<< 2004/12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2004年を振り返って面白かったもの

寒さで手がL1と○ボタンを押さえるぐらいの圧力しかありません。
1.Fate/stay night(PCゲーム)
2.逆転裁判3(GBA)
3.ひぐらしのなく頃に(PCゲーム)
4.スクールランブル(コミック)
5.デスノート(コミック)
6.CLANNAD(PCゲーム)
8.戯言シリーズ西尾維新(小説)

順番はあまり関係なし。最後は今年発売でもないものがあるけど、今年一気に読んだので。なかなか豊作で、少ない文字数では語れない。どれも何度も読み直し、やり直ししたくなってくる面白さがありました。
Fateはバトルの演出、キャラの魅力、物語の楽しさ、いろいろと楽しめました。逆転裁判3は最後を締めるのに相応しい推理パートと法廷バトルでした。スクランの播磨、沢近、八雲の勘違いラブコメも最高。ひぐらしはがらりと変わる展開が緊張感あふれ、推理する楽しさもありました。デスノートはLとライトの対決が毎週面白い。CLANNADはあんなにコメディータッチな会話が繰り広げられると想像できず。戯言はいーちゃんを初めとするキャラの魅力がひかって、壊れた世界というかそれも良し。だって面白いんだもの。

上には無いけど双恋アニメの最終回は『問題のすり替え』で、ズコーっときましたが、その前の回の二組の双子が物凄い形相で主人公に差し迫る神がかりの展開も面白かったです。ハーレムもので、そのハーレムさに疑問を投げかける主人公もよかった。 ネギまもきっちりと伏線を消化しつつ、隙の無い展開でした。バトルとキャラを描くバランスも良し。あまりにも計算どおりで意外性はあまりないのですが。アニメは絵がハンコですな。テレ東とあってあまり期待できず。

へなちょこランキング
1.リアライズ(PCゲーム)
2.ラムネ(PCゲーム)
3.スクランのフィギュア
4.下級生2(PCゲーム)
5.マリみてのさつさつ以降の展開(小説)
6.おねがいツインズの投げっぱなしジャーマンっぷり(アニメ)
7.焼きたてジャぱんのモナコ編(コミック)
8.ハンターハンターの落書き絵と休載続き(コミック)
9.月姫アニメ

がっかりモード大爆発。期待すれば外される。
リアライズの終了するまでは素晴らしく、エンディングにはいると(゚Д゚)ポカーンとする投げっぱなしや、 下級生2のCGだけ頑張っていて、シナリオはダメダメ感(特徴のある、たまき展開はまだ意表があるだけマシかもw)漂いまくりで途中挫折。うだる先生はどこに行っちゃったのでしょう。ファウストVol.3で小説掲載と、冬コミで本は売っていたそうですが。
ねこねこソフトはサイトの面白さが、なぜかソフトに反映されないのが悲しい。 月姫のTVアニメも原作の良さがすっかり台無しなのも、その後の月姫関連グッズはどれも呪われている伝説(コミック除く)のはじまりでした。

設定とか魅力あるキャラが、謎のまま、風呂敷広げすぎて物語のオチにはさっぱり反映されないのが特徴的でした。伏線あっても投げっぱなし。演出だけが突出して、あとは読者の想像力におまかせ…な作品ばかりが少なくなりますように。
雑記 : comments (0) : trackbacks (0)

英単語集moetan 2 には20種類以上のトレーディングカードが1枚ランダムに入っているらしい

もえたん2表紙英単語集として、例文を通して英語が勉強できる。前作も人気があって売れたそうですが、今作も話題の書なんだとか。
Amazon:moetan 2 (上)(発売中)
(初春予定)moetan 2 (下)

もえたんトレカ各地でレビューされているので内容は割愛させていただくとして(下記にレビューリンク集)、本の中にイラスト付きのカードが入ってました。バニーさんです。しかも右上には13の番号がついていた。

悠々亭裏日記さんのサイトによると、どうやらそれはトレーディングカードだそうで、確認できているだけでも27番目まであるようです。全部コンプリートするために大量に購入しそうな方もいそうですな。恐るべし三才ブックス。

☆moetan2レビューリンク集(わかりやすく説明しているサイトを抜粋)
悠々亭 裏日記さんともえたん新聞さんリンク集より)

やすぴ〜のいつものナ・イ・ショ☆ 画像多めで掴み易い
漏れ(ナースウィッチ小麦ちゃん萌え)のどうでもよい日記 コンパクトで良し
ひきこもりにっき。 表題単語レベル 、例文、長文パートそれぞれ分析

