<< 2017/03 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「げんしけん」のその後 大野さん留年するの巻

コミック「くじびきアンバランス」の最後に、げんしけんの後日談の漫画がおまけについてきていますが、最終巻2巻に、大野さんその後が!

Amazon:くじびきアンバランス 2 (2) (アフタヌーンKC)
くじびきアンバランス 2 (2) (アフタヌーンKC)

いけさんフロムFR・NEO RE 「げんしけん」スーの新ネタは絶望先生!?

スーの持ちネタに絶望先生も加わるとはバリエーション増えましたね。笹原たちが卒業しても楽しそうな現視研で安心してたら…。

留年かよ! 咲さん達の卒業式の頃に、大野さんによる留学しているから1年遅れになるという泣ける発言の感動は…w

くじアンの1巻のおまけによると、斑目は会社を辞めたし、げんしけんメンバーの前途は多難ですな〜 げんしけん2を続けると何か現実をみせつけられるような話になるかもしれないですねぇ。面白そうだけど怖いものもみえちゃうというかw

アニメ版のげんしけん2期の終盤のストーリーもシビアだった。耽美やエロスなのもみせておいて厳しい波も見せるので楽しい反面、つらい視聴でしたよw 作画はボロボロだった1期と比べると違って良かったし、ストーリーもコミックを補完するような話で非常に面白かったです。3期ないのかなぁ

Amazon:げんしけん2 第1巻
げんしけん2 第1巻
コミック > げんしけん : comments (0) : trackbacks (0)

げんしけん 9巻/最終巻 雑誌未収録の3話掲載、あずまんが大王ネタも

ついに出ました「げんしけん」の最終巻。長かったような短かったような。この1冊の半分以上が描き下ろしの読み応え十分のアキバ系青春物語(帯より)です。
巻末の描き下ろし「恋と妄想の追い出しコンパ」8ページ。げんしけん女性陣はどの萌え属性か?を語る話も印象的でした。最後の笑顔が意味深でさわやかでしたねぇ。

こちらは通常版の表紙。
げんしけん9巻 通常版
Amazon:【コミック】げんしけん (9)通常版

 げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版

カバーはずすと脇役も含めたほぼ全員集合。初代会長も「ウォーリーをさがせ」のように隠れていますw

追加エピソードは、ネタバレスレより引用。
書き下ろしは正確には
単行本9ページから90ページまで
雑誌連載時には8ページの次のページが91ページだった

スーが百裂拳をしている次のページから書き下ろし開始
雑誌48話(コミックス50話)がスーのオギールーム滞在話
コミックス51話が成田山に初詣話
コミックス52話がオギー話
雑誌48話(コミックス53話)が斑咲話
雑誌49話(コミックス54話)がコスプレ話
雑誌50話(コミックス55話)が卒業話

おまけに追いコン話が8ページ
あとおまけ4コマが各2ページ

最初の部分から丸々とんでいるわけで。その間の話が補完されたということですね。

はじめの50話。
シャックリッツーノハ
ドコカガけいれんシテルンダッケ?
横隔膜デス 肺ノ下ノ
肺ノ下ッテート
ロリ外人のスージーは上の台詞を言ってから、笹原のミゾオチを唐突にグーで殴る(アッパー)。
しゃっくり00.jpg
なんのオチかなーと思っていたら、「あずまんが大王の大阪さんシャックリが止まらなくなる話」じゃないですか!? 笹原もあえて受けて「げ原作版だねぇ…」とネタのために身体をはった一言。なんのネタか随分と考えてしまいました。最近読んだばかりなのに忘却の彼方でした。
しゃっくり01.jpg
しゃっくり02.jpg
(by あずまんが大王2巻(著)あずまきよひこ)

そして荻上の家でスージーのふたりっきりの状況が面白いのなんの。荻上が意外と世話好きというか、丸くなったというか。スージーは日本語しゃべられるようになったのか!ほんの脇役だと思ったスージーにスポットがあびました。パンツの貸しもありましたw

