<< 2017/03 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【コミック】マリア様がみてる/著者:長沢智/アニメや小説とは違う外見なところを交えたキャラ紹介

1年ぐらい前にアップしようとして忘れていたのを今日発見したのでアップ。大幅加筆&修正。読むきっかけになればどうぞ(´∀`) 

コミック版は初期の方で終わってます。つまり聖、蓉子、江利子の薔薇さまが卒業されるまでを描かれています。小説やアニメと中身はだいたい同じなのですが、表現が変わっている部分もあって、読むといろいろと新鮮な気分が味わえます。小説は読まない人にはどうぞ。男性は少女コミックとコバルト文庫どっちが手に取りやすいんだろ? 漫画の方は手軽にビジュアルで読めるがメリットですな。

一応コミック最終巻(8巻)ではなく諸事情で6巻までのキャラ紹介になっているので注意。

Amazon:
マリア様がみてる  (1) (マーガレットコミックス)
マリア様がみてる (1) (マーガレットコミックス)
舞台は携帯も普及していない頃の時代。リリアン女学園で上級生が下級生を指導し、精神的にささえるスール(姉妹)制度があって、そこで広げられる物語。
出版社/著者からの内容紹介
純粋培養の乙女達が集う、私立リリアン女学園。福沢祐巳はこの高等部に通う平凡なお嬢様。ある朝「紅薔薇のつぼみ」である憧れの先輩、小笠原祥子さまに呼び止められた祐巳は…!?
コミック6巻の表紙。
マリみて6巻表紙.jpg
Amazon;
マリア様がみてる(6)/長沢 智
6巻はちょうどバレンタインイベントで山百合会でのカード探しの結果、薔薇のつぼみとの半日デート券をめぐって、それぞれがデートする話を描かれています。

マリみて6巻祐巳&由乃.jpg
外見の祐巳はアニメと原作小説とも多少違いますね。性格はそのまんまですがw 白薔薇の聖様の癒し型ペット。百面相。すっとぼけ具合とか、感情がはっきりしている。小説で後半からのお姉様の祥子を支える姿の成長っぷりは凄いものがあるのですが。漫画ではそこまで描かれていなく祥子にどういう距離をとっていいのか困っている様子。由乃さんに友人として絆を深めたりするイベントも。たまにグッと落ち込むのがギャップありで引きつけられるというか。さすが主人公。
コミック > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

コミック感想:マリア様がみてる 2巻/祐巳かわいい、志摩子うつくしく、由乃しおらしく、なんか祥子様のイメージが違う

マリみて表紙

表紙にもサブタイで『黄薔薇革命』とあるように、ふたりが主役のお話。簡単に説明すると、由乃が改造手術されちゃう話ですな。あんなに、しおらしかった子が。。。
マリみて改造手術後

小説の話をこの一巻だけでよくまとめたなぁと。要点をしぼってうまく描いていると思います。

あと絵に関しては、原作とはまた違う顔かたちといいますか、描いている作者の特徴がでていて面白い。
マリ見てコミック

コミック版だと、裕巳の表情がよくコロコロ変わるのがわかりますね。そして、いつも優雅な志摩子さん。
ゆみすけの顔は、漫画版の方が少女漫画していると言いますか、クリクリしていて、なんか可愛さアップしている気がしますよ。

祥子さまは何か、かなりイメージが違う。
祥子さま

ん〜 デコが広いからか。

amazon:マリア様がみてる 2 (2)マーガレットコミックス
コミック > マリみて : comments (2) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other