☆トレカの種類(2ch:大学受験サロン板 もえたんII 1単語目
ご参考に。上のリンク集にあったカードのイラストや自分のと合ってますね。
まとめ
01:ジャージ
02:セーラー服
03:スク水(新)
04:学ラン※
05:ゴスロリ※
06:チャイナドレス
07:着ぐるみ
08:キャミソール
09:メイド※
10:乗馬服※
11:チアガール
12:ベビーいんく
13:バニーガール
14:天使
15:トラッド
16:スク水(旧)
17:ビキニ
18:プリンセス
19:体操服
20:キャンギャル
21:虹原いんく
22:パステルインク
23:レア
24:消しゴム
25:オールマイティー
26:虹原いんく※
27:パステルインク

※印はこちらで追加。

トラバやコメントで情報ありがとうございました。完成!(28以降なければ…)
あとは誰かが全部買ったり、画像アップしてくれるでしょうw
書籍 : comments (6) : trackbacks (0)

ひぐらしのなく頃に 特別編 雛見沢村連続怪死事件 私的捜査ファイル(仮)

ひぐらし本 表紙発売していたので購入。ネタバレ満載なので、ひぐらしの「暇潰し編」ラストまでやった人が読む内容。 ゲームのあらすじやキャラ紹介まったくナッシングなので、ゲームやったこと無い人には更にお勧めできない。

ゲームをやる時間もないアンソロだけ読むつもりの人で、世界観(閉鎖された村の風習、歴史、祟り)、雰囲気だけ掴んでみたい人はレッツ・チャレンジ。あとでゲームをやる機会があった時、後悔しそうですが。 登場キャラの設定や性格を知るのは無理ぽ
Amazon:ひぐらしのなく頃に 特別編 雛見沢村連続怪死事件 私的捜査ファイル(仮)

PC同人ゲー「ひぐらしのなく頃に」を製作する際に、原作者・竜騎士07氏がかなりの影響を受けたと言っていた洋画「ブレアウィッチプロジェクト」の資料本〜 架空の出来事なのに、それがあたかも存在していたかのように作られた調査報告書がありまして、今回の私的捜査ファイルもまたこれを元に作られたと考えられる。

元ネタと思われる書籍
Amazon:ブレア・ウィッチ・プロジェクト完全調書
メリーランド州の森で、ブレアの魔女伝説に関するドキュメンタリーを撮影していた生徒3人が消息を絶つ。そして1年後、彼らのフィルムだけが発見される。正真の調査報告書をもとにホラー映画の舞台裏を明かす。

こちらのひぐらしファイルも、住民の証言を記録したテープを起こしたテキスト、新聞記事、近所の回覧板、研究家の調査報告書、警察の捜査ファイル、誰ともわからない日記、病院の袋のコピーなどが収録されている。フォントを手書きや汚いワープロ印刷、正式な書類や出版物用の印刷etc.とそれぞれ使い分けている。文字がみっしり詰まってますよ。全編ほぼ下のようなページ。

ひぐらし中身
整理された時間ごとの事件のあらましや人物関係図など無しに、断片的な資料や情報だけが提示されている。ようはゲームのTIPSですな。

設定マニア、雰囲気もの大好きならOKだけど、イラストはほぼ無いので「レナはぅ〜 梨花ちゃまー」な萌え優先の人は面食らうのは間違いなしw こっちの4月予定の「ひぐらしのなく頃に キャラクターファイル」の方を待った方がいいかも。
(クリックで拡大)
ひぐらしカバー

ひぐらし栞とらのあなで買ったら、カレンダー、ポストカード、栞を袋に入れてくれたわけなのですが。本が文字だらけなのに埋め合わせするかのようなイラスト分ですよ。 なんかやけに気合はいっているな。2冊でたアンソロジーも平積みで置いてあるし、ひぐらし同人誌がかなりの場所をひろげてた。
PCゲーム > ひぐらし : - : trackbacks (0)

まほらば TVアニメで多重人格者は放送禁止ワード??

