<< 2017/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今週のジャンプ「めだかボックス」 2009Vol.36 

めだかボックス 原作:西尾維新&作画:暁月あきら
今週の回は面白かったぞ。一応、読んでいるけど何か微妙な感じだったので。掲載順もどんどん落ちてきてるし。10週打ち切りは回避だっけな。原作の西尾は化物語らしくはっちゃけて欲しいがなかなか、少年誌なのかセーブされているというか。メインヒロインめだかちゃんはいつも空気にするか、最後の最後に出てくるぐらいが勝利のパターンとみた。

今回は会話中心だから良かったのかな。
生徒会の会計係になった喜界島もがな の魅力が大きいな。完璧超人めだかよりもそっちをプッシュするべきw もう一人の主人公である人吉善吉と”もがな”のやり取りが良いテンポでした。うまく会話が出来ないぎこちない雰囲気が良かった。妙におしとやか風になったかと思ったらテンパッてわけわからない行動を取るところがいいわ。押し倒すとかな。もがな可愛いよもがな。あとは腹黒そうなロリの半袖をうまく使っていた。

めだかと阿久根高貴の目安箱の相談は大変だったね〜と省略していたのが、西尾作品の刀語の日本最強の剣士との戦いを彷彿とさせてツボだったんですけどw めだかの完璧さはあれくらいの目立たなさで良い。善吉がめだかを肯定するもんでツッコミになっていない。だから絡ませしてイマイチ面白みが出てこないというか。難しいですな。もうちょっと過去に出てきた女性キャラ出してくるか、もっと滅茶苦茶なキャラ出してくると西尾風で良いんだけど。萌えキャラがいきなり死んでるとかな。打ち切りが決まったなら、めだか殺人事件で他のキャラ達が推理したり超能力バトルしはじめる展開を希望(ぉぃ

関連:
大炎上 | めだかボックス 喜界島の意外な一面に魅力を感じざるを得ない!
今週のお話。もがなの魅力を書かれております。画像もあり。

連載開始の過去の記事。
【2ch】ニュー速クオリティ:西尾維新原作、元同人漫画家作画の「めだかボックス」がジャンプで連載
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

今週のジャンプ バクマン。&【西尾維新】めだかボックス【暁月あきら】&スケットダンス

☆バクマン。
超有名になりアニメ化までも狙ってジャンプでヒットを飛ばすべく漫画家をめざす少年達の漫画。作画と原作に分かれたふたりは小畑と大場を見ているようだ。最近とくに面白くなってきましたわ。

エイジが奇妙奇天烈な言動なわりに素直なところがいい。こいつはデスノのLっぽくて憎めなくて良い味だしてる。
サイコーは主に作画で何かを盗むことができるのだろうか。
アシスタント達の描写も何かリアルですよ。若い夢を追いかけているやつと先が厳しいひと。歳の取った後者は何とか頑張って欲しいなぁ(´・ω・`)

Amazon:バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
バクマン。 1(1) (ジャンプコミックス)

☆めだかボックス
西尾維新の原作とは最初気がつかずに読む。お嬢様でつえーヒロインが目安箱をおいて生徒達の相談を聞こうとしたら、柔道部の部員が足りないので試合ができないという。下僕を放り込んで特訓したら……。 

絵はエム×ゼロっぽかった気がします。作画は暁月あきら。あと何となくキャラがハルヒとキョンみたいだなぁと思いましたw なかなか面白かったですね。ジャンプ好きな西尾らしく作品をあわせてきたというか。セカイ系とか叙述トリックとかないので新鮮というかw ベタなコメディ。友情&勝利!

詳しい感想はヤマカムさんの方でみてください(手抜き)

☆スケットダンス
大盛りラーメン食い。女生徒がチャレンジ。めちゃめちゃええ食いっぷりに惚れる。最後のオチのひどさにワラタ。絵にされずによかったw なんでこんなに笑えるギャグと、せつないええ話とがあるのに低位置に配置されているんだろ?

