<< 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マリア様がみてる 新刊 リトルホラーズ

マリア様がみてるリトルホラーズ (コバルト文庫 こ 7-62) (文庫)
4086013053

雑誌に書いた短編衆を読まずに合間合間に描き下ろしの、新入生黄薔薇の菜々が由乃にふりまわされる回。菜々が振り回すかと思ったら、由乃のはっちゃけているというか、このキャラのままでいくのかー 後半から壊れていたというか我が儘というかイノシシのように直行というか。由乃ファンの意見が聞きたい 

なんかミステリーテイスト、ホラー成分はなかったな(まだ雑誌掲載分の短編読んでいないから、ピンとあっていない感想かも) 祐巳と瞳子のいちゃいちゃがない。自然体というかこのままいってしまうのだろうか。話の転がしようがないのか。由乃絡みが多くなるのは仕方がないのか。しょぼんぬ。 なんか著作者は推理ものというかちょっとした謎でひっぱるのが好きねぇ。求めているのと何か違うんだけど、ちょいとしたミステリー風味の仕上げにしてしまう。まぁ新刊でたからいいのか。 祐巳たちが立派になったのは、あとがきでも書いてあるように下級生の視点だったせいもあるでしょうね。裏舞台ではアタフタしてましたしw
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (1)

マリア様がみてる 新刊「マーガレットにリボン」

うむ微妙。短編集。最後の方の「青い傘」はリリアン女学園とも全然関係ない傘の人から人への渡る話だったので途中で読むのを挫折してしまった。他の話は普通なので読んでいるけど。今回はコバルトで既出のまとめ+αじゃなくて、全部書き下ろしなのです。

全体的に、先代薔薇様の聖さまのイタリア旅行、江利子様の付き合っている人の娘との初対面。現薔薇様の「さん」付け問題、志摩子の兄の話と、祐巳と瞳子のデート(?)今まで短編にあったリリアン関係者でも山百合会とは無関係の話ではなくて、主役らの密接な話で良いネタなはずなんだけど、短いのでうまくまとまっていないというか……なんか物足りない。次々とマリみての新刊だしているで忙しすぎて、書いたのがうまく練られていない感じ。

マリア様がみてるマーガレットにリボン (コバルト文庫 こ 7-57)
マリア様がみてるマーガレットにリボン (コバルト文庫 こ 7-57)

祐巳と祥子編のクライマックスがもうじきということで、次巻以降は卒業式がきて、マリみては終了じゃなくて続くことになりそうですね。祐巳と瞳子のいちゃいちゃ&ツンツンがはやく見たいぞなー
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

【ライトノベル】マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

いやー表紙とサブタイトルで期待しすぎた。
もっといちゃいちゃ。いちゃいちゃしているのを見たかったけど。これはちゃうねん。今野先生はじらしているのか、スール問題ひっぱり過ぎて、3年生卒業のイベントに近づいてしまったので今回の展開になってしまったのか。
とはいえイベントをひかえ、みんないろいろ活動している姿は面白かった。

Amazon:
マリア様がみてる 薔薇の花かんむり (コバルト文庫 こ 7-55)
マリア様がみてる 薔薇の花かんむり (コバルト文庫 こ 7-55)

ここからもっとネタバレ
小説 > マリみて : comments (2) : -

【ライトノベル】マリア様がみてる クリスクロス/ネタバレ全開の巻

ライトノベル「マリア様がみてる クリスクロス」が前回は軽くネタバレで全体な雰囲気からでしたので、今回の記事はネタバレしまくり読んでいる人用です。

マリア様がみてる (クリスクロス)
Amazon:【ライトノベル】マリア様がみてる (クリスクロス)

Amazon:マリア様がみてる関連商品

過去ログ:【ライトノベル】マリア様がみてる「大きな扉 小さな鍵」 ネタバレあり/祐巳視点

この巻はいろいろなキャラクターが動いていて面白かったですね。どうしても山百合会だけのメンバーだとマンネリというか小さく収まっちゃう感じで。
冒頭から!!!!!
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

【ライトノベル】マリア様がみてる クリスクロス/ネタバレおさえめ

ライトノベル「マリア様がみてる クリスクロス」が発売されてました。いつも近くの書店では少女向け小説棚の奥の方に平積みでおいてあって見つけにくいぜぇ。

軽くネタバレにはちょっとだけふれた内容というか全体的な雰囲気から。次回の記事はネタバレしまくり読んでいる人ようにしたいかと。
マリア様がみてる (クリスクロス)
Amazon:【ライトノベル】マリア様がみてる (クリスクロス)

Amazon:マリア様がみてる関連商品

過去ログ:【ライトノベル】マリア様がみてる「大きな扉 小さな鍵」 ネタバレあり/祐巳視点

前巻「大きな扉 小さな鍵」の終わり方で、どうなっちゃうの〜と思ったら………。 今回のメインは『次期薔薇さまのお宝探し大会』バレンタイン企画カードを探せ!になっております。去年やったカード探しの踏襲というか。
そのためかいろいろなキャラクターが登場して楽しかったですね。瞳子と祐巳のスール問題は多少は進んだような、進んでいないような。まぁ想像していた通りのいつもの感じ。

