<< 2017/03 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第一章〜第六章までの自分のサイトの感想まとめ

すべて劇場で観に行った時の感想。やっぱり大きな画面と高音質な音響で観ると格別の違いがありますな。特に自分の地域の環境はかなり全国でも良いらしいので一層感じたのかもしれない。観客もマナー良かったですし。最終章となる第七章が待ち遠しい。
空の境界
全体的なもので冒頭のクレイアニメの面白さや、エンディング曲が流れた時の余韻は良かったです。個人的な評価は、第三章(ふじのんと式のバトル)>第一章(式はじめての活躍)>第六章(鮮花かわいい&かっこいい)>第5章(演出が変わった?&アルバのへたれに泣いた)>第四章(しんみりとくる)>第二章(地味、雪のシーンは印象的)
ひとそれぞれでしょうが、こんな感じ。

あらためて感想文読んだら映画の魅力を十分に伝えていないのでガクリ。自分の文章力のなさに絶望した! とりあえず一部加筆、修正しました。

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」 /式&橙子さんカッコイイ
【アニメ感想】劇場版 空の境界 第二章「殺人考察(前)」/原作通りの映像化
【アニメ感想】劇場版 空の境界 第三章「痛覚残留」/浅上藤乃と式のバトルは最高!
【アニメ感想】劇場版 空の境界 第四章「伽藍の洞」/式の病院生活とおちゃめな橙子さん
【アニメ感想】劇場版 空の境界 第五章「矛盾螺旋」/長刀を持つ式が魅力的 アルバはへたれすぎ
【アニメ感想】劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」/鮮花の可愛さと格好良さ炸裂

関連記事)
空の境界:人気の連作アニメが海外進出へ 米コンベンションでプレミア上映(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)

Amazon:
【CD】Seventh Heaven(期間生産限定盤)(DVD付)
【CD】Seventh Heaven(期間生産限定盤)(DVD付)
梶浦由記フ゜ロテ゛ュース、劇場版「空の境界」主題歌フ゜ロシ゛ェクト・Kalafinaの集大成。
◆劇場版「空の境界」第一章主題歌『oblivious』から第七章主題歌『seventh heaven』までの全主題歌を収録。

【アニメDVD】空の境界
アニメ > 空の境界 : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」/鮮花の可愛さと格好良さ炸裂

劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]
B0028UMC2Y

背景美術も相変わらず綺麗ですし、流れる曲も素晴らしい。本編前のクレイアニメも面白かったなぁ。「燃やさずに萌えましょう」

鮮花プロモーションビデオと言うぐらいに、黒桐幹也(空の境界のサブ主人公)の妹さんメインヒロインで大活躍。今までのメインヒロイン兼主人公である式を完全に脇役にしていたな。パジャマでふたりで格闘していたのが微笑ましい。鮮花はとにかく可愛らしいし、バトルでは格好いい。炎の魔術師見習いで燃やしまくる。ちびっこ鮮花もいい!

それにしても身体能力は式と並ぶ程にあった事に驚きw 原作にない運動量と技術。見栄えはよくするためのシーンなんでしょうけど、これが凄いんですわ。教会のイスを次から次へと飛び乗って駆け出すシーンとか凛々しい。炎の舞も綺麗でよかった。CGの質感すげえ。そして恐怖のかかと落とし。かっちょよかった。黄さんの妖精さんがガンダムのファンネルみたいだったなぁ。きらきらーと光って飛びまくる。

といったように本筋の原作のストーリーはかなり時間の制約か、誰をメインにしたかの都合で端折られていて、設定や事件の概要、原因も大きく変わっております。敵役と言われるとちょっと違うような気もしますが、鮮花と式に対峙する今回の原因究明の鍵となる人物の掘り下げが少のうございます。なので原作をいかに前までの章のように忠実に近いよう再現してきたかに期待された方には不評かもしれません。

