<< 2006/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【コミック】ハルヒの憂鬱 最新刊と黒歴史になったコミック版との違いはテンポの差にある

新刊「ハルヒの憂鬱」1巻のコミック版が発売されました。(原作は小説。現在TVアニメ放映中)

この前にコミック版はあった事はあったのですが黒歴史化しました。自分との出会いは雑誌で最終回になったところを読んだのがきっかけでした。それは孤島の密室殺人事件が起こって次に続くのかなぁ?と思ったら打ち切りでしたw(コミック1巻には収録されず)

涼宮ハルヒの憂鬱 (1) みずの まこと (著) 角川コミックス・エース
涼宮ハルヒの憂鬱 (1) みずの まこと (著) 角川コミックス・エース
これがその問題作だ!<黒歴史化

新しくコミック化されたものと、打ち切られたものの違いはと言えば絵の荒さ? 表紙は悪いけど、中身はそれほど酷すぎるものでも無かった感じもしました。まぁ確かに新しい方が原作の「いとう のいぢ」絵により違い形ではあります。コマ割りの部分も大きいかな。 では何が一番打ち切りという評判の悪さに繋がったかというと話が速すぎた点にあると思います。1巻で原作の小説の2巻分(1巻の終盤や2巻の自主映画制作話、3話の中盤以降は流石に収録されていない)を一気に消化するダイジェスト版になっていたからじゃないかと。コミックのあとがきで原作者のコメントに、「テンポが速くてびっくりしました」みたいな事まで書かれていましたし(・∀・)

結局のところ、ハルヒの憂鬱という小説そのものは、そんなに今までなかった画期的なストーリーというわけでなく、けっこう登場人物のちょっとした挙動、感情の変化や、キョン君という主役の一人称からみた描写など、細かい部分で丁寧かつ工夫された風変わりな青春モノだと思っております。その機敏な部分を抜かして原作をより速く消化しようとした前作のコミックはものの見事に失敗してしまったんじゃないかと。 

めったに笑わないヒロインの「ハルヒ」の笑顔や、ひっぱり回されるキョンくんの溜息かつ非日常を実は楽しんでいるんじゃないかという空気が伝わることなく、読者はテンポが速すぎてついていけなかった…そんなところが打ち切られた点だと想像します。一方で今回の仕切り直しになった最新刊は原作の1巻の中盤までの描写についやされ、丁寧に仕上げているところが大きな違いと思います。

次の回はこの最新のコミックの紹介をします。
涼宮ハルヒの憂鬱 (1)カドカワコミックスAエース
涼宮ハルヒの憂鬱 (1)/ツガノ ガク (著),カドカワコミックスAエース
コミック > その他 : comments (6) : trackbacks (1)

ニンテンドーDSが戻ってきた/WiFi USB用コネクタの接続にはセキュリティーソフトの導入によって影響あり

修理品が戻ってきたー
過去ログ:ニンテンドーDSライトの液晶ドット欠けがどうしても気になって任天堂サービスセンターにいってみた
綺麗になっている。嬉しい。さて久しぶりにDSのゲームができる( ´∀`)σ
ニンテンドーDS

WiFi USB用コネクタの接続もやってみるべ。
OSがWINDOWS XPで、USBコネクタにニンテンドウWifiコネクタを差すと、通信対戦ができるのだ!

しかし初めは接続できず。いろいろパソコンをいじってみてやっと接続できるようになった。セキュリティーソフトによって不可になったり、可能になったりする模様。

パソコンの環境によって違うかもしれないので、人によっては出来たり出来なかったりすると思うけどメモ程度で自分の実証結果を公開。(つまりパソコンの状況によって参考にならない可能性もあります)

・ノートンインターネットセキュリティー…許可にすればOK
・ファイアーウォールソフト Zone Labs社のZone Alarm インストールすると接続できず。常駐無効にしても駄目。
・Kerio Personal Firewall…ファイアーウォール有効にすると接続できず。無効にするとOK(その場合、XPについてくるファイアーウォールをONした方が安全。気休め程度かもしれないが)

・アンチウイルスソフト「AVG Free Edition」…問題なし
・アンチウイルスソフト「avast! 4 Home Edition」…インストールすると接続できず。常駐オフにしても駄目。

つまりノートンインターネットセキュリティー or Kerio Personal Firewall(ファイアーウォールOFF)+ AVG Free Edition(アンチウィルスソフト)の組み合わせなら、WiFi USB用コネクタが接続できて、対戦することが可能になる環境になりました。

マリオカートやブリーチDSで対戦するぞ(・∀・)
しかし負けてばかり、なぜだーーーー!