とにかく冒頭からの意外な人物の登場と会話に涙(笑)
女子校でもバレンタインのチョコの受け渡しは大々的に頻繁に行われているようです。とくにこの私立リリアン学園では。あまり登場しない先生もめずらしくエピソードがあったりして。

バレンタインのカードの隠し場所はそれぞれが知恵をしぼったわりに何だかなぁという気もしますが(笑) このカード探しゲームに参加していない山百合会メンバーもけっこういて残念無念。

これが前半というかほとんど占めていて、残りはおまけエピソードみたいな。つまらなくはないというよりは前半の探しが面白かったかな。しかし次の巻こそは短編じゃなければ祐巳と瞳子のスール問題が解決するんじゃないかと期待。
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

【ライトノベル】マリア様がみてる「大きな扉 小さな鍵」 ネタバレあり/祐巳視点

最近の作品のなかでは、なかなか良かったと思う。今回の新刊を読むと、次巻が気になりますなー(レイニー止めとまではいかないけど)

ここからネタバレに入ります。
小説 > マリみて : comments (4) : trackbacks (0)

マリア様がみてる 仮面のアクトレス/瞳子のスールを拒絶するのが物語の動力源になっている

新刊ライトノベル「マリア様がみてる」仮面のアクトレスが発売されました。ヒロインの祐巳と誰かがスール関係を結ぶのを引き伸ばし大作戦もすでに数巻以上が続いて、驚きというか諦めの境地もすでに通りすぎた。きっと数巻前から集英社に「センセーあと10巻以上は引き伸ばしてください」と以前から使命が下っているのかもしれません。それともスール問題が無いと物語が盛り上げられなくなっているのかもしれません。

【ライトノベル】マリア様がみてる (仮面のアクトレス)
Amazon:【ライトノベル】マリア様がみてる (仮面のアクトレス)

けれど季節は流れるこの物語、一応メインの祥子と祐巳のリリアン学園での関係が卒業で終わってしまうのも数ヶ月。どうするんでしょ。しかも最初はなんで祐巳がスールに瞳子を選んだのか謎というか唐突すぎたのも事実上「そういうものなんだ」に変わってしまい、今度はなぜ瞳子がスールになるのを拒むのかが謎となり引き伸ばされています。うやむやヘブン!きっちりしていないと気持ちがモヤモヤするのよ!(by 木津千里=きつちりさん)

この巻でも瞳子の自虐的行動、もしくは自爆テロみたいな事になっています。彼女の行動はなんなのだ!今野センセーはちゃんと先を考えているのか不安です。起承転結の結が無い話が毎回の小説の終わりに来て、まさに不安的社会。

つまり松平瞳子の問題は外せない。これを不確定要素にすることによって、今のマリみてが動いているのは自明のことでしょうか。性格おもいっきり変わってるし。そこで彼女が祐巳の妹(スール)になるのを拒む理由を考えてみた。

1.女優のために他の学校へ留学するのでリリアン女学園にもういられない。
2.家庭の事情により、リリアン女学園を転校。自分ちの跡継ぎ問題か、許嫁によるもの。
3.家庭の事情により、目指していた目標(女優になる)が断念。自暴自棄になってる。同情されるのはイヤー
4.自分の過去の行動(他人の鞄あさり)が山百合会に入るにはふさわしくないと自己を省みて拒絶している。

瞳子の行動原理は過去の巻でヒントらしきものはチラホラあるけど謎のまま。ホント今後はっきりと示されなかったら泣けますよ(苦笑) ある程度の解は文章として表現されても、納得できる理由が提示されるかどうか。「なんでそんなことで〜」って拍子抜けしそうな予感も。

次の巻でも2月のバレンタインデーイベントでも引きずりそうだし、当分この瞳子の謎の行動でふりまわされそうです。新聞部は何やってんの。空気状態です。むかしはアクティブだった。スクープ記事とか載せていたのに。CLAMPなら山百合会の世襲制、そしてスール制度がすべての元凶で悪いのよ!とぶち壊してしまうでしょう(マジックナイトレイアースか)

この巻の小説は黄薔薇関係のお話もあって、普段のヘタレ令こと令ちゃんが久しぶりに凛々しい言動をしていたところが見所でした。たった1日で自転車をデストロイする由乃はオソロシス
小説 > マリみて : comments (7) : trackbacks (1)

小説:マリア様がみてる 妹オーディション

マリみて 妹オーディションAmazon:マリア様がみてる 妹(スール)オーディション コバルト文庫/今野 緒雪 (著), ひびき 玲音 (イラスト)

具体的なネタバレは無いつもりなんですが…

最近のマリみて小説の中では一番面白かったのではなかろうか。学園バラエティーマリみて。スールもいいけど、心温まる友情もイイ これを読むのはバラエティギフトを読み直していてからの方がさらに楽しめる。外伝かぁと思ったら、こうきますかと。