自分は鮮花かわいいよ鮮花。可憐なお姿とバトルで見せた激しい気性で大満足しております。兄貴の幹也との小さい頃の思い出。何度も出る星空を眺める姿にうっとりとしました。式のバトルはあっさりすぎて物足りないのですが、相手の片手を殺した表現はきちんと見せていて、演出いいなと思いました。式の活躍は短いバトルとパジャマ格闘と熱帯魚らしきものに餌を与えようとするところかな。

原作読んでいないと内容がよくわからない気もしますし、読んでいたら違う部分が気になるでしょうが、鮮花のインパクトにはそれらの問題はかすんでしまうのです! 某お嬢様の「良くってよ〜!良くってよ〜!」 の台詞は妙にインパクトありましたw 劇場でたら思わず脳内でリピートされるくらいの癖のある台詞だわ。

関連記事:
easy*going: 劇場版『空の境界』 第6章「忘却録音」 感想
ネタバレ感想。かなり細かいところまで観て書かれておられます。

劇場版『空の境界』 第6章「忘却録音」感想 & TYPE-MOONエースVOL2買ってきた:COMU
コンパクトな感想と、ポスターの写真があります。

空の境界 第6章『忘却録音』。(はりせんボン):不定期更新ブログ:So-net blog
ご不満な点も書かれております。たしかに映画だけだと、いろいろな疑問点は原作読まないとわからない。

空の境界 第6章 忘却録音 | blue bleu
まとまった感想です。兄妹のことは原作のようには深く描かれていませんでしたねぇ。

Amazon:
【DVD】空の境界

空の境界6章のエンディングテーマ曲。これもまたイイ!
【CD】fairytale(初回生産限定盤)(DVD付)
【CD】fairytale(初回生産限定盤)(DVD付)

劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]
アニプレックス (2009-07-29)
売り上げランキング: 67
アニメ > 空の境界 : comments (2) : trackbacks (1)

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第五章 矛盾螺旋/長刀を持つ式が魅力的 アルバはへたれすぎ

「臙条巴(えんじょう ともえ)は、とある事情により母親を殺害した少年。発覚を恐れ逃げているところ式と出会う。帰る場所がないため式の部屋に寝泊りしている。」と紹介されている。そして問題の事件の起こった特殊な形状をしたマンションに巴と式はふたりでむかい、その頃と前後して橙子さんと黒桐もある事件を追ってマンションの探索と乗り込むのだが……

原作読んでないとわけわからないのと、それをすると次の展開がわかってしまうので驚きがないというか難しいところですが。未読の人はどう思ったのだろう?

戦闘シーンはけっこうあって緊張感があってよかった。やたらクルクル回ってアクロバティックでしたw 屍人である住人ら大量の奴らとのちぎっては投げ、ちぎっては投げ。長回しのバトルはテンションあがるわ。アラヤソウレンとの一騎打ち。式の長刀持った戦闘ははじめてなので新鮮。橙子さんのアルバとの戦いは短かった(涙)使い魔の猫が猫っぽくねーw アルバはへたれで噛ませ犬じゃねーか。のちのスタッフインタビューで高速呪文詠唱シーンカットしたので見せ場がなくなったというアルバに合掌。

友人との意見の一致は1〜4章までと今回の5章の演出の違いでした。

ハーゲンダッツの空き箱が台所にたまっていくの繰り返しや、ドアをがちゃがちゃ開けようとする繰り返しや、時計台の鐘の繰り返しとかな時間経過を表す演出が古いというかくどかったな。音楽の繰り返しのシーン。
時系列がぐちゃぐちゃになっているとか、後半になるとしょっちゅう過去のことや現在が時間がひがんでいる表現も混乱に拍車をかける。良いところも一部あったが、ほとんどがちょっと苦痛だったかな。繰り返しの日常を表現する意図はわかるんだけどやりすぎるとって感じです。また原作読んでいないとわけわからんぞ。

最後に鍵の音で終わって、あれ?そこで終わりかよ!と残念でしたが、エンディングスタッフロールで続きがキター 名シーンがきましたよ。よかよか。デレたー表情がいい。 あと第6章の予告編も良かったですよ。鮮花のシーンがたくさんある。笑顔がいいですね。

