<< 2006/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【コミック】のだめカンタービレ 16巻

笑えるクラシック音楽コミックとして、はや16巻目。
日本にいるときの方が面白かったけど、海外留学してからもあいかわらずの、のだめと振り回される千秋で楽しい。

この巻はオーケストラの新規部員募集コンテストと、そのメンバーを含めた演奏者たちの猛特訓状態。地味めな展開で前巻のような派手さという面白みは少なめでしたが、この巻最後の方で特訓の成果がみられるようでなにより。

リハーサルでの指揮者である千秋の求める音楽への追求が厳しすぎて、演奏者たちとのギスギス感も日本編であったけど、こちらの人達がタフなのか、千秋もうまいコントロールができるようになったのか成長がみられました。

【コミック】のだめカンタービレ #16
Amazon:【コミック】のだめカンタービレ #16

追加)
TVでも実写版としてドラマ化されましたねぇ。
1話だけで3巻ぶん使う急展開でドタバタしていたのですが、魅力はけっこう出せていたかと。ミルヒー・ホルスタイン(フランツ・フォン・シュトレーゼマン)が竹中直人で愕然としましたが(笑) どうみても偽外人だ。めちゃインパクトあるというか、がっかりとまではいかないけど「これミルヒーじゃなくて竹中直人」としか言いようがないよなぁと思いましたw
コミック > その他 : comments (3) : trackbacks (0)

【ライトノベル】マリア様がみてる「大きな扉 小さな鍵」 ネタバレあり/祐巳視点

最近の作品のなかでは、なかなか良かったと思う。今回の新刊を読むと、次巻が気になりますなー(レイニー止めとまではいかないけど)

ここからネタバレに入ります。
小説 > マリみて : comments (4) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other