Amazon:【通信用コネクタ】ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
【DS】BLEACH DS 蒼天に駆ける運命/トレジャー
【DS】BLEACH DS 蒼天に駆ける運命/トレジャー
CPUとの戦いも良いけど、対人格闘ゲーとしてさらに面白いっす。必殺技もバンバンでるし。
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (0) : trackbacks (0)

ヘビーライトノベル(キモい文学誌)ファントム創刊/やっぱり濃い本でした

過去記事:ライトヘビーノベル誌「ファントム」でコラム「おさわりライトノベルが読んでみたい!の巻」書きました

ライトヘビーノベル誌「ファントム」が本日、全国の書店で発売されました。私もコラムを書いているのでぜひ読んでいただけると嬉しいです(宣伝)
キモイ文学誌 ファントム
Amazon:ファントム/二見書房
ISBNコード:4-576-06017-1

書店巡りしたのですが1,2冊差しでしたね。自分のところでは(・ω・) 外観も重く固い雑誌でした。凶器になるくらい。自衛のためにもぜひ家庭に1冊。

見本誌を2,3日前にいただいたので読んでいたのですが、良い意味で非常に濃い〜ですw オタク系のコラムや、テーマというか雰囲気がちょっとヘビー(つまり重い)ライトノベルが掲載されています。最初はキモイ文学って呼ばれていたそうですが、まさしくその通りでした(・∀・) 男汁でいっぱいな野郎の叫びというか想いで、はちきれんばかりの本だと思いました。

コラムはほぼ全部読みましたけど、真面目でライトな話題で読みやすく面白かったです。おっぱいのカップ論やら女性キャラはツンデレだけじゃない…ネガティブ属性とはなにか?と属性を極める道を説いたり、少年漫画はもてない男の王国であると主張する論や、サル漫でおなじみの編集家 竹熊健太郎氏のモテるとは何か?等いろいろありました。

しっとさんの百合マンガがあったり、R.O.D TVを全話アニメ会がだべる企画や、「NHKでようこそ」でおなじみ滝本竜彦氏のヨガをやることにより小説の愛を取り戻す!インタビューとか(小説書けない病っぽい)、おまけに滝本氏の彼女さんエッセイもあったりと。 他にも、みさくらなんこつさんインタビューなどでお腹いっぱい。

メインとなる小説は、電波男のノベル版ともいえる女性だけが地上に、男性(それもキモメン)は地下で妄想カプセルに入って生活する近未来から、現代へ人類の存亡をかけて2人の戦士がやってきた!なんて因果を描いたものや、オタク狩りにやられた少年がアキバの武器屋で「ひのきの棒」で武装してオタク狩り狩りを行うというノベルなどもあります。方向性はキモさや哀れさを感じたりと「深いなぁ〜 男と女の溝は… キモメンとは業なり」と考えずにはいられません。

横になって読みながら、「つくづく濃いな〜この本」と思いながら読んでいますw  良かったら手にとって、私の逆転裁判のキャラの魅力とタッチパネルでこんなライトノベルが読みたい!という妄想話コラムも読んでいただけるとありがたい。

まだこれだけでも半分しか読んでないので、続きの感想も書くかもしれません。それぐらい何かドロドロとしたもの(笑)が詰まってる。そんなヘビーライトノベル誌です。
小説 > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

ゲームバラエティーマガジン「コンティニュー」を読む /エヴァ&エウレカセブン特集号

ゲーム批評がライトユーザー向けに変更と、CONTINUEの芸能人、アニメバラエティーマガジン化が著しい件
この過去記事で書いたゲーム誌continue: 第27号が発売されていました。

読んでみて、ホントGAME雑誌から超高速で離れていっているなぁとw クイックジャパンのライト版みたいな。オシャレ雑誌というべきか。

エウレカセブン特集は1話から最終話までのあらすじと解説。 (廃刊になった雑誌「アニメ批評」みたい)
エヴァンゲリオンは、ゲームとしては鋼鉄のガールフレンドのコラムや、PS2のエヴァ2についてのコラムがちょっとあり、あとはエヴァの意義みたいのを薄く書いてありました。デザインで誤魔化している感じ(ぉぃ

