<< 2005/12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【書籍】萌えの研究/大泉 実成(著) 実際はスゴイおたく実体験レポート

この本は自分がほぼリアルタイムで体験した数十年の漫画、ライトノベル、ノベルゲーム、アニメを、ここ1年間で体験による読んだり、遊んだりして理解しようとした驚くべき実体験レポートです。スゴイ著者だと感心しまくり。萌えの研究というよりはオタク体験レポートとも言えるかもしれない。

【実体験ドキュメント】萌えの研究/大泉 実成 (著)/講談社Amazon:【書籍:ドキュメント】萌えの研究/大泉 実成 (著)/講談社

『萌えの研究』の一部が講談社のMouraで立ち読みできます。→MouRa|さおだけ屋、山田真哉|Net現代

おたく第一世代:1960年前後に生まれ、テレビ体験がメイン 現在45歳前後
おたく第二世代:1975年前後に生まれ、家庭用ゲーム世代。現在30歳前後
おたく第三世代:1985年前後に生まれ、ウィンドウズの普及でPCゲーム世代 現在20歳前後

との定義されております。

ただ個人的には、第二世代はパソコンゲーム「ザナドゥ」「イース」「ハイドライド」「無限の心臓」「ウィザードリィー」でPCゲーも中心だと思いますし、第三世代も家庭用ゲーム、ライトノベルを嗜まれる事は多いかと。 あとアニメは全体の世代で包括していますね。

空の境界をライトノベルとして紹介するのはハテナ?かもしれませんが(もっとも電撃文庫の作品もちゃんと紹介されてます)、読めばなぜライトノベルとして作者が思ったのかわかるかと。<主人公でもあるヒロインの挿絵に萌えてるw

またこの『ロードス島戦記』や『空の境界』の小説、『月姫』『Fate stay night』などのノベルゲームは、製作者のテーブルトークRPGをベースとしたゲーム体験によって成り立っている事も書かれています。まったく懐かしいなぁと。 ロードスはまさに当時の月刊誌『コンプティーク』のリプレイ集→水野良氏による小説化。 空の境界や月姫は直接的ではないけど、間接的には製作者のTRPG体験から成り立っている部分も多い事がインタビューからうかがえられます。

そこで著者はTRPGで実際に遊んでみることにより体験していきます。D&D(ダンジョン&ドラゴンズ)やダブルクロスというTRPGで遊んでいる記述は遊んだ事ない人でも楽しめるのではないでしょうか。プレイ状況が詳細に書かれていてイメージは掴みやすいと思います。これがロードス島戦記のリプレイ集、小説化につながってきます。

ところで「空の境界」の方が、ロードス島戦記やTRPGで遊ぶ前に記述されていますが「志村ぁー 逆 逆」というわけでなく(笑)、時系列を逆に辿っているんです。つまり歴史をさかのぼって追体験。作者はリアルタイムじゃないために、下流を遡るような記述の配置という変わった感じの構成に一部なっていて、そこら辺も面白かった。

さらにアニメについては、最萌えトーナメント2005を実況レポートしたりして、作者の人格が分離したりとまさにカオス。

小説はそれ以外にも『イリヤの空 UFOの夏』、マリア様がみてるetc.
アニメ:ローゼンメイデン、エヴァンゲリオンetc.
コミック:ネギま、スクールランブル、いちご100%、げんしけん、まほろばetc.
ノベルゲー:月姫、Fate、ONE、KANON、Air、クラナド、ホワイトアルバムetc.

といったものがたくさん網羅されていて、抑えるポイントは押さえているかと。全体的に浅い供述もありますが、一方で本質を掴んだ部分もあり深く言及されている部分もあり、おたく実体験レポートとして優秀な書籍と言えましょう。

ただ個人的に残念だったのは、魔法先生ネギまが31人による女生徒のハーレム状態と、ネギくんのショタが読者に受けていると感じられている点で、それ以外にもネギ少年による魔法&格闘バトルを通した少年漫画の王道、少年成長物としても読者に親しまれているんじゃないかという点。
まぁ萌えの研究の本なので、あえて記述していないかもしれませんが、残念でしたw

とにかく我々の数十年の体験を作者はここ1年で体験するというスゴイことをやっておられます。
書籍 : comments (4) : trackbacks (0)

【コミック】絶望先生2巻/これを読んでクリスマスは絶望しよう!