Amazon:SKET DANCE 6 (6) (ジャンプコミックス)
SKET DANCE 6 (6) (ジャンプコミックス)

今日みたニュース。
ゲハKnow 赤字に苦しむ海外サードがこの先生きのこるには

海外メーカーも赤字の波が。HDのソフト開発は大変なのかな。あと消費者もまだついていっていないというか。いろいろ考えさせられるスレでした。
将来的にはゲーム業界ってどうなるのですかねぇ。面白いゲームが出ればそれでいいのだけど。

「もうウチも駄目だべ・・・こうなったら、今はやりの萌えとかいうのに頼るしがねぇ」うわー ぜんぜん話題も売り上げもなさげな萌え萌え大戦略の絵で、町興しのための酒造とは!
原画家も以前話題になったお米やお酒ほどのネームバリューないし、微妙なチョイスな気がしますぞ。
これで売れたら生産者はウハウハだけど、現実は非情なり〜とかなりそう。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

映画 デトロイト・メタル・シティ/マイルドに根岸成長物語しつつ過激なクラウザーさん

田舎から東京に出てくる青年がオシャレな渋谷系音楽をめざし大学生活も蔓延しいざ社会にでてみたら、なんとデスメタル界のカリスマになっていた!という落差のあるギャップ感がいい、コメディーだけでなく主人公の成長物語にもなっている(原作は主人公の本当のやりたい音楽とDMCバンドでの過激な言動のギャップからでるお笑い中心。)まぁほぼ原作に沿っているんですが微妙に変更されていて映画ならではの描写になっていた。彼女やおかあさんにバレそうになっている点など

デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一
デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一

ポリ殺しがなかったことや(警官にギターをたたき上げる技)、資本主義の犬がいない、ぐりとぐらがあんな姿に……、ラップバトルは単なる駄洒落とか原作イベントをこまめに使いつつも、省略化や過激さをマイルドにしていたのは若干不満だったが、根岸の音楽とはなにかというテーマを元に成長物語としてよかったんじゃないか。母親の許容度の高さや、クラウザーさん爆走シーン姿に感動。これだけは言っておかないと、根岸のあるキモさとクラウザーさんのふてぶてしさの雰囲気を両者とも再現するとはキャスティングの妙ですね。見事に演じきっていた。

社長のはまり具合は異常w 資本主義の豚がでなかったのもつくづく不満だが、他のメンバーもはまっている。 音楽はいいイメージ通り。歌詞が聞こえにくいのはちょい不満。「SATUGAI」とか「FUCK」しか聞き取れなかったw まぁ演奏が大きいバンドってあんなものか。そのままの歌詞でやっているけど音が大きいと映倫通らなくなちゃうからかw

観客もノリがいいところがいい。戦隊ショーにバイトしている青年とかのエピソードがはいるとは思わなかったのでよかったし、クレイジーなハイテンションな言動や最後のクラウザーさんをプッシュする姿は盛り上げ役にひと味かっていた。クラウザー信者のノリのよさも、この物語を面白くするための重要なスパイスですからね。キャスティングもよし!

田舎からでてきて、トップカリスマに、そして挫折、復活、ライブ成功と物語の構成もテンプレ通りで安心してみれる。

原作ファンにも観ていないひとにもお勧めではないのでしょうか?
こんなのデスメタルじゃないという細かい人には微妙かもしれないがw
クラウザーさんの音楽教室でのひとこまや、根岸弟のクラウザーさんに諭される一連のシーンは観客席からも笑いがでていました。レコード発売イベントと根岸デートのダブルブッキングシーンも吹いていましたわ。

根岸はあんなに良いやつじゃない、暗くて嫉妬や世間にたいする受け入れられないネガティブな反動が動力源なのが根岸だと思うという意見もあったけど、多少ははいっていたけど、原作ほど強調されていなかったのは、まぁ一般客向けに明るく作っていたからかなー

それから渋谷系オサレミュージックからデスメタルの曲まで、うまく出来ているもんだなぁと聞き惚れる。あの曲をからだで受け止めるにはやはり劇場の大音響で聞きたいものです。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】日常 3巻 あらゐけいいち

日常の風景であったり、非日常の描写があったりと混沌と交わっているギャグマンガ。お笑い番組をみているような展開もあり。どつき漫才風もあればただ暴風雨の家の様子を描いたり、校長の話で熱中症や日射病になる話もある。
ロボットを作る子供博士はいるわ、そのロボットは女子高生(中学生?)でネジを背中にさして登校しているし不思議ワールド。