(関係ないけどPSPのエヴァ2はユーザーからの改善要求のハガキを組み込んで新しく作り直したとあるけど、今月号のファミ通のレビューだとシナリオを沿うだけとか、間違えるとすぐゲームオーバーとか、かなりショボンヌな出来だったと読めるのですが……。これには絶望した! エヴァゲーは微妙ゲーの伝説がまたしても)

あんまり濃くなくて(数点のコラム以外は)面白くなかったなぁ<ぶっちゃけ 。あとは糸井さんのMOTHORインタビューぐらいか。
このままだとゲーム・オブ・ジ・イヤー特集ぐらいしかコンティニューはめぼしいものがなくなりそう・・・

関連)
ゲーム雑誌 - Wikipedia
ゲームバラエティーマガジンなのか、コンティニューは個別の項目ないよ! しかしいろいろな事が書いてありますな。ゲーム誌の歴史。足りないのもあるけど。
家庭用ゲーム > その他 : comments (2) : trackbacks (0)

今週のサンデーのあいこらが神がかっていた件について

今週号の週刊少年サンデーに、赤と青の3D眼鏡がついてくると聞いて、どんな漫画を描くかと思ったら、フェチズムの王道「あいこら」井上和郎センセーはやってくれました。さすが変態漫画家(ほめ言葉)。そこに痺れる憧れるぅー あまりのバカバカしさに笑った。全裸って。どれだけ券を発行しているんだろw こんなバカな企画を持ってきたサンデー編集部にしびれました。

今週号だけは読むべし。買うべし<オススメ
(マガジンの絶望先生の夢オチの世界も面白かった)

Amazon:【コミック】あいこら (3) 井上 和郎 (著) 少年サンデーコミックス
コミック > その他 : comments (3) : trackbacks (0)

【今週のジャンプ】デスノートとタカヤが終焉の一歩手前?/タカヤのアマゾンレビューが酷いことになっている件

デスノートはいよいよクライマックス。この勢いで第三部にいくのでしょうか。(映画化も控えているのを考えると、その可能性大) あの局面からライトはどう対処していくのか見物です。無惨な姿をさらすのかどうなのか。

一方で連載打ち切りが危ぶまれていて、掲載順も下から数えた方が早い「タカヤ−夜明けの炎刃王−」も佳境(打ち切り)にはいりそうで終わりそうもないダラダラとした展開(ぉぃ

読み切りラブ米「あててんのよ!」の台詞でジャンプ金杯を獲得した『タカヤ』→連載開始 格闘バトル漫画「超おもしれえっ」の迷台詞→いきなりの異世界ファンタジーへ路線変更「馬人間登場!」

コロコロと展開が唐突に変わるのがある意味面白い。

今週のジャンプの『タカヤ』またしても読んでしまったけど、ジャンプ掲載でいつも最下位に近いのも納得の出来だ( ゚ д ゚ )  ファンタジーにしてももうちょっと面白くできるだろうみたいなw 国が危機に瀕しているのに大金で衝動買いするヒロインのお姫様。しゃべる木、魔的なアイテム。どこかでみたようなインスパイア。マガジンで掲載していた『RAVE』っぽいものも。

そこでアマゾンをのぞいてみたら酷評ばかりで笑った。かわいそうな気もするけど、あの内容じゃあなぁ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
タカヤ-閃武学園激闘伝  (1)ジャンプコミックス
タカヤ-閃武学園激闘伝 (1)/坂本 裕次郎 (著) ジャンプコミックス

アマゾンレビュー「タカヤ」
本作は1巻の段階では格闘漫画を標榜しているので、本来なら格闘技の映像や書籍を参考にすべきなのですが、本作の著者が取った方法は「劣化コピー」、つまり粗悪なパクリでした。
絵が下手くそでキャラ造詣が薄っぺらなのは新人なのだから百歩譲って許すにしても、格闘技の研究を怠っているのは許せません。その上最近では格闘漫画であることをやめてファンタジー路線に変わりました。
こんなテコ入れ初めて見ました。
担当編集者は何をしているのだ。
早く引導を渡してやって下さい。