前回は、教師と生徒たちの紹介をしただけですが、この作品の本領発揮するのは、この2巻からと言っても過言ではないでしょうか?
過去ログ:【コミック】クリスマスイブには絶望先生1巻を読もう
絶望先生2巻 表紙
Amazon:【コミック】さよなら絶望先生 (2)/久米田 康治 (著) 少年マガジンコミックス

とにかく前巻の1巻でもそうでしたが単行本になってからサービス満点。表紙カバーはザラザラとした和風。そのカバーをとったら、おまけカットや4コマ漫画があったり、そして全然関係ない『前巻までのあらすじ』

何と言っても最後のページについてくる久米田康治 先生が世界に発信する紙ブログ、今回の告訴状、絶望ファンからのイラストのおまけ付き。とくに投稿イラストには先生のネガティブなコメントもつけてくれちゃっています。 雑誌の掲載だけ読んだらもったいないほどのサービス精神満点。単行本化では現時点の話題に反映した内容へと雑誌掲載分から書き換えされているくらい。

しかも2巻から久米田エンジン全開。先生の前作品の『かってに改蔵』の場合は現在の風潮にそった話題を取り扱って弄くり回してましたが(作家いじり、日本代表サッカーのフラットスリーなど)、今回の絶望先生はタイトル通り現在の世の中の絶望的な状況や、不幸な出来事にスポットを当ててユニークに笑い飛ばす精神を持っています。

テーマもネガティブな話題に絞って、ページ数も12ページ(単行本ではおまけのオチ。プラス1ページ)とコンパクトにまとまり、面白さが倍増いや数十倍もなって破壊力満点。久米田節が更にパワーアップして週刊少年サンデーからマガジンに移籍してきたのではないでしょうか。打倒、赤松健!(笑)

個人的にはマガジンの2トップは赤松先生の『魔法先生ネギま!』と、この久米田先生の『さよなら絶望先生』であります!

関連:
「さよなら絶望先生」2巻、世の中を授業する (ヤマカム)
「さよなら絶望先生」第二集が絶望的すぎで絶望した!
クリスマスイブ生まれに絶望した!(マンガがあればいーのだ。)
さよなら絶望先生2巻発売 「夏はのりきったので、このまま冬までものり・・・」(アキバBLOG)
コミック > 絶望先生 : comments (2) : trackbacks (0)

【コミック】クリスマスイブには絶望先生1巻を読もう

これが正しいクリスマス・イブの過ごし方です。
久米田先生の作品「絶望先生」を読んで過ごす。そして明石家サンタも観る。ス・テ・キ

追加記事:【コミック】絶望先生 2巻/これを読んでクリスマスは絶望しよう! (12/25)
絶望先生1巻 表紙
Amazon:さよなら絶望先生 (1)/久米田 康治 (著) 少年マガジンコミックス

1巻はまだ生徒達の紹介が主で、暖気運転というか柔軟体操の段階なので、この面白さはまだわかりにくいですが、これがあるために2巻が生きるというか、最初から突っ走れると思います。
ネガティブな話題をユニークに描く癒し系コメディー(?)

いろいろな登場人物がいます。
まずは主役のネガティブシンキングな先生 糸色 望 先生こと『絶望先生』死のう死のうと首つりを試みますが本当は死にたくない、構って欲しいちゃん体質があります。

次にヒロイン達も魅力あります。まずは…
絶望先生とは逆に、何でも超ポジティブにみようとする風浦 可符香(ふうら・かふか)。先生を絶望から助けようと強引な明るい展望を押しつけてきますw

家でも学校でも引きこもり体質(座敷童体質とも)いう小森 霧(こもり・きり)前髪をいつも隠して、自宅から開放してくれた絶望先生に少しときめきます。先生の心中リストにも記載。学校に引きこもりっぱなしの不下校(ふげこう)少女となります。

超恋愛体質でありストーカーでもある少女の常月 まとい(つねつき・まとい)。先生につきまとう事となります。

DV(親に虐待されている)という噂のある生徒、しかし動物好きで、しっぽ好きだけでちょっかいかけては大怪我してるだけの小節 あびる(こぶし・あびる)

帰国子女で和風、洋風の二重人格者の木村 カエレ。か弱げな引っ込み思案と、押しつけがましい強気な性格がコロコロ切り替わります。

極度の口べたで携帯メールでしか意志を表せない、音無 芽留(おとなし・める)。しかし温和しそうな印象とは裏腹に送信するメールの内容は超毒舌。毒吐きっぱなし。

物事をきっちりさせないとすまない委員長、粘着体質でもある木津 千里(きつ・ちり) 先生とふたり、保健室に添い寝してしまったせいで責任をとってもらおうと追い回します。

アジアからの帰国子女、または不法入国者でもある少女、関内・マリア・太郎(せきうつ・まりあ・たろう)。難民ちゃんでクラスから親切にしてもらっている元気な女の子です。

不登校児でもあり、ごくごく普通な少女で、みんなから「ふつー」と言われてしまう日塔 奈美(ひとう・なみ)

そんな絶望先生を中心に彼女らが活躍するネガティブ漫画それが『さよなら絶望先生』なのである!

