交代)

☆Wiki:「劇場版Zガンダムのフォウ役を島津冴子さんに戻せ」

☆新たにフォウ役になった声優の、ゆかなさんが掲示板でコメント(ウォッチ!声優板)
上記の島津さんの手記が発表される前の書き込みのようですが、今回の声優変更についてふれています。

たのみこむ:劇場版機動戦士Ζガンダム フォウ:島津冴子,サラ:水谷優子バージョンのDVDを!!
ユーザーからの要望が続々とありましたが、メーカーからの回答があったようです。
この問題に対するバンダイビジュアルから頂いた回答です。
下記より本文。

拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。
日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

この度は、お問い合わせをいただきありがとうございます。

映画『機動戦士Zガンダム? ‐恋人たち‐』のキャスティングにつきましては、富野由悠季総監督の演出意図と私たち製作者の総意により決定されました。
本作品が『A New Translation=新訳』という新しい作品づくりを目指した結果であるとご理解いただければ幸いです。

以上、簡単ではございますが、お返事とさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
                                 敬具

テンプレというか、決まっちゃったものはもう変えられないよという回答のようで。『演出意図として変えたから、これが新訳なんだ!』と表明。

★Zガンダム局挂鄙躊篤張好撻轡礇襯ぅ鵐織咼紂次9月13日 サンライズ第7スタジオにて/インタビュー構成:氷川竜介】
一方、フォウ・ムラサメのようなゲスト的なキャラクターに関して言えば、新人を起用するという考え方は初期段階からありました。もちろん 20年前にフォウやサラを演じた声優さんを使う選択肢も検討しましたが、やはり芸能としての映画をお見せしたいという願いと、ファースト以来のキャラクターとのバランスを考えれば、懐し映画にしないために若い声を入れた現在の方向性が決まっていきました。

しかし、その考え方だけで ピンポイントで変えると全体のバランスが悪くなります。そのあたりも含めて藤野音響監督と総合的に検討して考えた上で、今回のキャスティングに固めたわけです。

これが富野総監督の対外的な表明となるのでしょうか。
劇場でZガンダム第2部を観て、改めてどんなものか判断したいところです。

追加記事:【映画】機動戦士ZガンダムII 恋人たち/かなりのダイジェスト版。脳内補完で補わないとダメ
その結果がダイジェスト版。声優さんをわざわざ変えた意図がよくわからなかった。富野総監督の考えはよくわからないw まぁ新人の方が話題性があるとスタッフが考えたのじゃないか?と、音響監督も若い人と一緒に仕事がしたかったのかな?という疑惑が。

関連記事
機動戦士ガンダム0083 5.1ch DVD-BOX オリジナル音声は収録されず(シャア専用ブログ)
上のZといい、初代ガンダムのDVDといい、こんなのばっかり('A`) オリジナルも大切にねっ!

劇場版Ζフォウ役変更についての音響監督に電話した人の話(シャア専用ブログ)
変更声優の状況(判明分のみ)や電話で問い合わせた人の話など

はてなダイアリーの言及リンクまとめ(トボフアンカル・ミニ・メディア)

過去記事
【劇場版】機動戦士Ζガンダム 作画監督ぶっちゃけトーク
どうなるのかと思ったけど、この後、恩田作画監督の方は富野総監督と一緒に劇場版の仕事をしている姿や、落ち着いたコメントをしています。

関連記事
超初心者向け歴代ガンダム作品相関図
いろいろなガンダムシリーズをわかりやすく解説しておられます。
アニメ > ガンダム : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ】ガンダムSEED DESTINY最終回をやっと観る/なんじゃこりゃー(笑)酷すぎる脚本

体調不調中に横になって、撮っていたガンダム種死を途中分から最終回を観たのですが…

☆全体のネタバレはいりまーす。

あぜんというか笑ってしまいましたよ。主人公は誰?みたいな。最初から最後の方までアスランで、一応の主人公(らしい)シンの立場は?という。怒って愚痴ばかり言っているか、携帯で妹の映像を眺めるばかり。