ヒロインの可愛さが支持されて連載を勝ち取った漫画だが何を血迷ったのか格闘部分をメインに押し出した形となった。
一部信者が渚萌えをメインとしたラブコメ路線の変更を期待して単行本をバカ買いする以外にこれと言った話題性もなく、ジャンプ志望作家に有力候補がいないと言う理由だけで連載を続けている漫画。

絵は平べったく、漫画構成能力が絶望的に下手糞で特に格闘漫画なのに迫力ある空間を描けていないのが漫画として致命的。

色んなサイトで「あててんのよ」が絶賛され、人気があるようだったので買ってみたらこれがただのヘボ漫画。
星1つもあげるほどの漫画ではないです。
学園行事も全く無くただバトルをするだけ。しかも敵の倒し方や主人公の決め台詞が寒すぎます。
そして無駄にツンデレするヒロインがうっとおしいです。
こんな本に410円も出してしまった3日前の自分を呪い殺しに行きたい気持ちでいっぱいです。

というか可笑しいです。展開が……
本誌では1年生の格闘トーナメント終わり、次は『他校か2・3年生が出てくるだろう』と予想をしていたら、全く想像すら不可能な格闘技(なのか?)からファンタジー(!!)への路線変更という神展開を見せてくれました。そういう意味で今一番期待している漫画です。
あと、内容のほうは期待しない方がいいです。
赤マルの2006年WINTERなんか、幼児でもやらない幼稚なやり取りの四コマをしていますから。

この作者はかわいい女の子はかけるのにその使い方を間違っている。
ラブコメかとおもいきやバトルものになり主人公が雑魚だったはずなのにいきなり強くなり性格も戦うのが嫌いだったのに殴られて超面白れえとかほざきだす。戦いもどこかで見たような技ばかりだしおもしろみのかけらもない。
さらに武道会みたいなやつがおわったとたんいきなり前の設定なくしていきなり異世界へ飛ぶとは・・・タイトル変わるは1話からやり直しだわなにがしたいのでしょうか?

この漫画の魅力はキャラクターにあると思います。中でも私は「まなみ」が好きです。 たいていの試合にはまなみが改造した人造人間の”うんこ”が現れ、森屋に襲いかかります。改造した張本人のまなみは改造した理由は特に語らずに仕方が無かったのよ!と泣き崩れます。そんなまなみの心境を汲み、タカヤは心を無くしたロボットに無謀にも向かっていくのです。 まなみの建築技術にも驚かされますが、常に改造され続けるうんこも面白い。こういうドタバタコメディは最近の漫画では珍しくなりました。

ジャンプも新人の発掘が困難になっているのかな(・ω・)
単体でもあれですが、連続して読むといっそうの展開のとんでもなさに面白みを感じるかもしれません。

関連記事)
タカヤが遺してくれたもの(ぷらずまだっしゅ!)
同じジャンプの連載「太臓もて王サーガ」における「タカヤ」のパロディが登場。(タカヤで唐突に現代から異世界に移転して馬人間に出会った衝撃のシーンのインスパイア)
これだけでもタカヤの存在した意味があったのかもしれません。
コミック > その他 : comments (7) : trackbacks (0)

新聞にハルヒの憂鬱or黄色はいらない子(花梨@Toheart2)関連っぽいオカルト記事が掲載

新聞(夕刊)のコラムを読んでいたら吹いた
黄色いいらない子関連記事(小)
「空飛ぶ円盤」(UFO)を見た、という話はめっきり耳にしなくなったが、私が中高生の頃はよく話題になった。高校のキャンプファイアーの出し物では、友達と一緒にクラスをけしかけ、全員で輪になって手をつなぎ「ベントラベントラ…」と怪しい呪文を唱えてUFOを呼ぶ儀式を行った。
黄色はいらない子(花梨ちゃん@Toheart2)のことかー!

