<< 2008/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【アニメ感想】劇場版 空の境界  第一章「俯瞰風景」 /式&橙子さんカッコイイ

空の境界を劇場で観てきた。冒頭のufoテーブルお得意のクレイアニメで、携帯の電源は切ってください…は工夫があってらしかったわw 
立派な設備で映像・音響面が充実していてかなり良い印象を持ちました。それだけのものを持っているフィルム。背景が綺麗。崩れかけたビル群、主人公の式の寂れた部屋、橙子さんの事務所、信号機、空の風景… エヴァの新劇場版を彷彿とさせる背景の綺麗さ。着物は簡略化されてるかな。アクションさせやすくさせるためか。作画は静と動のエクスタシーだな。説明しているときは動かざること山の如しなんだけどカットが切り替わったり、じっくり背景がみれて良し。動くときはウニョウニョ動いてメリハリが効いていて良い。

音響面がまた素晴らしい。BGMは雰囲気にばっちしだし効果音が良い。式の着物を着るときの布ずれの音とかも細かい。声も素晴らしいセレクトでこれまた良かった。キャスト: 両儀式(声・坂本真綾) 黒桐幹也(声・鈴村健一) 蒼崎橙子(声・本田貴子) 式もいいけど、橙子さんはクールでかっこよかったなぁ。

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】

ストーリーはいたってシンプル。ただし橙子さんが状況をしゃべりまくるので、細かい部分は理解できないことが多い。全部やっていると説明口調だらけになるので、原作のところの台詞や説明をうまく削って、オリジナルのシーンをいれている。よって原作を読まなくてもわかるが、細かいところは橙子さんの語りで終わってしまうのでわからないかもしれない。「浮遊と飛行の違い」とか説明をただ聞いてもちんぷんかんぷんだろうとw ただカッコイイ台詞が左から右に流れていきました。 「今日は(最後の決め台詞なので略)だろう」とか痺れるんだけど、雰囲気で掴め。質問役の黒桐が石化しているので機能せずw

式の一人住まいのマンションにハーゲンダッツを持って訪れる黒桐青年。最近、次から次へとビルからの転落事故が起きていた。遺書はない少女たちの落下は自殺なのか、それとも違うものか。設計家でもあり、人形師および義体製作をする橙子さんは興味を持つ。そして式に語りだす。そのお節介な友人黒桐の意識不明な状態であり、原因もそれに関係があるようだ。そのため式は問題ビルへと向かった……。そこで見たものは浮遊する9体の少女たち。

見所はたくさんある。橙子さんのタバコをうまそうに吸う仕草と眼鏡を外す仕草がカッコイイ。ババァ結婚してくれ! 説明台詞係になってかなり登場しているシーンが多い。しゃべり方が好きだ。あらためて声優さんのチョイスがいいね。

式がハーゲンダッツ食うシーンもエロくていい。片手がつかえないために両ふとももの間にカップを挟んで、スプーンですくう。アイスが固くて削るのに苦戦している仕草も細かい。エロすを発見したひとは偉大だなw あいだから見えるぱんつ!あのシーンはぱんつよりもふとももだ!と偉い人は言っていましたがどうでもいい。着物に着替えるのはシュルシュルがなまめかしい。トレードマークの着物に赤いジャンパーは夏だからほぼ着ない訳ねorz あと部屋の冷蔵庫に大量のミネラルウォーターだらけなのが印象的。式のゴクゴク飲む姿もさまになっている。栄養とれているのー?と疑問ですが。差し入れもアイスか水かよ。黒桐!

雨が降りで黄色のレインコート被った式が某サーヴァントに似てたのも笑った。スタッフによるオマージュなのか。セイバー!セイバーさんじゃないか。

バトルも1回目の暴走していたときの緊迫感もすごく良かったし、2回戦のバタバタとなぎ倒すアクションはすごい。気持ちいい。そして、建物からのジャンプというか飛んでるぅー!すげー 着地は義手だから大丈夫なのだ!そこら辺ありえないけど爽快感あったのでOK 水たまりに着地する絵の構図にもハッと息を止める綺麗さですよ。そうそう冒頭あたりのビルから落下した少女の死体は血まみれでグロい。綺麗に描かれているので余計に…

ハーゲンダッツを食っていけの式にたいしての黒桐くんの台詞は原作通りでした。それで締め! 原作だとここで衝撃の事実がわかるのですが映像ですと、もう最初から丸わかりなのでw(声でもわかるけど) そのかわり破壊力あるツンの式、式の頬が染まる。。。で、でれたーーー!!!

