<< 2016/07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アニメ感想/甲鉄城のカバネリ 第12話 (最終話)「甲鉄城」作画とBGMは素晴らしい

進撃の巨人に続く大作と最初みんなは思っていたに違いない。ゾンビが早く走れるようになったカバネ。それになすすべのない人間。人間と中間のカバネリ。カバネリは人間側について戦うが、人間は助けられてもあまり良いとは思っていない。物語は主人公たちが街から列車で、カバネに占拠されつつある状況下で脱出するところから1話は始まった。作画すげええ。BGMも盛り上げてくれる。

過去感想:アニメ感想/甲鉄城のカバネリ 第11話「燃える命」生駒覚醒!

最終回ではどうなったのか。 

美少女、無名ちゃんの兄貴である美馬(ビバ)様のモノローグから「人の猜疑心が戦いを生むのだ」「こわいだろうお前たちも」 オープニング。終盤静止画もあってへばったと思ったら、最終回は作画良いね。音楽ももちろん良い。脚本も序盤よかったが途中からなんか変なものになってしまった。2クール24話を無理やり12話にした感じ。2クールにしてもギルティクラウンのような駄作になってしまうかもしれませんが。
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)

アニメ感想/ふらいんぐうぃっち 第11話「くじら、空をとぶ」ラピュタがあった。ホットケーキうまそう

魔女の女子高生「真琴」が主人公である。箒で空を飛ぶくらいしかできない。それもあまりうまくない。股が痛いとかw 彼女だけでなく、姉の茜も魔法使いである。世界を旅しています。そんな世界での日常系アニメですね。まったりとして心地よい。ネットではかなり評判よさげでうれしい。

茜が玄関に立ち、魔法新聞を待っている。配達人がいるようだ。あっち側の人たちの新聞で人間の世界のとは違う。今年はこの住んでいる地域「ここを通るんだ」と茜は新聞を読んで叫ぶところまでがアバン。

オープニングも歌も良い歌詞で手拍子がはいる良い曲だな。監督の文字がでけぇ。自己主張はげしいぞ!w
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other