Amazon:
劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】
劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】
アニメ > 空の境界 : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第四章「伽藍の洞」 /式の病院生活とおちゃめな橙子さん

比較的地味な話になるかと思ったら意外と良かったですよ。うまく原作の雰囲気をだしているというか。音楽のチカラも強かったと思います。
クライマックスのバトルのBGM「ARIA」が急に大音響になる演出はぞわっときた。退屈できずに集中して観ることができました。背景の作画の良さもあいかわらず。

文字に出来ない分、発音でどうやって区別するかと思えば、式さんと織くんと使い分けるわけか。 2章の続きがこの4章で式の病院送りでの処置の作画とか、眼球つぶしの演出なども自分のイメージ以上でした。式が死と向き合っているときの映像も全裸!いやフワフワ浮かんでいるのが2年眠り続けている中の夢の終わりみたいなものかなぁと。花や人間に死の線の出る描写も式の魔眼炸裂。それが嫌で眼球つぶそうとするわけですな。霊にとりつかれそうな描写も気持ち悪い。CGなのでカラッとしてますね。そしてクライマックスのバトルが幽霊にとりつかれた死体との一騎打ち。寝たきりだったのに飛び降りる豪快さはあいからわずすげぇ。橙子さんの魔術の演出もよかったです。そもそも橙子さんのメガネかけたときと外したときの演技の使い分けが上手で良かったなぁと。ババァ結婚してくれ! 式も目をふさがれているのに声優の声のチカラで感情がわかってよかったです。決め台詞もかっこよかったですしね。

エンディングも曲はいいし、その後の荒耶宗蓮(あらやそうれん)と過去に登場した悲劇のヒロイン達との邂逅シーンもよかった。5章予告もいいんだ。式に出会う赤髪の男の子のおびえた顔、橙子さんのアレ、式のぶっきらぼうな表情、まぁアルバのシーとご静粛をの姿にすべて持って行かれましたがw

2度言いますが、バトルのアレンジARIAはめちゃカッチョヨカッタ 最新の音響のある劇場でぜひ聞いて欲しい。

<AA>


劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【完全生産限定版】
劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【完全生産限定版】
アニメ > 空の境界 : comments (2) : trackbacks (0)

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第三章 「痛覚残留」/浅上藤乃と式のバトルは最高!

「ふじのんのおっぱお おっぱお」と友人が言っていましたけど、冒頭からハード過ぎてすっかり引いてしましましたよ。原作にも描かれていたエロスというか陵辱シーンから。きつー 「おっぱお楽しい」なんて言っている場合じゃなかった。

能登さん演じる痛みを感じない浅上藤乃はDQNどもに酷い暴行にあって、あることをきっかけに痛みを感じ、超能力…物を曲げるチカラが覚醒し、不良どもをぶち殺し、ひとりを逃がした人物を追う。一方式は殺人の状況から同類と感じ橙子さんからの依頼もあって探し始める。幹也は逃げたひとりの友人のまた友人から保護してくれるように頼まれる… そして殺人は無関係なものまで巻き込み、式は怒り藤乃と戦うことになった。

浅上藤乃 浅上藤乃 式 浅上藤乃 式 ババァ−!って感じだな。式はだらだらしている姿と対照的に殺しに出かける時のギャップがかっこいい。それに式の動きはぇえぇーと思った。黒豹か! 浅上藤乃も驚くほどの速さ。視線が武器なのに追いきれない… バトルが格好いい。マガーレのシーンも派手でよく、巨大な鉄橋が崩壊寸前までいく白熱のバトル。そして破壊後の炎の中にいる浅上藤乃の光景は綺麗だった。

浅上藤乃を演じる能登さんの声もやわらかくていいよ。ほわほわ。なにかに痛みに耐え、渇望して無表情的な演技がずんとくる。幹也の妹の鮮花も出番ちょっとあったので嬉しい。キレて怒ってばかりいました。ツン系。だがそれがいい! 橙子さんはメガネをずらす仕草とタバコを吸うシーンがあいかわらずかっこええ。

