<< 2007/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【PS2】Fate/stay night[Realta Nua]/ほんの冒頭だけ。ボイスいいわ〜

Fate/stay night…それは聖杯をめぐってあらそう魔術師たちと使い魔(サーヴァント)の戦い。使い魔っていうよりは英雄のたぐいなのですが。
パソコン版からプレイステーション2に移植ということで、フルボイス化。追加シナリオはちょっとしかないようでショボーン。イリアルートないのか!? 演出面ではPC版より強化されている模様。
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)

角川書店 2007-04-19
売り上げランキング : 159
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最初からやってみて、ボイスがデフォルトでは凜の声がOFFになっていたのでONに設定。しゃべっておる!アニメと同じだからか違和感なし。しかし全部聞いているとかなり時間くいそうですな。テキストのみだと自分の制御で読めるというか。でもボイスありも、なんかいいわ〜 渋いサーヴァント達や姉さんのボイスも楽しみ。桜はかわいい声すぎてギャップが個人的に(アニメでもそうだったけど) 彼女がヒロインの話は印象がかなり変わってしまいそうだ。 

「問おう。あなたが私のマスターか。」からはじまって、幼いころの凜。そして現代に戻り、学校で学園に登校して、弓道部で親友と会話して、生徒会長とあって、衛宮士郎(えみやしろう)とちょっとだけ挨拶を交わすところまでのプロローグ。まだあるからOP見るまで数時間かかりそうだ。(たしか2時間ぐらいかかるって噂を聞いたような…)実際どうなんでしょ?

Fateは1度しか本文読んでいない。繰り返しプレーしていないので新鮮だ。凜と美綴綾子の最初のかけあい(恋人がどちらが先につくれるか)はのちのち伏線となったり、何かふれられるかと思ったら特にないのねぇ。 Fate/hollow ataraxia でもとくにフォロー無かったし。ってかすかな記憶だからふれている箇所あるかもしれないけど(^^; 士郎をみつけたから凜の勝ちってことなのかな。 

画面はパソコンでやるより、自分の環境が悪いせいか多少ぼやけるかな。それはどのノベルゲーでも同じですが。一応D端子。そうじゃないと字がつぶれてただでさえ文字数多いから大変ですよ。

しかし選択肢はいろいろあるけど基本的には読むだけだから楽できていいね。最近は複雑なRPGとか難儀になってきた。読んでいくと進んでいくノベルゲー万歳!ということで。先が楽しみですぞ。

Amazon:【ゲーム】Fate/stay night関連
家庭用ゲーム > TYPE-MOON : comments (0) : trackbacks (0)

【NDS】逆転裁判4 第4話/最終話

最後の第4話でナルホドくんまたキタァー オドロキくんの影の薄さが際だつというか、やっぱりナルホドくんだな!と思わせる回(ヒドス 新主人公にした意味が……。ナルホドくんがこれほど全面的に出てくるとは。
逆転裁判4(通常版)(特典無し)
逆転裁判4(通常版)(特典無し)
カプコン 2007-04-12
売り上げランキング : 126

おすすめ平均 star
star推理物の醍醐味
star期待が大きすぎた?
star面白かった・・・けど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この回は今までの伏線というか回収される話でもあり、とはいえ知りたい情報が抜け落ちているところもあり。出るべきところが出てこない前作キャラがいるんだと思いました。そこら辺が個人的な不満になっているのかも。ナルホドくんの性格の変化。そしてその周りの前作のキャラがなぜ助けないのかという不思議感。

4話自体はちょっとだけ現代と過去を行き来するシステムとなって、相手の隠された心のうちをさらけ出すサイコロックも登場して面白い。現代の証拠が過去にも通用するという矛盾点もあるけど。

けども最後がなぁ〜 何か爽快感がないというか… あとボリューム感がない。 逆転裁判1にあったような、まさか真犯人があれで、そして突き崩す証拠品…といった驚き、インパクトさがなかった。キャラもいままでのと比べて強烈なのが少なめだったし。

不満はいろいろあるけど、続編希望という意見が多いのもわかったという内容でした。

やはり上層部からの指示。(逆転裁判公式ブログ
会社側のヘンジは

「変えていいよ」

なんともフトコロの深い会社です、カプコン。
ただ。その際、2つ。条件を提示されました。

 ■前作までのキャラクター‥‥少なくとも成歩堂 龍一を登場させること
 ■物語の中で《●●●●●》を扱うこと

これは歪な内容というか、何か新シリーズになったという感じが少ないというか、爽快感を減らした原因になったと思いました。何か縛りが悪い方向にいってしまったという。●は裁判員制度…アメリカでいう陪審員制度ですね。マニュアルにもわざわざ説明あります。とはいえ全然使っていないのですが、肝心なところで使われた箇所が、個人的にはしょんぼり気分に。

これでは新主人公オドロキくんの話じゃなくて、ナルホドくんシリーズだという結論にw 1話やり直すとまた疑問点がいろいろと……。

Amazon:【ゲーム】逆転裁判シリーズ
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (3) : trackbacks (0)