東京新聞or中日新聞の夕刊(4/18)にて(画像クリックで拡大)面白い内容だったので続きを読みたい人は図書館でどうぞ。 著者のいろいろな修行体験を交えながら、環境・社会の不安がこういったオカルトブームを呼んでいたという総括でした。

昔からオカルトブームありましたね。世紀末伝説とか。「1999年7の月、天から恐怖の大王が降ってくる。」「人類は滅びるんだよ!@ノストラダムス」「な、なんだってー!」「MMR団の出動だ!」という流れ。

自分はというとオカルト類はまったく信じていなくて、小説でファンタジーやオカルト類の物語を読むのは好きですが、現実では冷めた見方をしていたなぁ。あの頃は「川口浩探検隊」TV番組があって地底人がいた!とか、アフリカ大陸の奥地にいったら猿人が住んでいるとか、つちのこを探すとかアドベンチャーしている番組もありました。「そんなのあるかいなー」と疑問を持ちながらもワクテカしながら観てた。 ちょい前には、せがた三四郎も似たような番組やっていましたね。何もかもが懐かしい

最近のオカルトに関係した物語は、ひぐらしのなく頃に、ハルヒシリーズ(ハルヒの憂鬱etc.)ですね。このふたつに今はまっております。(`・ω・´) シャキーン

Amazon:
涼宮ハルヒ関連
ひぐらしのなく頃に 関連
PCゲーム > Leaf : comments (0) : trackbacks (0)

【家庭用ゲーム】ひぐらしのなく頃に 移植版の絵は怪盗ルソーのイラストレーターさん

ニンテンドーDSの怪盗ルソーのキャラデザインの方が、同人PCゲーム『ひぐらしのなく頃に』の家庭用移植版の絵を担当する模様。そうなると原作者の竜騎士07さんの絵ではなく、アニメ、漫画ともに違うことになりますね。

修正&追加:公開されました。「アルケ祭2006」で『ひぐらしのなく頃に』コンシューマ版の続報! (電撃オンライン)

2ch:Alchemist(アルケミスト)総合スレ9
865 :名無しくん、、、好きです。。。:2006/04/16(日) 18:15:57 ID:Gbez5Zkf
ひぐらしステージ
1話上映後、トーク
中原麻衣と龍騎士07登場
ぜろななって読むの初めて知ったw

コンシューマ版についての話で
プロデューサーの中川さんがレナコスプレで登場(笑)
やりすぎ

コンシューマ版情報
ひぐらしのなく頃に祭(仮)
機種未定

キャラ絵一新 ラットさん?DSの怪盗ルソーの人だとか
新要素として選択肢が登場
ここで07氏がちらっとプレステの名前をw
実際はどうなんだか
キャストはアニメ準拠
発売時期は今年中
原作は夏コミで完結だそうな

ちなみに怪盗ルソーのratoさん個人サイトは
ap apricot pie
おお、なんとなくイメージがわいてきた(`・ω・´)シャキーン 原作者の竜騎士07さんの絵と似てきた人を探してきたんだろうなぁ。

ニンテンドーDS 怪盗ルソー 関連。
こちらでも絵があります。
セーヌちゃんも怪盗になっちゃう!? 『怪盗ルソー』
ひぐらしとルソー比較画面
左がひぐらしの沙都子、右がルソーのセーヌちゃん
北条沙都子、沙都子じゃないか!
髪の毛とヘアバンド、瞳を同じ色にしてみれば…(妄想)

怪盗ルソー公式サイト キャラ絵

いまからイメージトレーニングします(・ω・)

家庭用はどこまで収録されて(解がはいるのか、はいらないのか)、いつ発売になるのか気になります。選択肢もあるってことは何か分岐でもするんだろうか…

Amazon:
【NDS】怪盗ルソー(購入者特典オリジナルポーチ&シール付き)/ナムコ
ひぐらしのなく頃に 関連商品
家庭用ゲーム > ノベルゲー : comments (2) : trackbacks (0)

ニンテンドーDSライトの液晶ドット欠けがどうしても気になって任天堂サービスセンターにいってみた

せっかく手にいれたDSライトでしたが、液晶のドット欠けが2箇所あり、ひとつはまぁ気にならない程度でしたが、ひとつはどうしても目立ってしまう。下部のタッチパネル部分で画面全体が明るい色なら良いけどブラックアウトの画面になると。明けの金星、北極星というか死兆星が見える('A`) 気になって気になって仕方がない。

ニンテンドーDSライト アイスブルー

なので任天堂サービスセンターに電話。 
受付の方によると、いま修理に出てしまう事と工場の激しい稼働状況で時間がかかるとのこと。とりあえず交換の相談と状況を観てもらうために任天堂サービスセンターにいこうと決断。