EDクレジットで席を立っちゃ駄目。続きがありますよ。黒桐の妹、鮮花の名前が出てきて「ん?鮮花出てたっけ?見過ごしたかなぁ」と思ってたら出番があるんですよ。ババァがカッコイイ台詞をはいてくれちゃって。(ババァ言うな…橙子)

2章の告知も綺麗でこれまた期待できそうだ。血の色が鮮やかだなぁ(^^; グロさと美の対比ですな。一章もそうだったけど。アクションは抑えめになりそうですな。3章の予告はなかったけどマッガーレに期待。声優の能登さんキャラもでてくるし。

ブルーレイで大画面のディスプレイで観られる機会があればいいけど予定がないのが惜しい。DVDのみ。いつか出ると予想するが。もっともそんな設備は持っていないのですが。とほほ。

エンディングテーマ曲「oblivious」がかなりツボにはいりました。そら〜♪ ふふふん


oblivious(初回生産限定盤)
oblivious(初回生産限定盤)

2章以降のDVDはこちら↓
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
アニメ > 空の境界 : comments (2) : trackbacks (0)

【PCゲーム】『CHAOS;HEAD』WEB体験版/NHKにようこそ+電波男+2chまとめブログを3で割ったような印象

まず最初にエロゲではなく、15歳推奨のPCノベルゲー。エロさは下着ぐらいで年齢の制限はグロいからじゃないかと想像される。メーカーはニトロプラス。といえば個人的な感想だと熱いバトルなのですが、元KID(メモリーオフなどギャルゲー畑)の中の人のイラストやシナリオなので違う感じがしますが、さてどうなるか。

体験版をやるかぎり1章では、NHKにようこそ+電波男+2chまとめブログを取り入れた妄想科学ノベルっ!
設定やテキストが面白かった。主人公の半ひきこもり少年にもボイスがあるのだけど台詞やモノローグが良い意味でキモイw ガンダムマイスターだけのことはある(ハレルヤ役) うまい演技だわ。どもりっぷりといい、「ふひひ」笑いは不気味さが絶妙! 他のキャラも有名声優さんたちだしな。主人公のクラスメートでイケメンの女ったらしの野郎は古泉@ハルヒ&保坂@みなみけという無駄に豪華w 女生徒では生天目さんとかいるし。兄貴にはクチが悪いが実は心配している感じの妹や、キッつい性格そうな女の子(ツンデレ?)、眼鏡っこで優しくオタク話も聞いてくれる女の子。バンドの女性(電波?)とキャラも充実していそう。知り合いに聞くと雑誌の情報などでは、JoJoのスタンド(これは体験版では不明)のような具現化した剣など、それぞれ武器を持った人達が登場するそうなのです。

公式サイト:CHAOS;HEAD -特設ページ-
体験版もダウンロードできます。

【PCゲーム】CHAOS;HEAD/ニトロプラス
【PCゲーム】CHAOS;HEAD/ニトロプラス

猟奇的殺人が頻発する現代の東京が舞台。ひきこもりがちな主人公がたまに学校に行くと、眼鏡っこ女生徒に出会う。アニメ話で盛り上がって、その登場するキャラのフィギュアを一緒に予約するっていうのが一章のお話。その間の主人公の言動や妄想が冒頭にも書いたように、インパクトあるというかネットでよく見かけるテキストなので、思わず感情移入(?)してしまうw 「俺の嫁」「日本語でおk」「それなんてエロゲ?」とか普通に使っていて痛いというかなんというか。これに親和感を持つか拒絶感を持つかで印象が180度変わるだろうな。あと主人公の三次元の女は駄目、二次元最高!という電波男さながらの主張は考えさせられるものがある。よっぽどトラウマになることがあったのか、過去に酷いエピソードがあるのか、コミックやアニメで開眼したのか不明なんだが気になるところ。やたら主張されるので。若いのにそこまで追いつめられる理由が明らかにされるのだろうか。

しかしゲーム画面で出てくる女性は、物語中では三次元と言及されるが、どう見てもギャルゲーに登場する二次元の女子なのは何か違和感がある。背景とかネットゲーはリアル風なのに妙に浮いた感じがあるのが惜しい。まぁ慣れてくるものなんですかねぇ。ネットゲーでの使うキャラの名前やCG、チャットしている主人公の姿はリアル。廃人さながらの状況であり、済んでいる場所もコンテナで部屋はフィギュアだらけ。たまに外出するのはネットカフェでネトゲと駄目人間。

ストーリーは途中から猟奇的殺人事件や、スタンドのような武器を持ったバトル展開になりそうで、1章だけ面白かったということにならなけばいいけど。ひきこもりのNHK的展開は2章ぐらいで終わりそう。グロいのは苦手だし、妄想オチになりそうな不安定な世界観は面白いのか不明だし、期待半分、不安半分。