今回面白かった話は、ボーイズラブの原稿を警察官による所持品検査でみられそうになり、のど元に空手チョップは繰り出すわ、通行人、友達にローリングソバット、ドラゴンスクリューを披露する姿はまさにバイオレンス。残像する彼女の姿には笑った。 あとは印象がそれに偏って残っていない。最後の方のキャンプに行って、食料を地面にぶちまける悲惨な話なのに、ひとりハンバーガーを食っているシュールな話もあったな。
これは感覚で読むものであり、面白いと思えるひとと合わないひとに分かれるかもしれない。また作品ごとにもパターンがいろいろあり(差が激しいともいえる)ツボにはまるとクスリとくるものがある。2巻の方が全体的には好きだったが、このままゆるりと暴走していくのだろうか。いや日常の光景がメインなので、ロケットパンチぐらいで済むのか…

Amazon:日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】ロリコンフェニックス 3巻/児童なんちゃら法で打ち切り最終回!?いえ違います!

極楽鳥の仮面をかぶった無職の青年が主人公。それは少女たちを愛するフェニックスだ! もちろん悪いことはしない愛でるためと危険な街から彼女たちを守るために自宅周辺の公園を自主的に警備したりする…
その本もこれで最終巻! な、なんだって−!短すぎる あまりにもあれなので児童なんとか法にひっかかってしまったのか。そんなはずかしい描写はありません。精神的に問題のある内容ではありますけどもw しかし安心!ロリコンフェニックスBLとして続きがでるそうなのだ。ひとまずほっとするのである。

そのBL団はこの巻でも悪巧みをしかけ、少女たちを餌食にしようと借り物競走にまぎれたり、タマ転がしに潜んだり、せせこましい努力を続ける。それを察知したフェニックスは油然と立ち向かう。なぜか敵の組織にいるアオイ君は女装した男の子だというけど、女の子疑惑が。これも目が離せない。
ニニンが忍ぶ伝の古賀先生に影響されていると思うテンポのよい台詞回しが心地よいぜ。 少女たちのロリ分を補給するよりは、おっさんたちの頭の悪いドタバタぶりを楽しんでいる割合が高いこの作品w

Amazon:
ロリコンフェニックス3 (角川コミックス ドラゴンJr. 103-3)
ロリコンフェニックス3 (角川コミックス ドラゴンJr. 103-3)
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

電撃大王で良いニュースと悪いニュース

Moon Phase雑記
EARL.BOX<写真付き
●原作:アクアプラス、作画:阿倍野ちゃこ「WHITE ALBUM」コミカライズ決定!
あの伝説のタイトルをコミカライズ。8月号よりプレ連載開始。

WHITE ALBUMコミカライズ化…なんで今頃感があるけどうれしい。今年で10周年となにか動きがある前触れのでしょうか。
PCでリメイクとかPS3に移植とかあるのだろうか。ついでにアニメ化もあったりして。おまけは「ここが、あのおんなの、ハウスね」劇場をつけてくれー
ヒロインはユキルートなんだろうか。全員フラグたてて、最後はヒロイン全員でビンタ合戦だな。弥生さんマネージャールートもせつなくて好きだけどお邪魔キャラになりそう。うだるちんリメイクするならカムバック。ガガガ文庫で書いてばかりいないで参加。しかし離脱の理由が理由だけに難しそう。

☆はやて×ブレード 電撃からウルジャンに移籍。
林家志弦「はやて×ブレード」電撃大王での連載休止&ウルトラジャンプに掲載誌移籍決定!
「はやて×ブレード」の連載が、電撃大王2008年7月号で急遽休止。続きは、ウルトラジャンプ2008年9月号(8月19日発売)より再開予定。

オリジナルで面白い作品が流出。なんてこった。編集からのトラブル?
たくさん電撃大王にはいってきて切られてしまったのか、事情が知りたい。
しかし女子中学生だけの剣戟。なんかウルジャンにあっていないような絵柄がとくに不安。面白いんだけど何か途中からキャラ増えまくって、主役のはやてコンビがおざなりでgdgdになっているような感じが気がかかり。最近の連載分だとどうなっているのかしれないけど

電撃大王は900ページになって580円だから買う価値ありなのか。半分ぐらい読みそうもないけど。あと27日に発売日が変わるとかなんとか。いろいろ変動あるな。

あとヤングサンデーが休刊の検討しているってヤフーニュースにもなっていたし漫画雑誌はどこも厳しいんですかねぇ。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】いちご100% /16〜19(最終巻)東城か西野どっちを選んだか?

