<< 2016/01 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アニメ感想:ガラスの花と壊す世界/アンチウイルスソフトの擬人化ときたか

公式サイト
タイトルのアニメ映画を見てきました。アイドルマスターでも有名なA-1 Pictures 制作。クラナドや多くのKEY作品のアニメを務めた脚本 志茂文彦。キャラクターデザイン カントク、オリジナルアニメということで何かピンと来たので衝動的にチケット買っていた。前の日記でチケットを間違えて買って返品できず、交換はしてもらえることになったので選んだともいうw

内容は女子3人組だけの世界。ふたりはアンチウイルスソフトが擬人化されたもの、もうひとりは突然ある時に見つけた謎の少女。ふたりはウイルスがやってくると退治にでかける。そして…と言った感じです。

キャラデザが好みのタイプでバトルもちょこっとあり、日常的な3人の生活もあり、あるシーンではBGMだけでキャラが動いて何かしていたり。実験作っぽい。

最後まで見ていろいろ解釈のできるような、わかったことは<禁足事項>してしまったんだなぁという難解のようなシンプルのようなストーリーでした。賛否両論あるだろう。ツールソフトやフォーマット、ウイルス退治ソフト、ウイルスなどコンピュータ言語が出てきて少し面白かったけど、自分には微妙な話だったかな。

関連サイト:
映画「ガラスの花と壊す世界」感想。可愛いキャラクターと綺麗な映像。アニメシリーズで見たくなる作品

ガラスの花と壊す世界の感想ブログ(二回目)
一回目の感想

Amazon:
【コミック】ガラスの花と壊す世界〈上〉<ガラスの花と壊す世界> (電撃コミックスNEXT)
4757540299
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other