てっきり妹を含めた家族の戦争被害からシンは何かを得て…みたいな成長物だと思ったら、終わりは前作の主役キャラにバトルでやられちゃってるし、ルナマリアに抱きかかえられて泣くだけ。おーい

監督は「ガンダムを通して戦争について視聴者に考えさせる…」みたいな立派な事を以前おっしゃっていたような気もしますが、まさかアレが戦争の原因とか言うんじゃないでしょうねぇ…… もしかして現在のアメリカ批判?みたいな。いや確かにひとつにはその要因もあるだろうけど、それだけが一番の原因だ!のような描き方というのには問題あるでしょう。 それだけでみんな納得し、一斉に蜂起して壊滅させますかw すごいぞ!議長の演説力。

さらにオーブ、連邦軍、ザフトの戦いというか、ナチュラルとコーディネイターの争いも何かあやふやと言うか。バトルも最後はMSガンダムだらけになっちゃったしなぁ。ザクとか格好良いと思うのに…
ドムの「ジャットストリームアタック」初代に対してやっつけなインスパイアぶりにも泣けました。中途半端な過去のガンダムの名シーンをよくもまぁ……

昔、初代のガンダムでSFか、そうじゃないかという大論争があったと言いますが、デスティニーは一発で分かりますね。宇宙から大気圏へ突入していきなり助けに入るとか。レーザー砲の構造も何か。クローンや遺伝子関連も。
あとジャンプの男塾ばりの、脚本家に優遇されたキャラは簡単に生きていて(死をも凌駕)、やっつけキャラはおざなりのままなのもヒドすぎるw イザーク、ディアッカの扱いも(笑) 途中の3人組の半端さと、一方の彼らの仮面のリーダーがこれまたスゴイ対照的な描き方になってるし…

これはある意味、偉大な作品というか今年度のインパクト大なアニメだと思いますよ。アーケードの対戦ゲームも人気ありますし。観ないと損(いろいろな意味で)

Amazon:ガンダム SEED DESTINY関連商品
アニメ > ガンダム : comments (4) : trackbacks (0)

【映画】機動戦士ZガンダムII 恋人たち/かなりのダイジェスト版。脳内補完で補わないとダメ

劇場でZガンダム第2部を観てきました。まぁ1ヶ月前の話んですが。 かなりのダイジェストなので1部よりさらに物語を端折っていて、TVシリーズか書籍でZガンダムのストーリーを知らないとさっぱりかと(・ω・)
Zガンダム パンフレット
購入した第2部のパンフレット。

富野総監督自ら、公開前からスタッフの間でも大きく賛否両論別れたと言っていましたが納得の出来です(悪い方に)
個人的にはTVシリーズはおぼろげに覚えているのと、ムックでだいたいのあらすじを知っていましたので、けっこう楽しめました。脳内補完ってやつですよ。
バトルシーンの新カットは1部と違ってバラバラに使われていたので、戦闘そのもののインパクトは少なかった。

あと「恋人たち」と副題がついてますが、出会いと「何となく恋人なっちゃった…」結果だけで、過程がいっさい省かれてますので感情移入しようがない。

そこで本田透氏の書籍「電波大戦」で得た知識。有名人になると勝手に女性が近寄ってくる理論ですよ! 
クワトロ(シャア)とアムロは前作の初代ガンダムの純愛というかニュータイプ同士の繋がりというか、失ったララァの事がいまでも大切なのに、1年戦争でヒーローとなってしまったから、さぁ大変。他の女性がここぞと近づいてきて、まさに「押しかけ恋人ぎどり」です。それを拒絶できない、アムロとシャアも情けないといいますかw モテの魔の手にまさに陥ってしまったというか。