いちご100%を久しぶりに読むのもあと4巻。ここら辺でふたりのメインヒロインを中心にぐっと話が進むので読みやすい。どちらになるのか恋愛ものは盛り上がる。

しかし東城はクラスメートだし、真中だけに見せた脚本を書いたノートという重要なアイテムを持ちながら消極的。西野はパティシエの夢を持って留学を決意しているし、学校も違うのでなかなか接点がもてない。
それがこの16巻以降はお互い急接近しながらどちらを選ぶのか気になって、すぐに読めた。

Amazon:いちご100% (19) (ジャンプ・コミックス)
いちご100% (19) (ジャンプ・コミックス)

ん〜結果は主人公に先に告白した西野と、文化祭イベントでカップル参加のイベントを弟と出てしまい勘違いされた東城の失敗が運命の分かれ目… なんか個人的には納得いかない結果に(; ・ω・) 彼女を選びますか。まぁ最後の流れはそうなちゃって逆転があったら酷い主人公と呼ばれる気もしますし。むう。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】いちご100% /再読中 じれったい

いちご100%を久しぶりに読み返す。
あー なんか主人公の優柔不断さに何かイラっとくる。むかつくーw
どっちにするのか決めやーって感じだ。
どちらかに急接近(キス間際)とかしておいて、次の話になると別の方にふらふらーとデート計画って、それはないわー とはいえ周りからの女子のアプローチも積極的だったり、つかず離れずで誘惑に負けるのもわかるのではあるが…

あとハーレム状態というのですか、女性キャラが出過ぎ、西野と東城だけでよいと思いました。 お邪魔キャラが多過ぎる・・・ さつきはいいとして唯はいらない子。まぁ空気としては許容できるけど、その後に出てくる女性キャラが掲載期間をひっぱるための感じでどうもなー 話の腰を折られることが何度もある。 10巻でまとまるっしょ。19巻は長いぜー なんか西野と東城の主人公の関係がふらふらと集中して話が進まないので、読んでいてなんだかなーと

(しばらく時間が過ぎる)

あと4巻で終わり。長かった。
東城と西野は出ずっぱりってことはないんだな。意外と。ほかのキャラとかつかさ絡みが多い。どっちつかずでフラグがなかなか立たずって感じだ。じれったいw この時点では東城か西野どっちくっつくのかさっぱりわからず。さつきの強烈なプッシュだけが目につくのだった。

Amazon:いちご100% (1) (ジャンプ・コミックス)
いちご100% (1) (ジャンプ・コミックス)
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】もえたん/英単語がでてこない百合もの

コミック「ペンギン娘」を描いて高橋てつや氏の「もえたん」
【コミック】もえたん Magical Busters,please save the world!!
【コミック】もえたん Magical Busters,please save the world!!
 
ゲームラボの2007年8〜11月号付録と現代視覚研究vol.2で連載されていたものに修正、加筆した漫画の単行本なのです。原作やアニメだと、なお君を中心にいんくちゃんが魔法変身少女で英語を教えながら何かと戦ってエロだったけど、この著者ならではの、いんくちゃんとすみちゃんの百合っぷりは際だっている。体型は完全な小学生でも高校生と言い張るw すみのツンツンしながら喧嘩腰、でもいんくちゃんの天然笑顔でなんだか世界は回っている。その地球に危機が。ふたりを併せて魔法のバスター砲で巨大未確認物体をぶっとばすのだ! そのためにはふたりの仲をマックスハートまで持ってこなくてはならない。そこでふたりは同棲するのだった。しかし山あり谷ありでトラブルは絶えない。それで地球は守れるのか? マスコットのあーくんとかーくんも助けたり、エロのために活躍するのだ。

野郎のなお君の存在の薄さはすごい。まぁ彼のおかげでふたりの仲は絶望的になったりするイベントがあるわけですが。 結局はいんくとすみの百合っぽりがメインなのだー エロもいろいろ。ぱんつ、タコさんの触覚責めもありますぜ旦那。帯に「ほとんど英単語がでてこない」の文字がでかい。ほんとその通り。もえたんの意味はキャラっすか。また帯にあるように「2人の愛と友情は地球を救えるか!?」 とにかく著者の同人プリキュアの百合漫画を彷彿とさせました。それをもえたんに継承されたものじゃないかと。80%がロリと百合でできてます。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】東方儚月抄/ゆっくりしていってね!!!