『まほらば』というコミックがあるのですけど、今回アニメ化になって原作にあった多重人格者の設定が替えられた模様。
ドラマ、とくにサスペンスやミステリーだとネタが困ったらまず多重人格のような感じなのですが、TVだと今後は規制がかかるのでしょうかねぇ。それともアニメだから? 制作者が万が一クレームきたら面倒臭いと思ったから? 「24人のビリーミリガン」のドラマとかなら普通に放送しそうだけど。

Amazon:まほらば (1)ガンガンWINGコミックス

まほらばキーワード『まほダス』1巻より
解離性同一性障害
一般的に多重人格と呼ばれる症状である。
一言で言うとトラウマになっているシーンを避けるために人格が沢山あるように見える病気である。
「まほらば」の鍵を握っている病気である。
DIDとも略される。


3巻までは読んだことありますが、ヒロインの大家さんが多重人格者だけど、まぁ深刻でもなく、主人公をふりまわすギャグ的に使われている感じ。それでダメだと一緒に住んでいる親子で、いつも庭の木にロープを結んで丸いわっかに首を通そうとするお母さんの話も変えられそうw

はてなダイアリー MOON PHASE 雑記
やはり自殺癖をアニメでは変更されている模様。これって親子の絆を確かめ合う結構良かったエピソードになっていたような。。。しかも今後の展開に、上の多重人格含めて面白く活かされていたようで(´Д⊂ 

MANGAOH CLUB 一番下の紹介
最初はヒロインの多重人格によって起こるドタバタだったのですが、巻を重ねる内にまったりほのぼのの方が心地よくなってきた珍しい作品です。

☆アニメ版になると
(アニメまほらば公式 キャラクター紹介)
蒼葉梢・・・・・・鳴滝荘の管理人=大家さん。
何かでショックなど受けると『変身』してしまう秘密の持ち主。
× 多重人格者
○ 変身

これからのミステリーは、犯人の動機は幼い頃のトラウマ(仮面ライダー?)による変身ってことで。

おまけ)
2chスレ:まほらば 〜Heartful days〜 3号室
よくあるQ&A
Q. 「まほらば」と「まぶらほ」と「マヴラヴ」の違いを教えてください。
A. 全然違う作品です。

まほらば 主人公が上京したアパートに可愛い女の子が沢山いて囲まれる話。
まぶらほ 主人公の遺伝子を狙う可愛い3人の女の子に囲まれる話。
マブラヴ 主人公の通う学校に可愛い女の子が沢山いて囲まれる話。
結局、女の子に囲まれるのかYO!

( ・∀・)つハーレムアニメ@フリー百科事典Wikipedia
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

Kanonアナザーストーリー WONDERTHREE 2巻 こんどは栞と舞が主役だ!

Kanonアナザーストーリー WONDERTHREEII

Kanonアナザーストーリー WONDERTHREE2巻 CRコミックスDX 貴島 煉瓦 A5版 定価893円(税込)
Amazon:KanonアナザーストーリーWONDER THREE(2)
KANONのストーリーをまったく別の角度から描いた異色作。同人誌で刊行したものを再構成。巻頭カラーイラスト8ページに新たに描きおろしたカラー原稿6ページ。完結巻IIIは2月中旬予定。

前作の紹介「オシャレ系KANONコミック

アナザーワールドの第2巻。独自の展開で、ひとを選びそうな作品。同人本から持ってきたので絵は荒いのは否めないし、吹き出しも少なくて説明されていないので、読み手に委ねられている部分がかなりあり。

1巻で「超能力を持っている祐一が何かする友情漫画」なんだとかありまして魔界バトル!ファンタジーや!と思ったら、半分以上は表紙で分かるように栞のお話でした。中学生日記です。青春です。

「もォ長くないんです。 お医者様は次の誕生日までの命だと…」
kanon ワンダー 栞
kanonワンダー 祐一、北川、名雪、香里
それを聞いて笑う主人公。原作と違うのは祐一も北川も、栞んには甘やかさせずに厳しい〜 キャラの性格や設定が微妙に違って、作者独自の考えで描かれているのがこの作品の特徴。

このズラシ方が好きなのです。例えていうならば『ふしぎの海のナディア』を製作する時のエピソードで、NHKからは「ヒロインは鳥や動物たちと会話ができる」って設定してくださいと指示をうけて、ガイナックスで「ヒロインのナディアは鳥や動物たちと会話ができると思いこみをしている」としてしまったようにw
今回の栞でいうと、(ネタバレ反転 Ctrl+A)
大病を患っている妹が見ていられないので姉は避けている。
ってところを病気はすっかり完治しているのに甘えてばかりいる妹に、姉は関わりを持たないようにしている。
って変えたところなんかニヤリとするんだけど原作派はダメかもしれない。原作でも病人のわりに外で動き回っていたからなぁ。

今回は真琴、みっしーはともかく、あゆさえ出ていない長編ふたつに短編1つ。その短編は風邪ひいた名雪を祐一が看病するってやつでした。描き下ろしはカラー6ページのWONDERTHREE1.95 香里と栞の姉妹ふれあい話。