到着すると係の方が登場。その場で丁寧な説明を(どうしても液晶にはドット欠けができる現象があることや、小さい画面だと目立つこと)担当の方から色々とレクチャーを受けて、では「修理させていただきます。また無料ですから」とこちらが言い出す前に修理の申し出をしていただきました。(2〜3週間かかるけど)

いま修理に出さずにゴールデンウィーク明けまで遊んで、その後に修理に出す提案をしてもらいました。(それだとすぐ渡せる状態なるとの事) でもあとから郵送したり、来訪するのもメンドイので、その場で渡しました。

また自分で液晶画面に保護シールを貼っていたのですが、保護シールをはるときに空気がはいると圧力がかかるたびに押されるから次第にタッチパネルが反応しなくなる恐れがあり、真空に近い状態で貼らなければならないなど、いろいろアドバイスいただきました。(自分の貼り方、汚かったorz )

任天堂はやっぱりサービスはいいなぁと。
どこぞの「仕様です!」じゃないな クター

どうせなら新しいやつと交換して欲しかったけど(笑)、どうやら無いらしい。 あと話からニンテンドーDSライトはゴールデンウィーク明けから大量に出回るとみた。

結局2〜3週間で戻ってくるらしいです<うちのライト

この話はたまたま運が良かったという事だけともいえますので必ずしもドット欠けが不具合じゃないような風にマニュアルには記載されていることも付け加えておきます。

Amazon:ニンテンドーDS
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (13) : trackbacks (0)

【PC】ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編/遊んでみる その1

全国的に4〜5月にかけて、「ひぐらしのなく頃に」のTVアニメシリーズがはじまるので、ここで「ひぐらしのなく頃に/鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編 暇潰し編」を再度やるべ(2回目のプレイ) もうすっかり忘れてしまっている。
ひぐらし 鬼隠し編
『ひぐらしのなく頃に』
 鬼隠し編(2002年夏・コミックマーケット62発表/体験版として公式サイトで公開中)
 綿流し編(2002年冬・コミックマーケット63発表)
 祟殺し編(2003年夏・コミックマーケット64発表)
 暇潰し編(2004年夏・コミックマーケット66発表)

『ひぐらしのなく頃に解』
 目明し編(2004年冬・コミックマーケット67発表)
 罪滅し編(2005年夏・コミックマーケット68発表)
 皆殺し編(2005年冬・コミックマーケット69発表)

一般同人ゲームなので、発売しているお店は、とらのあなやゲーマーズ、メロンブックス等の同人ショップがメインです。

1回目にクリアしたときの『ひぐらしのなく頃に』の全体的な感想はこちら。
過去ログ:【PC同人ゲーム】ひぐらしのなく頃に やってみました

☆鬼隠し編

「ひぐらしのなく頃に」は圭一を主人公としたものであり、サスペンスホラーにミステリー風味をかけたものである。
この編は最初がけっこう日常が長くてだらだらしているんだよなぁ〜w 平和すぎる。それが終盤とのギャップがくるわけですが。

2回目となると絵にもなれて(最初なんじゃこりゃと思ったw)、日常的な生活(部活での遊び)も何か楽しいぜ!
続く。

Amazon:ひぐらしのなく頃に 関連商品
PCゲーム > ひぐらし : comments (2) : trackbacks (0)

【PC】Fate/hollow ataraxia:達成率100%/キャラの掛け合い、ショートストーリーが楽しい

楽しいお祭りファンディスクでしたよ。メインのバゼット・フラガ・マクレミッツ編の感想はこちら(過去ログ)

前回の達成率96%のまま時間が過ぎ、エロいのも全然みてないぞ〜うりゃあと思ったらあんな所に隠されていたとは…。タイトル画面にヒントというか。街中まわってもNEW!と新しいのは出てこないし、ミニゲームをクリアすれば出るのかとそればかりやってましたw 月蝕かー!(ヒント:英訳) 凛はエロエロよ〜

Fate hollow
65時間程で達成。楽しい4日間は長かった。ボリュームたっぷり。

Fate stay nightで登場したキャラ達の掛け合いやショートストーリーが楽しかったです。最初のうちは桜関連が多いなーと思えば、途中から最後までライダーとキャスターの多いこと多いこと。意外な魅力が十分に出ていました。あんな性格だとはw 本好きなお姉さんと若奥様。