<もっと書きたい事は山程あるのに上手く書けない。絶望した!!>
コミック > 絶望先生 : comments (0) : trackbacks (0)

【小説】グイン・サーガ 105巻/話の引き延ばし膨らませ方は超一流

栗本薫センセーは小説「グインサーガ」が目標の100巻を突破して、さらに自信満々。一頃は小説の後書きで、ネットから(たぶん2ちゃんねるのスレ)の苦情や非難、イヤミに対して反論というか怒り炸裂。ネットをやらない読者には「さっぱりわからない?」という状況を作り、もの凄い事になっていましたが、現在はスルー技術をみにつけたのか、マネージャーがチェックしているのか怒らなくなりました。(最近の104巻、105巻の後書きを見る限り、自画自賛。自信満々です。息子の大学院合格を初めとした自分語りも炸裂) 200巻余裕で越えそうなペース。

ちなみにドイツ版のグインサーガの表紙ドイツAmazon) こ、これはw

1〜3ヶ月に1冊は出すハイペースで、どこぞの作家にも見習って欲しいけど、物語の整合性や辻褄はメチャクチャ。過去の伏線もあったような忘れ去られたような。まさにカオス

どの編集者も栗本御大には逆らえないのか誤字脱字も多し(人の事いえませんがw) 中世ファンタジーには相応しくない「パスワード」やら現代用語もなんでもありの状態です。

序盤は本格的なヒロイックファンタジーとして優れていた。ところがいつの間にやら登場人物の王子「ナリスさま」と作者自らが書くように大のお気に入りとなり、美形の男がいれば男色、ホモ、やおい、ヤオイなんでも言葉はいいのですが、もうそんな展開。女性はアッパラパーの使い捨てというか、頭の弱い利用されるだけの価値や、酷い末路が待ちかまえています。 女流作家として何かあったのだろうか?と邪推するくらい。

1巻から70巻近くまで追ってきて、ギブアップした私ですが、ひさしぶりにたまにチラッと見たり、今回104,新刊の105巻を読みましたが、全然話が進みませんね。 まとめたら数行か悪くても数ページで終わってしまうところを、数百ページに渡って書いてしまうのはイヤミでもなく偉大です。これは才能のひとつかと。他の作家は真似をなかなか出来ないわ。 

吟遊詩人で高貴な血筋のマリウスの女ったらし度は酷くて、過去にあんなにドラマチックなエピソードがあって結婚して子供も授かったのをすっかり放置して旅にでて、身寄りのない女性にモーションかけてます。泣けたw

過去のストーリーやキャラの性格と、辻褄が合っていなかったり、かなり違った言動をしてもお構い無しです。
ついていくファンがいて、いつも文庫ランキング上位にいるのはスゴイなぁと。 ちょっとした話を金箔職人のように引き伸ばして、台詞は1ページ丸ごと、2ページに渡るなど、吟遊詩人でおしゃべりなキャラならともかく、おとなしい女性でもペラペラと話はつきません。やりたい放題。そして、目標の100巻を越えて、栗本御大も鼻高々でしょう。

グインサーガの子供達が成長した、グインサーガ後伝もやりたそうなので、適当なところで端折って、無理矢理終わらせたりしてw 
小説 > その他 : comments (4) : trackbacks (0)

【コミック】スクールランブル11巻/混沌としている感じ

前回は、限定版のミニDVDの話だけでしたので、本編の内容の感想の方を。

目次の高野さん。ミステリアスでこちらもお気に入りです。セクシーじゃわい。<おっさんか。
スクールランブル11巻
Amazon:【コミック】スクールランブル (11)通常版/小林 尽 (著) 少年マガジンコミックス

1,2巻は個人的にはあんまり面白みを正直感じておりませんでしたw メインヒロインたる塚本天満と、彼女が思いを寄せる烏丸くんの一方通行の恋愛ドタバタコメディーは、微妙〜としか。出だしも最初「あずまんが大王」みたいとか一部で言われていましたし。