引っ張り続けた妹(スール)展開もやっと大きく動きだした。あらすじの話からの印象からちょいと捻っていてのも、そうなるかぁーと。いろいろなキャラも登場しますし。特に由乃の行動や言動がオモロイ。

でも良いシーンでも二人ってこんな関係だっけ?と唐突感も。次巻の伏線というか回想シーンでふりかえりそうなのもありますが…。更にいままで何だったんだというのもありましたし(´・ω・`) ネット上の評判のメタ的状況になっていたのは面白かったけど。

だいぶ前に書いた涼風さつさつQ&Aコーナーでも見ながら、ここまで長かったなぁと。予想通りの祐巳の超人ぶりな成長w 気配りの達人ですな(・∀・) 
でも今後の展開、まだまだ引っ張りそうですが…

関連)
『リリアン女学園かわら版 外伝』公開
コバルトWebラジオ 著者さんと由乃のトークが!
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

マリみて黒歴史 〜桂さんの輝かしい学園生活〜

新刊『マリア様がみてる 特別でないただの一日』出ましたねぇ。
多少動きがあったけど、またしても次回への繋ぎ。ドリル大活躍ですよ。ああ、可南子フラグは立ち消えとなったのか。およよ。
それは置いといて

2chスレ〜今野緒雪 148〜より
桂さんの輝かしい学園生活

・無印で主人公の友達として華々しくデビュー〜速攻で切り捨てられ背景に・・

・黄薔薇革命で流行りに乗ってお姉さまにロザリオを突っ返す!
しかし美雪さんよりも後に返したため辛うじて祐巳に反応してもらえる程度の事件に(アニメではカット、CDドラマでは補完)

・同じく黄薔薇革命で、祐巳に雑巾を押し付けられる

・久々に祐巳と弁当食べ? その後蔦子さんに席を譲り図書室へ(アニメにも登場)
バレンタインに朝速攻で復縁したお姉さまにチョコ渡す(アニメではもちろんカット)

・バレンタインイベントゲーム中追っ手を撒くためにトイレに飛び込んできた祐巳と遭遇
トイレの鍵を閉めろと言われたり追っ手が来たら自分に会った事は内緒にしろと嘘を強要される(その時個室には蓉子様が・・)(でもアニメではバッサリカット)
 
・いとしきでお姉さまとは別の尊敬する副部長にラケットもらい号泣
その後カメラちゃんに写真を撮って貰う(アニメではカット)

・チェリブロのBGNでマリア祭で志摩子さんのお手伝いとして名前があがるが真美の立候補により速攻で却下(アニメではいつものカット)

・パラソルで柏木を見つけその後祐巳にそれを伝える(アニメでは豪快にカット)

・同じくパラソルをさしての、銀杏王子発見を伝えに来たときが最後の台詞。

「で、祐巳さんの言っていた『呼び出し』って何のことだったの?」

・2年になり真美に蹴落とされる形で藤組みに左遷

・レディGOでお姉さまと袴リレーに出る。”いたし”程度の扱いで1度出たきり。

・特別でないただの一日で藤組みとの合同出展にも関わらず気配すら消える
その後祐巳の回りたい所にテニス部も無い始末・・

・漫画版では存在もカット

山百合会デビュー前は祐巳の親友だった桂さん。苗字もつけてもらえない存在なわけなんですが。
やはり全て黒祐巳のせいなのか。。。
その、その (有機化合物

関連)
GBA版マリみて 〜 ここでも桂さんが!!
祐巳すけの容赦ないロザリオ攻撃。ゲームセンターあらしでも掲載されたアーケード版ドラキュラゲームを思い出した(タイトル忘れ)
小説 > マリみて : comments (4) : trackbacks (0)

マリみて/祐巳の家がロボットのパーツみたいなのには理由がある

マリみて ゆみすけのお家
アニメ版「マリみて」では主人公(?)の祐巳の家が登場したわけですが、なかなか立派というか個性的な家。「金持ち〜」「庶民っぽく見えてもお嬢様だな」「奇抜だ」「ロボットのパーツみたい」 いろいろ感想があったのですが、原作ではそこら辺はちゃんと表現しております。P.31
お嬢様学校と呼ばれるリリアンの生徒は、比較的裕福な家庭の娘が多い。幼稚舎からこの学校に通っている祐巳も、父親が設計事務所を開いているから一応は社長令嬢ともいえなくもない。

父親の仕事柄、やはり世間に事務所としてのアピールするためか、デザイナー心でこうなってしまったのか…

Amazon:
マリア様がみてる (コバルト文庫) [文庫]
408614459X
小説 > マリみて : comments (4) : trackbacks (0)

マリア様がみてるアニメのカタカナ特殊用語とお祈りの仕方の謎

マリみてで登場する特殊用語「ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン プティ・スール」等のカタカナ連発で、アニメ「銀河英雄伝説」「星界の紋章」っぽいw 高貴というか厳かな雰囲気だし。文字読むのと音声で聞くのとではイメージ違いますな。2chスレとか覗いてみたら、特殊用語のまとめが早速できていたのでメモ。
小説 > マリみて : comments (2) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other