セイバーや凛、イリヤは主人公の屋敷でドタバタと楽しげな風景がメインで、単独なのは上のふたりよりは明らかに少なかったような。本編のFate stay nightで活躍したのがあるのでしょうけど。セイバーなんて腹ぺこキャラとしか思えてこないしw あと野郎どもは槍使いのランサーがイイ味だしてました。釣りとかナンパで活躍! 学園の女子生徒3人組もちゃんと出番がありましたのでうれしい。

あとは英雄や反英雄たちの昔話も興味深かった。あんな過去があったとは! 有名な伝説のアレンジバージョンなんでしょうが、いままで読んだことも無かったもんで。

Amazon:
【PC18禁】 Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM) TYPE MOON
【PC18禁】Fate/Stay night DVD版/TYPE MOON
PCゲーム > TYPE-MOON : comments (2) : trackbacks (0)

ライトヘビーノベル誌「ファントム」でコラム「おさわりライトノベルが読んでみたい!の巻」書きました

二見書房から創刊されるライトヘビーノベル誌(初めて聞くネーミングw)「ファントム」に、私ういろうがコラムを書きました。実際に並ぶのは都内の大型書店で4月21日(金)の夕方あたり。一般的には4月22日(土)には並んでいる予定だそうです。

追加記事:ヘビーライトノベル(キモい文学誌)ファントム創刊/やっぱり濃い本でした

二見書房Web内の紹介(?)ページ
Amazon:ファントム/二見書房

はじめての商業誌だったので、書く前は内容はどうしたもんかなー?と少し悩みいろいろ案をねり、編集者さんとの何十回とのメールのやりとりで方向付けが決まっていき最終的にテキストが完成するまでを楽しみ、やっと発売されるということでわくわく。

ファントム表紙。けっこう有名な方々ばかりで驚き。
ファントム表紙
<五十音順、敬称略>
赤電車/あかほりさとる/アニメ会/伊藤ベン/ういろう/大塚ひかり/小野敏洋/鏡裕之/かーず/神野オキナ/木之本みけ/黒石翁/倉田英之/KEI/サガノヘルマー/左折/サンキュータツオ/しかげなぎ/しっと/将吉/砂浦俊一/滝本竜彦/竹熊健太郎/玉置勉強/とりしも/名瀬さおり/西E田/にょにょにょ/蓮海もぐら/羽仁倉雲/火浦R/平坂読/堀越英美/本田透/みさくらなんこつ/みやも/ヤス/安田理央/柳下毅一郎/山本弘/YU−SHOW/吉井ダン/米光一成

自分のタイトルは「うぱーのオススメもの」
サブタイトルは編集の方から「おさわり」というのをぜひ入れて欲しいとの依頼で「おさわりライトノベルが読んでみたい!の巻」となっています。

簡単に説明すると、ニンテンドーDSの逆転裁判DSのキャラの紹介、魅力をはじめ、そこからタッチパネルの活用法を提言というか妄想していますw 2ページなので多少、丁寧な説明文をばっさりきって、タッチパネルの妄想活用例をあげています。逆転裁判に関してはあまり深く切り込めなかったかな。文字数制限との戦いです(`・ω・´)シャキーン
まぁあまりくどすぎても読者に読んでもらえませんですし。

ブログを読んでいただいた編集の方から依頼の連絡がきて、自由に書いてよい方向だったので、「これはどうでしょうか?」 編集「それですともうちょっと文体をはじけた方が… これですとインパクトや掴みが弱いかも」とアドバイスをいただいて、5,6以上のネタが没になったり、コラムに採用されたりと、相談しながら作りあげていくのがブログと違って面白かったです。

ネギま同人誌は字数の制限だけ、ブログはホントに思った事を書くだけ(なかなか更新が毎日のようには出来ませんが)だったので面白い反面、少しだけ苦労もしました。泣く泣くいろいろなネタを没にしたり、文章をぎりぎり削ったりと四苦八苦?

