<< 2016/07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ReLIFE 第1話「海崎新太(27)無職」若返って1年間高校生活をするストーリー。Amazonにて3話まで無料で見られる

主人公は海崎新太(かいざきあらた)27歳、二浪して大学に入って大学院を出て正社員として就職するが3ヶ月でやめてしまい、再就職を目指すも面接でそこを突かれ落ちまくり、親の仕送りとバイトして凌ぐ生活である。夜に親からの資金援助が打ち切られることを伝えられる。とぼとぼ歩いていると青年に出会い「リライフ研究所」という所から来たという。被験者になったという。生活費持ち。場合によって就職先も案内してくれるという。ケースに入った薬を見せられる。

翌朝、起きて鏡を見ると自分の顔が違和感がある。10年若返ってしまった。名探偵コナンじゃないかw 「この春から高校に行って一年間過ごしてほしいのです」と昨日の彼の言葉が思い浮かべる。青年がアパートにやってきて正式な契約をするか訪ねてくる。青葉高等高校のパンフレットを渡す。青年「高校生活をして今の自分をやり直すか、ニートになるのか」 海崎「ニートじゃねぇし」青年「社会人の友人たちと気まずいんでしょ?」と煽る。青年の出した契約書にサインと捺印をする海崎であった。

CMでも全話公開とかあるし、Amazonに行ってみるとなんか無料で3話まで見られるみたい。これは新しい試みだ。最後にリンク貼ってあります。

高校に言ってみると、そこは3年生の教室。「10年下のやつらに何びびっているのか」と自嘲する。席を間違えて女生徒に指摘される。かやのん。そして勧誘してきた青年も同じクラスだった。彼の名前は夜明了(よあけりょう)。二年の時も通っていて同じ3組だったらしい。先生が入ってくる「天津心」(あまつ)という主人公より若干若そうな女教師である(CV:沢城みゆき) 教室で自己紹介をそれぞれ行う。
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)

アニメ感想/クロムクロ 第13話「祭囃子に呼ばれて」文化祭!先が気になる終わり方だった

アニメ制作のP.A.WORKSは本当に良い仕事をする。さすが15周年記念アニメーション作品で初のロボットアニメ。キャラデザ、作画はいいし、脚本もしっかりしてる。グラスリップ?そんな子は知りませんね。OPはGLAYが歌っているんだぜ。エンディングの曲も良い。来週から歌と絵が変わるのだろうか? 

関連記事:アニメ感想/クロムクロ 第12話「黒部の夏に地獄を見る」良い日常回だった

13話と折り返し地点、ロボの戦闘シーンはなく、文化際のお話でありました。日常話の方が面白いというこの作品。ロボ中心話はあんまり盛り上がらないというか。初なのでノウハウが蓄積されていないのだろうな。主人公の約450年前の戦国時代から現代にやってきた侍である剣之介は文化祭のクラスでの打ち合わせに参加する。当然ヒロインの由希奈も参加する。メイド喫茶など案がでるけど、剣之介は?と女生徒に聞くのであった。みんなの打ち合わせなかに「マスゴミうんぬん」とか言ってるw 現代のネット社会の書き込みを反映した作品だわ。結局「教えてエフィドルグ」と言う関係者の3人で質問者に答える形式の出し物となった。(※主人公たちと対する敵側の勢力をエフィドルグと命名してる)
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other