それにくらべてZガンダムで若手の期待のルーキー、しかも大活躍のカミーユの女性の扱いのうまいこと。使い分けがスゴイっす。もう複数の女性への対応というか心の切り替えといったら、まさに『好色一代男』とはこのことでしょう。モテ男そのもの。

さらにTVシリーズでは勝手に出撃して迷惑ばかりかけていたカツ(ネットでは「氏ね!」「ウザイ」とか酷い事ばかり言われるキャラ)が劇場版ではひとりの女性にもて遊ばれ、まさにm9(^Д^)プギャー
劇場版だと活躍の場(無断出撃シーン)が無いので、余計にアワレそのものです(´・ω・) カワイソス

Zガンダム サラとフォウ女性陣といえば、声優交替で大騒ぎになっていたフォウ・ムラサメはオリジナルとして考えればそこそこ良いんじゃないでしょうか。電波はいってますが。というより本当に少ししか登場しないので判断しようもない(3部は出番なさげ…)

サラ嬢は大活躍。出番多くて優遇されてます。小悪魔みたいで惚れたw 3部でも期待できそう。

他のサイトでは劇場版2部は40点とか酷い点数とかあったりと、内容もかなりのダイジェストとしか言いようが無いのですが、脳内補完しながら観るとけっこう楽しめましたw

Amazon:【DVD】機動戦士Zガンダム
アニメ > ガンダム : comments (2) : trackbacks (0)

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者/劇場版 かなりオススメ

Z※モロバレじゃないとは思いますが一応ご注意ください。なるべくネタバレにならないようなつもりだけど、どんな雰囲気か伝わるように書いているため。 新鮮な気持ちで劇場へダッシュするも良し。
( ^ω^)ブーン

画像左…劇場で購買した600円パンフレット…ページ数もないしデータもそんなにないけど、初心者が把握するには短くまとまっていると思う。
第1部のパンフレット詳細(旧シャア板 劇場版Ζスレ過去ログ倉庫

画像右…復習するため書店で購入した「別冊宝島 僕たちの好きなガンダム 機動戦士Zガンダム全エピソード徹底解析編」 TV版のエピソードのみ。こちらはマニアックな分析やデータは少なめだが、面白おかしく軽めに読みやすい作り。

原作・脚本・絵コンテ・総監督/富野由悠季。
TVシリーズを総編集し、トミノ御大の修正。よりエンターテイメント性を加えた劇場版 全三部作の第一部公開。

テレビ版もかつて観たけど、大人になる前だったのであまりにも暗すぎてイマイチだった。シャアはハッキリせずにうじうじしてるし、キレてばかりで鬱な主人公カミーユにも感情移入できなかった。ストーリーもなんかダラダラしていたし。初代ガンダムでハマって盛りあがり、Zでアニメから離れるきっかけにもなったw

なのに劇場版はこんなに面白い話だとは驚きの出来映えでした。

情報をほとんど持たない一般客でも、話わけわからんけどすげー!と楽しめると思う。スターウォーズ3部作が好きならかなり楽しめる予感(適当)。集中してしっかり観れば状況が何となく把握できるんじゃないかなぁ。けっこう複雑な話のように見えるけど単純な話、地球連邦軍で2つのグループが内部抗争している話ですからねー

カミーユという少年が主人公で、シャアがほとんどメイン、アムロは脇役ながら美味しいところ持っていく感じ。原作だと嫌なDQNな鬱少年カミーユの性格が、けっこう普通の悩みを持った少年になっているので感情移入しやすいのに驚いた。ほとんど展開が変わらないのに…  シャアもテレビ版は煮え切らない性格だったが、劇場版は大人でしっかりしていたのも良かった。 女性キャラも見た目、性格ともどもマトモ…いや可愛くなっている。

後半の新作カットによる戦闘シーンがこれまた動きまくり、演出さえまくりのスゴイ盛り上がりで、味方敵方問わずモビルスーツ&モビルアーマーとも良すぎ!しびれる程にカッコイイ 迫力感あるバトル。PS2のZガンダム格闘ゲーがやりたくなってくるぐらいw