もしよければ手に取って読んでみてくださいませ。他の執筆陣の内容はさっぱり知らないのですが、きっと自分より面白いノベル、コラム、コミック、イラストだと思いますし。

表紙のコラム/エッセイの表記で、50音順なのであかほりさとるさんの下で笑った<笑うのかい!巨匠というか過去の作品で散々騙され…いや作品を大量にメディアミックス化して内容がアレだ…(サクラ大戦や、かしましは除く) 運命とは恐ろしい(おおげさ)
書籍 : comments (4) : trackbacks (0)

劇場版クラナドも東映で出崎監督のようで

えー またKEYのノベルゲー「クラナド」が映画になって、その監督が出崎監督ですと! 劇場版Airに続き再び。あの独特な演出や脚本が見られるのか。まったくのオリジナルになりそうな予感。
■劇場版「CLANNAD -クラナド-」2007年夏公開予定。
> 監督:出統
> アニメーション制作:東映アニメーション
MOON PHASE 雑記
さすがに90分や2時間以内で、あの膨大なシナリオを消化するにはそのままは無理だろうけど、原作をちょっとはやってみてから構想を練って欲しいところw

過去ログ;
劇場版AIR 感想リンク集

劇場版AIRの感想

上のリンク先を読んでみても分かるように、何度も脚本を書き直させ原作とは別物になっていて、また光るゲロやら盛りあがるシーンは劇画調の一枚絵になったり、何回もパーンしたり、あしたのジョーばりの演出が、感動作をお笑いモードにしてしまう恐怖w
また制作費も少なめにされて、動かない絵や透過光ばかりで白っぽい映像は堪忍なー

Amazon:クラナド関連商品
アニメ > Air : comments (7) : trackbacks (0)

江戸の大奥をシミュレーションする『大奥記』を作るグローバル・A・エンタテインメント

『大奥記』男子禁制の場で行われる女たちの骨肉の争い!(ファミ通)

過去の【GBA】南の海のオデッセイ/前半:テキスト系アドベンチャー、【GBA】南の海のオデッセイ/後半:しょんぼり手抜きアドベンチャー

あのグローバル・A・エンタテインメントが江戸のお殿様の側近の女性、女中、側室や奥方になって上にのしあがる大奥を舞台にした大奥紀を制作すると発表。

着物の糸縫いなど地味な仕事から、将軍の寵愛を受けるまでのシミュレーションをつくるというアレな内容のゲームを発表。女性間のドロドロ感を作って遊ぶのか。
視点がひと味違うというか、メインターゲットはどこなのか謎ですが注目です( ^ω^)
あの南の海のオデッセイで稼いだ資金もこちらに投入されるかと思うと感慨深いですよw ネタにはしったショボゲーになるか意外と楽しめるものに仕上がるのか期待です。
家庭用ゲーム > その他 : comments (2) : trackbacks (0)

ゲーム批評がライトユーザー向けに変更と、CONTINUEの芸能人、アニメバラエティーマガジン化が著しい件

書店で発売されていました。まだ完全なリニューアルじゃない途中経過らしいのですが、ふつーのゲーム雑誌っぽくライト層にも対応した内容となっていました。企画もNDSソフト特集だったり、初期のFFスクウェア批判の頃とは考えられないくらいな大幅な転回。

ゲームレビューが1,2ページずつきちんとあるのは守られてますね。
Amazon:ゲーム批評

一方、ライバル誌(?)コンティニューでは
【巻頭企画】『saku saku』特集、第12弾!
新MC・中村 優ちゃん、初収録現場ルポ
武内Pコラム

【第1特集】交響詩篇エウレカセブン
  全50話完全解説
  ドキュメント・エウレカセブン
  ゲームで広がる『エウレカ』の世界
  南 雅彦インタビュー

【第2特集】糸井重里ロングインタビュー
      〜ゲームとは母のような存在〜

【第3特集】エヴァンゲリオン
  『エヴァンゲリオン』火の7日間(宮昌太朗)
  『エヴァ』以後の10年、以前の10年、
  そのふたつから浮かぶ正体(氷川竜介)

Amazon:コンティニュー
当然のようにコミック、アニメ、映画で話題のハチミツとクローバーの特集もあるわけで……。
どんどんゲーム誌から離れていっているのですが、ゲーム批評は、さすがにここまでゲームを軸としたバラエティーマガジン(コンティニュー編集長談)にはならないだろうなぁ…w
ここまでやるとゲーム誌というかゲームを扱う理由はないような。やっても芸能人やタレントが遊ぶ語るゲームソフトの思い出だし。ライトユーザーに向けてこう雑誌も変化していかなくてはならない時代なのか。。。
家庭用ゲーム > その他 : comments (2) : trackbacks (0)
1/2 >>
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other