【NDS】逆転裁判4 第3話/ガリューコンサート

ガリュー検事ひきいるコンサート会場で、ギター炎上事件や殺人まで起こって、外国の少年が逮捕。どうするオドロキくん! 大掛かりなトリックをつかったコンサートで、現代の魔術師も協力。ここら辺くるとゲームの止めどころに迷うほど集中できた。

ニンテンドーDSの機能を最大限使わんとばかりに動画が登場だぁ。何回も見せられますけど、短めだし癒し音楽なのと炎上しているのが滑稽なシーンとなって許容範囲内。

ここまで来るとオドロキくんも自立か。でもあまりナルホドくんと変わらないなぁ。ここら辺の主人公像は開発者の意図するものか。

演奏のおかしなところを指摘するという、音楽のことは苦手な自分でしたが、しらみつぶしに選んでクリア〜 裁判もオドロキくん苦戦していたようだけど、検事の助けもあってここも何とか進んだ。次がラストの4話か。

Amazon:【ゲーム】逆転裁判シリーズ
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (0) : trackbacks (0)

【NDS】逆転裁判4 第2話/オドロキくん独り立ちか?いやガリュウがいた!

逆転裁判4も2話に入りました。

ガリュー検事という2枚目のハンサムキャラも出てきて、いちおう主役であり弁護士オドロキくんにもついにライバル登場! ……と思ったら意外と良いひとでした。たまに助けてくれたり。人気バンドのギター弾きとしても活躍しているようです。エアギターとか壁を叩く仕草がポイント。リアクションはあまりなさげ。エアギターの演出と音は好きだけど、今後連呼されると長いので怠そう。

真実を知りたいのが大切なようで、何やかんやでニヒルでクールだけど憎めないっすよ。とはいえ何か前作シリーズのように火花バリバリとばして対決って感じがないですぞよ。物足りないというか。ツンツンしてない。

オドロキくんもミヌキちゃんという女の子の助手(?)を得て、裁判での戦いはもちろん探偵モードで真実を見抜く捜査をします。このミヌキちゃんが今回のヒロインか。若すぎるけど、帽子をとると結構可愛い。さらに蘇る逆転で出てきた茜ちゃんが再登場!科学捜査で足跡とったり、指紋とったりするモードきたー なんかやる気なさげで、かりんとうポリポリ食べている姿は残念。若い頃のキラキラしていた頃のキャラにカムバック。プリーズ

今回はパンツが盗まれたり、ひき逃げ事件あり、ラーメン屋の屋台が盗まれたり、殺人事件が起こったりする複合型の事件ですが、真相はいかに。なんかオカマっぽい学生さんが出てきましたぞ。化粧つけていそうな顔や小指を立てて本を読む姿はキモw ラーメン屋のオヤジは渋くてよさげなおっさんだ。

しかしオドロキくんは、検事さんやミヌキちゃんのお世話になりっぱなしで存在感が薄いような。ナルホドくんはちらっとしか出てこないけれど、こっちの方が存在感ありで、なんかオドロキくんはまだまだキャラとして味気ないなぁ〜 3話で化けるかどうか。

Amazon:【ゲーム】逆転裁判シリーズ 
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (0) : trackbacks (0)

【NDS】逆転裁判4 第1話/新主人公オドロキくんよりナルホドくんの方が目立っているのはどうなんでしょ

裁判を舞台とするこのゲームも、主人公がナルホドくんから新主人公のオドロキくんに変わりました。1〜4話まで収録。

さて第1話をやってみましたが、面白いですねぇ。矛盾した発言へのツッコミ、証拠品をつきつける。懐かしの逆転裁判の新作がやれる喜び。

しかしオドロキ君の影うすいというか、前の主人公のナルホドくんの方がやさぐれて嫌なやつとなった方がインパクトありましたw この変わりっぷりはどうよ? 今後明らかにされていくのかなぁ? 7年の月日は残酷なものよ。前のヒロインのマヨイちゃんとか親友でライバルでもある御剣検事はどうなる? いまは前作キャラであるナルホドくんの方が自己主張激しいというか、すべての真相は知っているのだけどフフフみたく新しい主人公が食われちゃってます。 ちまたの噂でメーカーの上層部から開発部へ「ナルホドくん」は登場させることと指示きたというが、こちらがメインぽくになっちゃってますよ。オドロキくんはナルホドくんのコマというか手のひらの上で踊っている感じ。

新システムの「みぬく」は相手の癖を見抜いて、真相に近づくシステム。これが生かせていけるのか? またオドロキくん=プレイヤーはどう使いこなせるのであろうか。以前の相手の闇の心の鍵を解くサイコロックの方が好きなんだけど…

1話は物語的には面白いし、トリックも単純かつ意外性があって良かったと思います。動機はこの時点では謎で、犯人と被害者の接点がよくわからないのですが。これは今後の話で出てくるのかな?

Amazon:【ゲーム】逆転裁判シリーズ
家庭用ゲーム > 携帯 : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other