「神様だって殺してみせる」はあまり強調されていなくて残念だった。スタッフスクロールの後日談もないのも涙目。まぁサブ主人公の幹也が最初に喫茶店に行けばすぐに解決した話だったなw この映画の素晴らしさをうまく文章化できないのが悔しい。

Amazon:
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】

【アニメDVD】空の境界
アニメ > 空の境界 : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ感想】劇場版 空の境界 第二章 「殺人考察(前)」/原作通りの映像化

第一章と比べると地味子さんだった。まぁ原作通りだしな。

最後のテーマ曲がよかった。劇場の音響設備の良さもあいまってすばらしい。
スタッフスクロールに中田譲治がいて登場してないよ!と思ったら最後に不気味というかセクシーボイスでつぶやくシーンがいいな。型月にはなくてはならないキャストだ。次の三章の紹介がよかった。わくわくする。

本編はどうした(笑) というわけでこちらも箇条書き。

冒頭の雪のシーンは印象に残る。オリジナルシーンではないか。コクトーと式が初めて出会うのだが背景や雪の降りっぷりが綺麗。式の笑顔もいい。

むきかけたミカンがたくさんこたつの上で並んでいる絵は印象に残った。

コクトーと式の学園でのマッタリとした会話は何かいいな。それがある事をきっかけに式をコクトーは監視することになる。猟奇的殺人事件が起こっているのに式が関係している? しかし現場をみてもコクトーは式は無罪だと信じる。すでに恋に落ちているというのか、すでにいかれているのだ!

死体の血で口紅のように唇に塗りたくる式のシーンが妖美でゾクゾクする。原作を絵にするとあんな感じかぁと思った。

アクションシーンは真剣(?)で稽古をつける式と親父さんの場面だけか。動きがあっていいよーいいよー

式と織の二重人格っぽいところは説明不足。原作を読まないとわかりずらいでしょう。一応ハンバーガー屋であるがそれだけではハテナとなる客もいるかも。

最後のコクトーがあわてふためいて逃げるシーンはよかた。緊張感がある。んで真相はなに?ってところで……。

2章以降のDVDはこちら↓
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
アニメ > 空の境界 : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ感想】劇場版 空の境界  第一章「俯瞰風景」 /式&橙子さんカッコイイ

空の境界を劇場で観てきた。冒頭のufoテーブルお得意のクレイアニメで、携帯の電源は切ってください…は工夫があってらしかったわw 
立派な設備で映像・音響面が充実していてかなり良い印象を持ちました。それだけのものを持っているフィルム。背景が綺麗。崩れかけたビル群、主人公の式の寂れた部屋、橙子さんの事務所、信号機、空の風景… エヴァの新劇場版を彷彿とさせる背景の綺麗さ。着物は簡略化されてるかな。アクションさせやすくさせるためか。作画は静と動のエクスタシーだな。説明しているときは動かざること山の如しなんだけどカットが切り替わったり、じっくり背景がみれて良し。動くときはウニョウニョ動いてメリハリが効いていて良い。

音響面がまた素晴らしい。BGMは雰囲気にばっちしだし効果音が良い。式の着物を着るときの布ずれの音とかも細かい。声も素晴らしいセレクトでこれまた良かった。キャスト: 両儀式(声・坂本真綾) 黒桐幹也(声・鈴村健一) 蒼崎橙子(声・本田貴子) 式もいいけど、橙子さんはクールでかっこよかったなぁ。

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】

ストーリーはいたってシンプル。ただし橙子さんが状況をしゃべりまくるので、細かい部分は理解できないことが多い。全部やっていると説明口調だらけになるので、原作のところの台詞や説明をうまく削って、オリジナルのシーンをいれている。よって原作を読まなくてもわかるが、細かいところは橙子さんの語りで終わってしまうのでわからないかもしれない。「浮遊と飛行の違い」とか説明をただ聞いてもちんぷんかんぷんだろうとw ただカッコイイ台詞が左から右に流れていきました。 「今日は(最後の決め台詞なので略)だろう」とか痺れるんだけど、雰囲気で掴め。質問役の黒桐が石化しているので機能せずw