それが3巻以降、播磨を主人公にして、塚本八雲、沢近愛理の3関係。実際には脇役になると輝く塚本天満も含めた一方通行同士の4角関係が面白かった。騎馬戦の後のダンスや、原稿仕上げの共同作業など、どっちを選ぶんだ播磨!といった展開で楽しかった。

一部では不評だった9,10巻のサバイバルゲーム編は好きです。バカな事を真剣にやる。若さって素晴らしい。ところがその後が迷走して、コメディーをやろうとすると何か微妙。シリアルしても何かオチをつけようとして失敗(個人的な感想)

前巻に続き、バスケットボール編で戻ったというか、個人的には良かった。新たなキャラにもスポットがあびた。さらに意外なカップルが発生か!? 前巻では伏線っぽいのあったけどまさか…

まぁコメディー単発の方はあいかわらず(顔がおっさんになるのや、生徒交換、カレー、陶芸)の話は微妙だよなぁ(笑)
1,2巻のノリは個人的にはキツイw 天満ちゃんは主役にならず脇役の時が一番輝くと先生は思います!

沢近、八雲、播磨の三角関係は文化祭では出てきましたが、なんか段々つらくなってきた(終結したら連載終わっちゃいそう)、あとはミコチンに期待するしか。。。マガジンの人気作引き伸ばし作戦なのかもしれませんが、小林先生には頑張って欲しいところ。マガジンSpの当たりはずれも大きい。本編も似たようなもんですが(´Д`;)
やっぱり美琴の恋愛関連だよなぁ。
コミック > スクラン : comments (0) : trackbacks (0)

【アニメ】雲のむこう、約束の場所/セカイ系 BGM、背景の色使いが綺麗

ちょっと前にやったNHK-BS2のアニメ映画劇場でやっていたアニメ『雲のむこう、約束の場所』の感想

新海誠氏の初めての長編映画で監督、原作、脚本、美術などを担当している。まず第一印象は、コンピュータグラフィックを使った、空の青を基調にして、夕日の色、光の輝き、背景が綺麗でした。BGMがマッチしていて良かった。バイオリンを弾くところも見所かな。音色が良くて…

Amazon:新海誠 関連作品
雲のむこう、約束の場所 オリジナル・サウンドトラック

あらすじは北海道が他国に侵略され、本土と南北分断されたという近未来か、現在のパラレルな日本の話。
ひとりの眠ったままの少女をめぐって、同級生だったふたりの少年が青年となり、助けようとする話。
はげしくセカイ系。セカイ系という意味はこちらで(はてなキーワード
個人的な認識だと、ボクと彼女がいてそれが人類の危機とリンクし、「ヒロインを救うのか、それとも世界を救うのか?」といった、どちらかを選ぶと人類が滅んだり、助かったりというオチになる。セカイ系の代表作はエヴァンゲリオンの最後の方や、「最終兵器彼女」、「イリヤの空、UFOの夏」など。投げっぱなしジャーマンになりやすいw

この作品では、ネルフ司令本部のような場所でオペレーターが「位相変換、確認!」と叫んだりとエヴァンゲリオンや、おっさんのモノローグや世界観では押井監督の影響もうかがえる。 『平行世界』『夢の世界』などSF的なキーワードがちりばめており、物語はよくわからない(ぉぃ 最後は何となく「ああ、なのかな?」と思う部分もありますが。 

細かい設定資料集や新海氏のインタビューを読めば多少は理解できるかもしれないけど、作品を観ただけではさっぱりじゃないかと思います。

いろいろ妄想して俺ストーリーとして補完するか、新海誠氏の映像美を堪能するのが吉。あと飛行機と少年っていうのはラピュタや、グランディア3でもそうでしたが、憧れとして描きやすいんだなぁと思いました。

関連:DREAM/ING111:雲のむこう、約束の場所★止まった時間が動き始める時
もっとちゃんとした感想の記事。
自分も途中の部分、眠くなってしまったw 悪い意味じゃなくて環境ムービー的な部分もあるかもしれませんね。音楽と映像が紡ぎ出す心地よいところがあって。
アニメ > その他 : comments (6) : trackbacks (1)

【コミック】スクールランブル11巻 限定版のミニDVDの内容は?