51話はげんしけんメンバーでの大晦日の成田山参りです。うざい男No1.に輝いているクッチーの案内で、彼もすこしばかり活躍するのであります。コミフェスの次の日もご苦労さまという元気なメンバー。すごい行列並んでお賽銭に行く方と、裏道抜けて成田山にいって屋台で飲む班に2つに分かれて行動。そしてお賽銭も一通り終わったあと斑目は恋する春日部さんを探索するのであります。しかし迷子になった斑目どうする? そして運命なのか偶然なのか春日部さんをトイレの前で発見。酔いで倒れかかった彼女を助けるのでした。
斑目.jpg
この春日部さんを前に少し距離をおいて後ろから歩きだす斑目の大ゴマアップのシーンは、ふたりの距離感というか斑目の手の届かない思いってのが感じられてグッときました。

52話は荻上が商業誌に投稿しようとする話です。
マンガ編集者になった笹原がアドバイスして、ちょっと言い過ぎたので喧嘩になるという展開。荻上の貴重な友達、体格は肉付きの良い藪崎さんが彼女に対してのアドバイスを笹原にしてあげるやさしさ。ポイント高いっす。

53話は斑目と春日部さんのげんしけん部屋のふたりっきりの話。斑目もヘタレちゅうか、いやギリギリの選択というか押え込んだ様子が見ていてハラハラ、ワクワク。以前の巻で缶ジュースを2人分買ってきて、キモがられたエピソードの再現だぁ! ところがふたりの距離も微妙に変わっているようで、ちょっとだけしか変わっていないような。それが微妙なバランス。

54話は春日部さんが大野さんにむりやりコスプレさせられて写真とられるの巻。台詞のいっさいない、げんしけんメンバーの日常ですね。(最後に「ははっ」と台詞きますが)しかし最後に爆弾が! 大野さんが春日部コスプレ写真を斑目に渡そうとするが……。あわてっぷりに笑いました。

55話は最終回のカラー見開きページで、クッチーがセンターで見事に隠されているのに笑い。不憫な男よ。しかも初代会長が幽霊のようにイター
笹原妹が荻上に「こんにちは お姉ちゃんハート」もうアレちゅうか、笹原&荻上カップルのひやかしに来て台詞を言うところは何かヨサゲですよ。そしてふたりは部室にて… お約束のものがきて、新たなる会長就任もありの、さわやかな余韻をのこす感じの終わり方でした。

全体的に前回ほどの盛り上がりというか突出したものはなかったものの、げんしけんメンバーの日常さ、もう終わってしまうんだなぁという寂しさとともに、いろいろとキッチリまとめたという感じで非常に良い内容になっておりますよ。

冒頭に書いたように描き下ろし追い出しコンパの属性話は、斑目のエロゲー的なネタも入りーの(女性はひくわw でも受けて流すのはさすがげんしけんメンバー)面白さが濃縮されてましたね。
荻上「春日部先輩、本当に気付いていないと思います? この手の話には敏感ですよね……

最後の春日部本人は斑目が自分のことを好きなのがわかっているのか、わかっていないのか… 恋バナには強そうな春日部さん。しかし灯台元暗しというか、他人のことはわかっても自分のことにはからっきしな人もいますからねー これだけは謎だ。
コミック > げんしけん : comments (2) : trackbacks (1)

【コミック】げんしけん 8巻/ネタバレ全開のはなし

前巻で軽井沢へ2泊3日のげんしけんの合宿がはじまったところからのスタートです。温泉を入り終わって、女性陣だけの飲み会がはじまりました。

げん8巻 女性陣の飲

げんしけん 8 (8)
Amazon:【コミック】げんしけん(8)/(著)木尾 士目

この巻では荻上の中学3年生の回想からはじまります。

ここから単行本ネタバレ全開でいきやす!
コミック > げんしけん : comments (4) : trackbacks (1)