テレビ放送で1話〜14話までを90分弱の総集編として、お世辞にも綺麗といえない旧作カットを中心に、新作カットもいれて(後半ほとんど新作)編集されている。でも途中から慣れちゃいますけど。 
一般人や、ぼんやりテレビ版を観ていた視聴者には、めちゃめちゃ濃いカルピスの原液のような詰め込み方なので、1回で把握するのは難しく感じるかもしれない。

実際、自分の場合ペンティアムIIぐらいしか脳の処理能力がないのに一回で理解しようとした為、ペンティアムIV 3G並の無理ある動作をしていた。終わったら頭痛っぽいことにもw また途中で処理落ちして、作画が悪く見えちゃう場面もあったし(ってそれはTV旧作のカット)

とはいえ2回目観ると意外とスーッと頭に入ってくるというか、すっきりとまとめて、わかりやすく作っている事がわかる。大胆にカットして、トミノ総監督が伝えたい重要なエピソードはキチンといれている。

一方でテレビ版がもの凄く好きな人は多少不満かもしれない。変にTV版を詳しく知っていると、この部分が違う…とか、このエピソードが足りない!全体的に観るとほとんど同じじゃん。声優さんが一部変更してる。森口博子の歌は?とツッコンで書いているサイトがけっこうあった気がする。とはいえ、おおむね文句をタラタラ言いながらも好評だったと思う(複雑な心理や…)

・あと覚え書き

☆劇場でわからなくてもパンフレットやネット、書店でZガンダム本がいろいろあるので、あとから読んで見ると納得できると思う。

☆女性客が意外なことに多かったので驚いた。2〜3割ぐらい?ガンダム種のファン?声優ファン? カップルで来てたりするし。

☆第3部作の1作なのでまだホントの序盤というか、まだ始まったばかりなので、映画評論サイトの点数は低い。50点とあったところもあったけどレビュー自体は全然悪くなかったので納得。また作画がテレビ版の古いのと、新作カットが混じっていたのでギャップは確かにあった。個人的には途中から話も面白くて引きこまれていたので、違和感を持ちながらも苦痛ではなかった。

☆ガクト氏のテーマ曲は劇場で見るとめちゃ合っているのに驚く。OPで映像ともども盛りあがってくる。EDで感慨深げに。ええ曲だ。

☆書店にあったトミノ御大インタビューより(概要…うろおぼえ)
・90分にしたのは、それ以上やるとお客の集中力が切れるので限界。長ければいいってものじゃない。世間でDVDとして売られているディレクターズカットって元のより面白くなった試しはない。一応30分ほど増やしますか?と話があったけれど断った。

・テレビ版のフィルムを使った理由…まったくの新作カットだけにすると、まったく自分がオリジナルの展開にしてしまうための制約。

後者はなるほど納得ですw まぁ制作費やスケジュールのことは多少あったのだろうけど…。トミノ御大なら全然違うものを作っちゃいそう。結果的に成功してたのかも。(これは初代ガンダム映画でも同じ作り) 
テレビ版にちょっと主人公の立ち位置を変えたバージョンでした。これは個人的にかなり評価できる点です。主人公のカミーユが鬱々してない。テレビはバッドエンド直行便でしたからねぇ('A`) けっこうカラッとしていて観やすい。エンターテイメントしておりまして満足。

☆エンディングスクロールが終わるまで帰ってはいけない<予告編があるため。

ああ今から10月の第2部が気になりますよ。

関連)劇場版機動戦士Zガンダム‐星を継ぐ者‐に関する情報と噂II:シャア専用ブログ

過去記事)
Gackt『パイロットスーツを着込みコクピットで熱唱』Zガンダム劇場版テーマ曲の特典DVD

Amazon:
【CD】Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤) [LIMITED EDITION] [MAXI]
【CD】Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤) [LIMITED EDITION] [MAXI]
特典:プロモーションビデオ、「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」劇場特報etc.収録したDVD