書店に行ったら、コミック『スクールランブル』11巻の限定版と通常版が置いてあったので悩んだすえ、限定版をゲット。このスクラン限定版は微妙なものが多すぎてw

表紙は通常版と変わらず。漢らしい表情だ。帯で通常版との違いがわかる(あと背表紙に限定版の文字が)
スクールランブル11巻限定版
『スクールランブルOVA 1学期補習』がチョコット観れちゃうミニDVD付き!』

限定版の前巻10巻の話はまた別の記事にするとして(1巻特別カバー表紙とパンフレットみたいなもの)、それ以前のフィギュアの出来の悪さといったら……。 今回はミニDVD付きとな!?

過去ログ:
1.コミック設定資料集『スクールランブル プライベートファイル フィギュア付き』
2.School Rumble OFFICIAL FILE〜フィギュア・ストラップは予想通りの出来〜では内容は?

帯の後ろ側 ミニDVDの内容
こちらは裏表紙の帯。
表紙の帯のチョコットという部分が非常に気になるのだけど「ええーい」買ってしまえ。 
30秒ぐらいのCM集のようなVer.違い(語る声優さんが違うとか、カットがあったり無かったりみたいな)なら嫌だなぁと思いつつレジに。。。

スクールランブルミニDVDと、まほろまさんDVDでの比較
普通のDVDとスクールランブル・ミニDVDの比較画像。

☆1発目『スクールランブルOVA 1学期補習』予告編
約3分50秒。
『スクランブル/堀江由衣 with UNSCANDAL』というTV放映していた時のOP曲をBGMとして、OVAの紹介映像です。普通に台詞付きで動いている。内容は原作コミックのマガジンスペシャルで連載していた温泉、原始時代、一条かれんとララのファーストフード店でのバイト、八雲の夢の中の問いかけ、停電のマンガ原稿ふたりの共同作業がちょっとずつ収録。

作画という面においてはOVAというよりはTVと同レベルと思います。つまりすごい良いわけでもないけど(とくに動き)、悪くもない。元々TV版もテンポというか間が命の良作でしたからね。しかし原作のそしてTVアニメ最終回の(偽)次回予告サバイバルゲーム編が無いのはなぜだ。でもマガジン本編の続きがメインに来るだろうから実際のOVAには収録されるのかな? TVシリーズ同様に期待できる出来だと思う。

☆2発目 過去のTVアニメ名場面収録。約4分10秒。

「YO! YO! YO! HEY!」とか歌う変な曲『School Rumble 4 Ever』小清水亜美、生天目仁美 堀江由衣 清水香里といったアニメの声優さん達による歌をバックに、過去のTVシリーズの名場面を振り返るミュージッククリップ。1発目のようにキャラの台詞(つまりボイス)は入ってないですね。
最初は変な曲(まだ言うか)だなぁと思うけど2,3回以上観ていると映像カットの巧さと共に「ノリノリだぜぃ!」となってくるはず!たぶん。これぐらいのセンスと作画が『アニメ/ネギま』にあったならば… ああ

コミックの価格は通常版410円で、こちらの限定版は780円(税込) まぁ損はしなかったかな。(よほど酷いものを想像していたらしい) しかしこれって普通のアニメDVD販促映像だから無料でもいいんとちゃう?(笑)

さらに帯拡大したもの
帯拡大 OVA 一学期補習
アニメ/『スクールランブルOVA 一学期補習』
価格:7140円(税込) 12月22日発売予定。
なんかやけにOVAとはいえ高いんですけど… 何分入っているのだろうか。まさか普通に1話分(約25分)ぐらいだったりして(´Д`;)ウボァ

ググって知らべてみると2話収録のようで。50分となってました。でも高い。押井守監督映画のような価格('A`)
スクールランブルOVAAmazon:【アニメDVD】スクールランブルOVA 一学期補習

関連:スクラン11巻限定版 やっぱり発売日に完売するお店も(アキバBLOG)
やはり秋葉原でも完売する店が続出。限定版は出荷量が少なかったようで。うちの近所の店は元々はいっておらず、大きな書店でも少ししか積んでいなかったからなぁ。Amazonの定価による新品も無くて、マーケットプライスがやたら高いんですが…
コミック > スクラン : comments (2) : trackbacks (0)

【テレビ】金曜ロードショーで「ハリーポッター 秘密の部屋」の感想/かなり端折っているシーンも多いけど。かわいいは正義!ハーたん

テレビ初、ノーカット版だったはず。
録画しようとしたけど結局辞めました。さらに速報の地震テロップ何度も多すぎて萎え〜。いろいろ各地で地震が。録画組も(´・ω・)カワイソス まぁ津波など人命にかかわりますしねぇ