東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)
東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)

東方初の本格ストーリーコミックと帯にあります。新曲3曲を収録した音楽CD付。聞きながら読んでいるわけですが、主役は誰ってわからないくらいにキャラがいろいろ出てきますね。原作のシューティングゲームとかやっていないとわからないというか。キャラの設定や性格がつかみにくい。一部のメインだけ見ていれば良い気もしますが。

ゆっくり

表紙を飾る「ゆっくりしていってね!!!」のふたりは冒頭から出てきて、ちょこちょこ登場はします。主役というわけでもなさげ。ストーリーはある妖怪がロケットをつくって、ある妖怪が色々な人や妖怪にロケット製作の依頼する。それは第二次月面戦争をしかける準備なのである。地球対月の序幕。3段ロケットの筒を探す人達や傍観者らを描いたお話なのです。 原作とは関係のないオリジナルかなぁ。自分も原作ゲームを序盤しかやっていないもので……。
コメディーでもなく、シリアスすぎるのでもなく、まったりと東方の雰囲気を味わいながら読めますよ。

関連)
東方儚月抄〜Silent sinner in blue.上巻「いくらなんでも積みすぎだろwww」(アキバBlog)

自分のところもかなり積んでありました。メロンブックスにて。そこで買ってみたらお茶がついてきたw 「霊夢之御茶」 緑茶でちょうど喉が渇いていたので良かった。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】狼と香辛料 1巻/全裸だけでなく物語もしっかりしている

ホロかわいいよホロ で終わってしまうのですが。おわるなー 前半は全裸シーンばかりですな。健康的なエロというか胸もだしまくり。雑誌には無い乳首券も発行。でも狼なので良いのだ! 全裸に無理矢理さがないw きゅうな雨、そして避難所だからしかたがない。うんうん。

Amazon:狼と香辛料 1 (1) (電撃コミックス)
狼と香辛料(1) (電撃コミックス)

物語は25歳の旅商人の青年ロレンスと狼の神に近い美少女ホロの旅である。経済のお勉強にもなるかも。街で儲け話を聞いたロレンスはさっそくのることにするが、相手が嘘をついているようにみえる。裏ではなにがあるのか。

ホロの嘘をみやぶるのや、毛皮をはったりで値をあげたりする賢狼らしさをみせるのもいい。だがやっぱりリンゴかじるところや、熱々のチーズのパン(?)みたいなのを食べるシーンとか、食事がおいしそう。ホロの仕草もかわいくて。しっぽや狼耳をさわってみたい。ホロローン。

小梅けいとさんの作画は、背景もちゃんと中世ヨーロッパ風にしていていいですな。ホロもかわいくて魅力アップ。小説より若くみえる。全裸がいい(おぃ 欲望に忠実な。) 原作に沿っていてストーリーもきちんとしていながら若干アレンジも効いている。地図や説明も図と説明文でわかりやすくしているのも○ オススメの一品です。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

HUNTER×HUNTER/ピトー「何でも言うこと聞くから!」

ピトー「なんでも言うこと聞くから」
ゴン「なら冨樫に休載させるなっ!!」

今週のジャンプのH×Hは超おもしろかった。今後どうなるんかなー 治療するまで待っていたらかなり時間かかるだろうし。患者もろともぶっとばすダーク主人公になるか、とばして王のところにいくか。それとも別の敵がやってくるか? 今回それぞれのキャラの台詞、心理描写などで魅了された。

怒り爆発のゴンをどうキルア止めるかだよなぁ。それともゴンが自分自身でおさえるか。 カイトが言ってた「もし仲間思いの敵がいたらどうするんだ?」の台詞が生きてきたね。