【コミック】げんしけん 8巻/アフタヌーン連載からして最終巻…… 

雑誌アフタヌーンの掲載分からして、この巻で最終巻だなぁと思いつつ購入。表紙は笹原くんと荻上さんかぁ。げんしけんメンバー全員じゃないんだ… しかも帯はなんか、二人の世界みたいになっちゃっているんだなぁw 

げんしけん 8巻表紙
Amazon:【コミック】げんしけん(8)/(著)木尾 士目

ここから先は、このコミックの構成上のネタバレ。
具体的な内容のネタバレはないけど、今後の重要なネタバレがあります。
コミック > げんしけん : comments (4) : trackbacks (1)

【コミック感想】げんしけん 5巻/オフィシャル本の中身はイマイチ

げんしけん5巻
げんしけんアニメは作画崩壊中だと情報が流れてきて「でも、げんしけんらしいや!」と思う日々。いかがお過ごしでしょうか。劇中劇くじアンに半分制作費を取られちゃたのでしょうか。Wikipedia-げんしけん

Amazon:げんしけん 5巻 アフタヌーンKC

今回も初回限定の全4種類のくじアンの栞が1冊につき1枚ついてきております。でも1冊しか買わないのがオレのジャスティス。
 
本編は6話で構成されております。
・やおい本めぐっての大野さん、荻上さんの女同士の戦い。
・斑目のおたく脱却ファッション。
・現視研のコミフェスへの準備・サークルとしての初参加。

同人誌作成で空中分解しそうだったり、はじめて笹原会長が主役っぽくふるまっているかと思えば、やっぱり咲ちんにリーダーシップを取られるなど、この巻もかなり面白い。珍しい笹原と久我山の口喧嘩も見物だ! キモいクッチーも、おまけ漫画で大活躍。

げんしけん 咲さま凛々しい咲さま。シビれる〜
もうひとつ良いシーンは、この直前の笹原から描くことを却下された時の荻上の落ち込んだ?放心したかのような姿。虚ろな瞳で可愛さUP。 
気づかなかった笹原は完全にフラグ消滅か。さすがピヨ彦('A`) 咲ちんはすぐに分かったのに・・・
げんしけん荻上
同人誌が売れた理由が大野さんコスプレじゃない「わかってるよ」と思わせる大技が炸裂したのがヨカタ。大野さん食われた。絶対こっちの方がインパクトあるよな。慣れとは恐ろしいものだ。


単行本についてきた『くじアンの栞』は副会長。とらのあなの特製イラストシートは会長を選択。個人的に大当たり。
げんしけん5巻しおり、ポストカード

げんしけんのメンバーがコミフェスで売っていた同人誌20ページ縮小して収録。しかし全部、黒墨で塗られ、さっぱりわからんw 表紙と1ページで、かろうじてアヤしそうな本だと分かる。これがTVでやっていた所謂ひとつのフィギュア世代ってやつなんでしょうか。
げんしけん コミフェス
荻上嬢が描いた健全カット3枚(P.11,P.18,P.19 P/N 鳴サイン入り)は消されずに、久我山のエロ絵はほぼ真っ黒なのにワラタ

げんしけん OFFICIAL BOOKも隣で売っていた、大きさは単行本と同じサイズ。
げんしけん OFFICIAL BOOK (講談社コミックスデラックス) [コミック]
4063349551
・くじアン特製トレカ
・大野さん三つ折りカラーポスター
・斑目のオタク魂十箇条
・梅村崇×皆川ゆかの非公式外伝ストーリー
・くじアンのアフレコ台本(Aパート)完全掲載
・オタク用語の基礎知識
・素敵なオタクライフ
・赤松健インタビュー「コミケのススメ」
・エロゲー特選情報ストーリー
・キャラクター別 作者のネタばらし

新規加入のクッチーと荻上嬢の名前がわかるそうで。
『げんしけん』木尾士目 その52
132 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:04/11/22(月) 15:49:07
あー一応公式本買おうか迷ってる人に大まかな内容書いておくよ。