映画に戻るとやはりこの尺でも入りきらずに、かなりカットしてダイジェストにしていましたね。何となくわかるところもあるけど、さっぱり理解できないところも。 原作の小説を読んだ方が映像見て楽しむみたいな。あとは映画で興味持って小説を読むようになると。

イイシーンもあれば、あれだけで決着?みたいなショボい展開になったり、わかりずらい説明など内容的にも映像的にも面白いのか微妙なのか判断はうーんみたいな。
 
でも車のナイトライダーぶりの自動走行。すごいドライブテクニックと大破。 さらに使役のフクロウも味があってよかった。巨大モンスターとの戦いもPS2「ワンダと巨像」みたいで良かったですよ。簡単にやられてしまいましたがw ラスボスに至っては…。

前作の賢者の石でもそうでしたが、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)は可愛い。全然しらずに最初に劇場で「ハリポタ賢者の石」観てで可愛いなぁと衝撃。メインの見所かとw いまは成長しちゃったかなぁ?よく見ていないです。過去の想い出は大切に(ぉ 
「秘密の部屋」でも可愛いし、最初の方だけ大活躍してまして魔法のチカラはかなりスゴイ。途中から離脱して活躍の場が少ないのが悲しい。魔法先生ネギま!からエヴァちゃんをインスパイしただけのことはある(逆!逆!)

でも原作のネコミミ少女ハーたんを、外人が作ると化けネコかネコ人間は萎えた。かわいくしろよーw

中世ヨーロッパファンタジーの雰囲気もいい。マンドラゴラ…人面の植物で引っこ抜くと悲鳴をあげて聞いた人間は発狂して死ぬ伝説の植物、妖精(コボルト?)、バシリスクというモンスター、幽霊など雰囲気もいいですねぇ。伝説の剣みたいなのとか。 

映画より原作の小説がオススメ。でも日本語訳のはハードカバーだけで高いので、洋書で自己翻訳していつか読んでみたい。二冊組とか何か日本の出版社の儲けるというか、絞れるだけ消費者から絞るみたいな商売に反逆だ! しかし英語はさっぱり点は悪かったし、まったく自信ないけどw

廉価版の日本語訳キボンヌ しかし書店に対して買い切り商品で返品不可、多くの書店で山積みの不良在庫状態だから出ないだろうなぁ(´・ω・`) あとはブックオフの半額か

Amazon:ハリーポッター関連
小説 > その他 : comments (6) : trackbacks (0)

【コミック】『デスノート』9巻 単純な読み方しかしていないけど好き

デスノート最新刊9巻キタァー(ネタバレなし。たぶん)
デスノート新刊
Amazon:【コミック】DEATH NOTE関連
単行本で一気に読む方なので楽しみ。(とはいえジャンプでついつい毎回チェックしてしまう)

実のところ、複雑な部分は省略して前巻でも「わーい ロケットとんでる!」「持っているおもちゃが味がある」など単純な所で楽しんでいる自分なのである。

ノートの所持者システムとか難しすぎるわいw わけわかめ。だがそれがいい! 

シンプルな展開も好きだから第三部(いま勝手につけた)で、初期の頃と比べると不満だと感じている読者もいるようだけど、個人的には面白い。最初から現在連載中までの設定や推理的要素、互いの騙し合いの内容をイマイチ理解してないけどw

第一部 キラとLの対決編
第二部 キラとLの友情パワーで悪徳企業を調査せよ
第三部 あれから4年後(現在の連載中)

まだ最初の方のページですが「松田さん予想」に思わず笑ってしまった。完全に見透かされている単純さが潤いです。

不満があるとすれば、ジャンプで『タカヤ』がデスノより上の掲載順にあることですよw 序盤からすでに天下一武道会。 過去の名作「キン肉マン」のキン肉ドライバー(必殺技)やバキからのインスパイアだったり、「バキバキ」という効果音と共に微妙すぎる作画の格闘マンガ(・ω・) 内容も格闘理論もアレだ!
だけどパッと簡単に読めるので、ついつい一緒に読んでしまうw 読み切りで話題になった「あててんのよ」のノリは一体どこに( ^ω^)ブーン

Amazon:タカヤ-閃武学園激闘伝 (1) 坂本 裕次郎 (著) ジャンプコミックス
いちおう参考として載せましたが、カスタマーレビューのようにどれも酷い評価なので「買って騙されたー」は無しにしてくださいw
コミック > デスノート : comments (4) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other