他にもハンタースレより
(殺し技に興味津々なゴンに対して)
ゼパイル「こいつは善悪に頓着が無い−−−−つまりこいつは・・・危ういんだ・・・言うなれば」

(第一級殺人犯に礼を言って見逃したゴンに対して)
ビスケ「あんたはフローレス ゆえに危うくもあるんだわね」

ゴンがけっこうやっかいな性格であることは前々から伏線とあるし、どう行動するのか楽しみやー

Amazon:
HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
コミック > その他 : comments (4) : trackbacks (0)

コミック「攻殻機動隊」は1.5巻で終了のようです

続編まだぁ?とか思っていたのに終わっていたんだ。作者的には……。 3巻は発売されることはないようで。

Amazon:【コミック】攻殻機動隊1.5HUMAN ERROR PROCESSER (KCデラックス)
【コミック】攻殻機動隊1.5HUMAN ERROR PROCESSER (KCデラックス)

関連記事:
攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER 「幻の禁断書が解禁!!」: せなか:オタロードBlog
あとがきには「この攻殻機動隊1.5でマンガの攻殻機動隊も終了、ご愛読ありがとうございました。」、「僕の役目はここまで。あと攻殻機動隊関連で僕の作業は画集が残っている(出版するかどうか未定)くらいか。」などが伝えられています。

ハンター×ハンターとFSSも知らないうちに終了していないことを望む。ハンターは連載しているから多少は安心できるけど、どこまでやれるのかは疑問だなぁ。いまの蟻編(?)でいきなり打ち切りじゃないだろうなー

士郎正宗さんはイラストや設定集だけで食っていけるだろうからなー 今はテカテカ油ギッシュなエロい女性イラストばっかり書いているイメージが。アメコミっぽいというか。そしてアメコミといえば洋ゲーそしてXBOX360(無理矢理) 士郎正宗さんのキャラデザインしたゲームとか出さないんだろうか<鳥山明的な XBOX360のソフトで登場してもおかしくないと個人的には思う。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック雑誌】とらドラ!:下書きが掲載されている件について

※修正前タイトル『とらドラ!マンガ版の作画がやばすぎる件』
作画がやばいって表現は誤解を生じる表現でしたね。雑誌掲載分でラフ絵だった。

とらドラ!の漫画やらかしてしまったようだ キャッシュ
とらドラ!のマンガ ラフ絵

ラフ絵? ネーム? 冨樫っ!

最後のコマは特にもうね落書きすぎる。電撃ガオやらかしてしまった。どこの同人誌というか…。むかし読んだエロ漫画でもあったなぁ。編集部が止めて代原いれるべきと思うが間に合わない事もあるのでしょうか。

Amazon:とらドラ!原作の小説。学園コメディー。安定した内容です。


コミック単行本になって、こちらはちゃんとした絵と内容でお勧めです。
コミック&ライトノベル『とらドラ!』シリーズ
コミック > その他 : comments (8) : trackbacks (0)

【コミック】ラバーズ7 7巻/(作)犬上すくね 完結

伊勢佐木真剣卓球師外伝とサブタイはついている。卓球で勝負をつけるラブコメディー<なんか違う。
まぁ帯に書いてある通りの純情中年vs意地っ張り少年vs強気少女の3角関係というか、ラブコメディーなのであります。ちょうどタイトルに7がついているように7巻で完結。なんでラバーズは卓球の用語と恋愛をかけているとしていいけど7なのかは自分では不明。何かあった気がするけど忘れてしまった。

ラバーズ7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ7 (7) (サンデーGXコミックス)

しかしここで終わりますかー!キリがいいところというか決着はついたが何かモヤモヤ感が。それぐらい良い感じの作品なのですが。打ち切りじゃないだろうし、スパッと終わりましたね。続きが気になる。ヒロインが強気というかツンしているけどデレているのも見たかったなぁ。大人しいけど頑固なところもあり。まわりのキャラもオカマや店長、卓球部の部長のまみ子など良かったなぁ。

おっさんと少年どっちが彼女と相思相愛になるか想像つかなかったよ。あの彼女の態度からはどう転ぶかわからなかった。とくに初期は。

また今度機会があれば紹介することで。
コミック > その他 : comments (0) : -
1/5 >>
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other