式の一人住まいのマンションにハーゲンダッツを持って訪れる黒桐青年。最近、次から次へとビルからの転落事故が起きていた。遺書はない少女たちの落下は自殺なのか、それとも違うものか。設計家でもあり、人形師および義体製作をする橙子さんは興味を持つ。そして式に語りだす。そのお節介な友人黒桐の意識不明な状態であり、原因もそれに関係があるようだ。そのため式は問題ビルへと向かった……。そこで見たものは浮遊する9体の少女たち。

見所はたくさんある。橙子さんのタバコをうまそうに吸う仕草と眼鏡を外す仕草がカッコイイ。ババァ結婚してくれ! 説明台詞係になってかなり登場しているシーンが多い。しゃべり方が好きだ。あらためて声優さんのチョイスがいいね。

式がハーゲンダッツ食うシーンもエロくていい。片手がつかえないために両ふとももの間にカップを挟んで、スプーンですくう。アイスが固くて削るのに苦戦している仕草も細かい。エロすを発見したひとは偉大だなw あいだから見えるぱんつ!あのシーンはぱんつよりもふとももだ!と偉い人は言っていましたがどうでもいい。着物に着替えるのはシュルシュルがなまめかしい。トレードマークの着物に赤いジャンパーは夏だからほぼ着ない訳ねorz あと部屋の冷蔵庫に大量のミネラルウォーターだらけなのが印象的。式のゴクゴク飲む姿もさまになっている。栄養とれているのー?と疑問ですが。差し入れもアイスか水かよ。黒桐!

雨が降りで黄色のレインコート被った式が某サーヴァントに似てたのも笑った。スタッフによるオマージュなのか。セイバー!セイバーさんじゃないか。

バトルも1回目の暴走していたときの緊迫感もすごく良かったし、2回戦のバタバタとなぎ倒すアクションはすごい。気持ちいい。そして、建物からのジャンプというか飛んでるぅー!すげー 着地は義手だから大丈夫なのだ!そこら辺ありえないけど爽快感あったのでOK 水たまりに着地する絵の構図にもハッと息を止める綺麗さですよ。そうそう冒頭あたりのビルから落下した少女の死体は血まみれでグロい。綺麗に描かれているので余計に…

ハーゲンダッツを食っていけの式にたいしての黒桐くんの台詞は原作通りでした。それで締め! 原作だとここで衝撃の事実がわかるのですが映像ですと、もう最初から丸わかりなのでw(声でもわかるけど) そのかわり破壊力あるツンの式、式の頬が染まる。。。で、でれたーーー!!!

EDクレジットで席を立っちゃ駄目。続きがありますよ。黒桐の妹、鮮花の名前が出てきて「ん?鮮花出てたっけ?見過ごしたかなぁ」と思ってたら出番があるんですよ。ババァがカッコイイ台詞をはいてくれちゃって。(ババァ言うな…橙子)

2章の告知も綺麗でこれまた期待できそうだ。血の色が鮮やかだなぁ(^^; グロさと美の対比ですな。一章もそうだったけど。アクションは抑えめになりそうですな。3章の予告はなかったけどマッガーレに期待。声優の能登さんキャラもでてくるし。

ブルーレイで大画面のディスプレイで観られる機会があればいいけど予定がないのが惜しい。DVDのみ。いつか出ると予想するが。もっともそんな設備は持っていないのですが。とほほ。

エンディングテーマ曲「oblivious」がかなりツボにはいりました。そら〜♪ ふふふん


oblivious(初回生産限定盤)
oblivious(初回生産限定盤)

2章以降のDVDはこちら↓
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
アニメ > 空の境界 : comments (2) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other