以前表紙の裏にあったくじアンのポストカードのカラーバージョンが厚紙製で四枚繋がった状態のと、
大野さん蜜折カラーポスターがついてる。
・一章は秋葉原訪問やコミフェスなどオタクにまつわる話をげんしけんの話を交えて紹介。
・二章はげんしけんメンバーのキャラ紹介。
 誕生日と血液型と名場面の紹介みたいな感じを新メンバーと原口、会長、恵子も含めて紹介。
・三章はサークル内恋愛事情と称してげんしけん内での色恋沙汰等についてカップリング形式で考察。
・四章は斑目のオタク魂十カ条と称してまぁ斑目の珍プレー好プレーを紹介みたいな感じ。
 名台詞形式で十項目
・五章はくじアン関係 相関図、マガヅン表紙イラスト、キャラ紹介、アニメ一話Aパートの台本等。
・六章は1987年度メバエタメと赤松健のインタビュー
・七章は「大野さんに服を買おう!の巻」「荻上さんにパソコンを買おう!の巻」
・八章 素敵なオタクライフと称してジャンル別にげんしけんの話を交えて色々解説。
 また「金曜日、秋葉は萌えているか」という題で笹原と斑目のトーク(字のみ)がある。
・九章 キャラクター別作者のネタばらし キャラのプロフィールに書いてあったパクリ元や作者のコメントを、
 新メンバーを除いた六人分


店長にっき(すでにリンク切れ)11/20
しかし「げんしけんOFFICIAL BOOK」は、何故作者の木尾士目じゃなくて赤松健のインタビューが乗ってるの?それも写真入で10ページも。
カバーを取ってみると・・・○○さん一色(^_^;

赤松健日記11/20
木尾さんの写真出てないのに私の写真なんか出しちゃって、何かわざわざげんしけんファンに叩かれに出演したような気も・・・。はうぅ。

関連)げんしけんの看板/JR秋葉原の山手線ホームにて
コミック > げんしけん : comments (4) : trackbacks (0)

コミック感想:げんしけん 4巻

コミック4巻の感想です。
げんしけん表紙と栞
初回限定にて、4種類の「しおり」がランダムに一個、コミックに挟まっているわけです。(咲、大野、荻上、ハズレの斑目)
新キャラの荻上でしたか。。。
そしてカバーをめくるとアニメ設定資料集が収録!!

大学のおたくサークルを巡る人間模様が描かれるわけのコミックなわけなんです。方向性はかなり違うと思うのですが、なつかしの究極超人あ〜るを思い出して良いなぁと。オタ文化と現代事情をいれたといいますか。 

おなじマニアでも、何が特に違うのかと数分間考えてみたら、美少女(特に二次元)が存在するか、しないかの違いような… あとは電車に乗って山や海への合宿が、秋葉原という電気街への買い物やコミケへの参加ですかねぇ。

この巻に戻りますと、内容的にも充実。唯一の一般人ちゅうか主人公として中心に位置しているといっても過言ではない咲ちんの意外な一面あったり、変な新会員の入会や、コミフェスにサークルとして初参加計画など読み応えあり。ピヨ彦こと笹原に、ついに主人公らしいスポットが今後当たりそうな予感。
 
一部には大ショッキングな出来事も。最後の一線をかろうじて踏みとどまる所が微妙な設定やなぁw

おた訪問もなかなか。部屋にはオタグッズがあふれ、たとえ趣味が似通っていたとしても他人には見せたくない、隠しておきたいモノの話はわかるわー
げんしけん 部屋が汚い
掃除せんとなぁ。

げんしけんでもボーイズラブゲーかw
げんしけん ボーイズラブゲー開発画面
このテレビ画面の下にはPS2のパッドらしきものが。

女性陣の会話がよかったですよ。アイコンタクトとか。
コミック > げんしけん : comments (11) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other