3巻では、栞ちゃんの短編が4本入る予定だそうで、同級生の天野みしおちゃんと組んで大暴れ!とか書いている。優遇されてます(`・ω・´) 真琴は・・・

kanonワンダー 舞
もうひとつの長編は、祐一と舞の魔物退治。まったく説明もなく、戦い続けるふたり。台詞も説明もほとんどありません。雰囲気ものですよ。 バトルだからか全体的に絵が栞編と比べても荒っぽい。舞の顔つきや髪型が怖い怖い。それが最後のシーンに繋がるわけなんですが……。
コミック > KEY : comments (6) : trackbacks (0)

麻雀覚えるなら脱衣麻雀だろ!/TVゲームで遊ぶ麻雀〜スーパーリアル麻雀やアイドル雀士スーチパイ

麻雀といえば、昔むかし友達に「麻雀の役を覚えるのはゲームの脱衣麻雀をやると覚えが早い」と教えられ

サターン版スーパーリアル麻雀PV(ピーファイブ)
スーパーリアル麻雀PV
スーパーリアル麻雀PV ゲーム中とか御褒美アニメとか

当時としては珍しくアニメーションして、はじまる部分と麻雀に勝つと鑑賞できます。サターンなんで荒っぽいが、キャラデザインが素晴らしいので良し( ´ー`)
ゲーム中は上のあるようにキャラ絵もない地味な仕様。 
問題は配られる牌が全然いいのが来ない、東とか白いのや、ろくなものがきやしない。イカサマだぁ(゚Д゚) すぐにお互い流局して、そのままゲームオーバー。コンティニューできるけど全然進みません。脱衣というモチベーションが無いと投げ出しそうになる強さ(自分が下手な可能性も大) ゼシカのぱふぱふ踊りに匹敵する色気でなんとか。

サターン版スーパーリアル麻雀P7(ピーセブン)
スーパーリアル麻雀P7 ゲーム中とか御褒美アニメとか
6はなぜか持っていなかった。ゲーム中にキャラの顔や声も入るようになり進化。最初にシナリオモードが選べる。個人的には5と比べてキャラデザインの好みは多少落ちるかな。
強さは変わってない。いかさまやー('A`) 変な牌しか来なくて勝てないよぉぉぉ。まぁ5と同様、繊細かつセクシーダイナマイツな脱ぎっぷりをしてくれるので文句は無いのですがね。でもストレスが…。


スーパーリアル麻雀P7 ゲーム中とか御褒美アニメとか

そんな意気消沈していた時に、すてきなモノが!

アイドル雀士 スーチーパイII
アイドル雀士 スーチーパイII

めちゃくちゃ良い牌が来ますよー リーチしたら一発ツモとかざら(それこそイカサマじゃないかw) ストレスなんかナッシング!

当時でもキャラデザインは古めと言われていたような気もするけど関係ありません。画面のキャラが動く動く。よくしゃべります。スティックが飛んだり、炎がでてきたりと演出がド派手です。声優さんも豪華で、歌も変なのがたくさん入ってます。そのうちのひとつ。

肉球みゃーみゃー 作詞/YUMIKO 作・編曲/NORITAKA
肉球みゃーみゃ うさぎにもあるよ ぴんくのみゃーみゃ ぷみぷみしてみる
スペシャルみゃーみゃ うさぎの肉球 ハイパーみゃーみゃ ぷう
太もも 太い 太い 太ーい なーんでこいつはこんなに太い
(以下省略)

アイドル雀士 スーチーパイII ゲーム画面

相手を倒すと仲間になってくれたりして、どんどん画面上に応援団が増えてきますよ。にぎやかで良いですな。しかも勝つごとに、パネルを神経衰弱のように開いて必殺技アイテムをゲット。
☆必殺!スーチースティック
リーチの時に使えばアタリ牌を一発でツモります。物理法則を超越した究極の必殺技です。

☆ファイアーせっかん
振り込んでしまったアタリ牌を、相手に取られる前に破壊してチャラにしてしまう必殺技です。ホントにやったら人間関係もチャラになるコト確実!

おかげさまでリーチしか役が知らない私も国士無双を狙って出すことができました。よかったよかった(´Д⊂ 
でも今でもどうやって牌を揃えるとか、相手の捨てた牌を見て何を捨てるかという戦術や、役がどんなのがあるか、さっぱりわかりません(´Д⊂

そんなスタッフとキャラデザインの人が集結してPS2用ソフトで新作を作るとな。
強運健在!!「てんほー牌娘」2004年内での発売に!!
キャラクター麻雀の決定版!ちゅーかな雀士 てんほー牌娘 

Amazon:ちゅーかな雀士 てんほー牌娘

正月はやっぱり麻雀だよなぁ(・∀・)
家庭用ゲーム > その他 : comments (2) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other