通常版:Metamorphoze~メタモルフォーゼ~ [MAXI]

僕たちの好きなガンダム「機動戦士Zガンダム」 全エピソード徹底解析編
僕たちの好きなガンダム「機動戦士Zガンダム」 全エピソード徹底解析編
初心者向け?マニアには受けないかも。細かいデータや詳しい分析(マニアにとっては)はほとんどないですからねぇ。その代わりライターさんの思いこみ語りがあったりと読みやすい。自分にはそれぞれの話のあらすじや見所があって、非常に流れが把握しやすかった。

【本】Zガンダム 関連商品
【ミュージック】Zガンダム 関連商品
【プラモ】Zガンダム 関連商品
【アニメ】Zガンダム 関連商品
【ゲーム】Zガンダム 関連商品
アニメ > ガンダム : comments (0) : trackbacks (0)

Gackt『パイロットスーツを着込みコクピットで熱唱』Zガンダム劇場版テーマ曲の特典DVD

劇場版「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」Maxi Singleの特典:プロモーション映像 視聴ページ(ORICON STYLE)
Zガンダム劇場版テーマ曲のマキシシングル限定版。その特典DVDの映像を視聴することが出来ます。
ガンダムには思い入れが人一倍強いガンオタGackt氏が歌う。パイロットスーツ着込んで、コクピットの中でノリノリの熱唱&演技をしています。すごいぞGacktさん! だいぶ前にもラジオでゲルググの事を熱く語っていたのを思い出しました。実写版ガンダムをやるなら俳優の第一候補だ。

Gackt『劇場版Zガンダム』に対する情熱インタビュー映像(5分40秒)(バンダイチャンネル)
こちらも動画で観ることができます。ガンダム、監督、テーマ曲について熱く語る。 「もし作った曲が気に入らなかったら使ってくれるな」カッコイイ! Gackt兄貴と呼びたい。

☆マキシシングル特典DVD/感想リンク集
モビルスーツの破片が飛び散るところでは、1つ1つを「これは、○○の場所のパーツ! こっちは、○○の!!」と全てを解説(Manaさまと ジャニ)

作中の映像とシンクロしてるのが更に凄い。カタギのファンj置いてけぼりのガッくんは真性ガノタ(BOGARD La+)

DVD収録の30分にも及ぶ富野由悠季監督との対談。かなりのぶっちゃけトークで、予想を遥かに超えるGacktと富野監督の信頼関係を知る事が出来る。(SYNSEZ〓MMHWOHP)

Gacktが着用してるスーツは「逆襲のシャア」に出てくるシャアのスーツの色違いだそうです(熱シヤスク冷メヤスク)

Gackt氏がMk-IIに乗って、戦いながら歌っております。これは必見です!(The Lump of Curiosity)

通常版のジャケが、ジオンの制服を着たGacktで笑える。(My Spirit Never Die !)

関連
・Gackt 公開ラジオにて「シャアとアムロの声優さんと飲んだけど、こんなに幸せなことはない」(nikkansports.com)

・Gackt 「アニメの説明的な曲を作るのは嫌だった。自分の世界観で表現できたと思う」と熱く語る(スポニチ)

「劇場版Zガンダム 星を継ぐ者」舞台挨拶レポート

・声優の田村ゆかり、ライブ発言
(情報元:さらしる)
>マキシにDVDをつけるのはお金持ちな証拠
Zガンダムやガクト氏の話とまったく関係ないけどw
たしかにマキシシングルにDVDの特典がつくのはふつう逆のような気がする自分がいた

Amazon:
【CD】Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤) [LIMITED EDITION] [MAXI]
【CD】Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤) [LIMITED EDITION] [MAXI]
特典:プロモーションビデオ、「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」劇場特報etc.収録したDVD

通常版:Metamorphoze~メタモルフォーゼ~ [MAXI]
アニメ > ガンダム : comments (1) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other