公式サイトより
本編の主人公。私立翠明学園2年生。
 人との直接的なコミュニケーションを嫌い、最低限の外出しかしないネット依存症の少年。ナイトハルトというハンドルネームで1日中ネットゲームをし、学校は出席日数を計算して必要以上に登校しない。人と話せばどもってしまい、それが女の子ならばパニックを起こすほど。周囲からは引きこもりと思われているが、本人はそれを否定する。
 妄想癖があり思いこみが激しく、しばしばネガティブな方向へ暴走する。また、辛い現実から逃避し、ひたすら自分に都合のいい妄想をしてそれに浸っている。辛い現実に直面するとすぐに逃げ出してしまい、しかもそれを他人に責任転嫁する。いわゆるダメ人間。

こいつを親しみもって接しられるか、もしくは第三者的に冷静に見られるか、拒絶するかで反応が違うだろうなぁ。グロい展開も待っていそうで、それも大事なポイントか。15歳推奨だからあんまり悲惨なことにならないことを個人的には祈ろう。スタンド的なバトルや猟奇的殺人事件の中心のメイン話が体験版には無いので、どうなるのか楽しみなところである。刑事のおやっさんと部下、バンドでのシーンなどあって、いろいろな視点から描かれる群像劇になるかもしれない。
PCゲーム > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

PCゲーム誌「ログイン(LOGiN)」を5/24売で休刊

元ソース

青春のパソコン雑誌がまたひとつ消えた。
べーしっ君とかバカ企画が面白かったなー
読者の投稿につける編集者のコメントとか。最近ここ数年は読んでいなかったけど…。
堀井雄二氏のアドベンチャーを製作するための旅行記事とか読んでいたことを思い出した。クーロン城だったか中国に渡ったり、シベリアにもいったんだっけ。
洋ゲーのウィザードリィなどの記事もよく読んであこがれたっけな。その頃は15年前でまだまだ続いて今まできたのだが、そのときが印象的だったな。PC98とWINとの境目あたり。

まとめようとしたら、さらしるさんがもうまとめていた仕事はぇー
さらしるさんのまとめ

まとめWikiにもあるようにリニューアルしまくり編集者も変わって、また世界がコンスーマやインターネットの普及によってパワーダウンしてしまった感も。

この号はまだ休刊前じゃないよなー
LOG IN (ログイン) 2008年 05月号 [雑誌]
LOG IN (ログイン) 2008年 05月号 [雑誌]
書籍 : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】東方儚月抄/ゆっくりしていってね!!!

東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)
東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)

東方初の本格ストーリーコミックと帯にあります。新曲3曲を収録した音楽CD付。聞きながら読んでいるわけですが、主役は誰ってわからないくらいにキャラがいろいろ出てきますね。原作のシューティングゲームとかやっていないとわからないというか。キャラの設定や性格がつかみにくい。一部のメインだけ見ていれば良い気もしますが。

ゆっくり

表紙を飾る「ゆっくりしていってね!!!」のふたりは冒頭から出てきて、ちょこちょこ登場はします。主役というわけでもなさげ。ストーリーはある妖怪がロケットをつくって、ある妖怪が色々な人や妖怪にロケット製作の依頼する。それは第二次月面戦争をしかける準備なのである。地球対月の序幕。3段ロケットの筒を探す人達や傍観者らを描いたお話なのです。 原作とは関係のないオリジナルかなぁ。自分も原作ゲームを序盤しかやっていないもので……。
コメディーでもなく、シリアスすぎるのでもなく、まったりと東方の雰囲気を味わいながら読めますよ。

関連)
東方儚月抄〜Silent sinner in blue.上巻「いくらなんでも積みすぎだろwww」(アキバBlog)

自分のところもかなり積んでありました。メロンブックスにて。そこで買ってみたらお茶がついてきたw 「霊夢之御茶」 緑茶でちょうど喉が渇いていたので良かった。
コミック > その他 : comments (0) : trackbacks (0)

マリア様がみてる 新刊「マーガレットにリボン」

うむ微妙。短編集。最後の方の「青い傘」はリリアン女学園とも全然関係ない傘の人から人への渡る話だったので途中で読むのを挫折してしまった。他の話は普通なので読んでいるけど。今回はコバルトで既出のまとめ+αじゃなくて、全部書き下ろしなのです。

全体的に、先代薔薇様の聖さまのイタリア旅行、江利子様の付き合っている人の娘との初対面。現薔薇様の「さん」付け問題、志摩子の兄の話と、祐巳と瞳子のデート(?)今まで短編にあったリリアン関係者でも山百合会とは無関係の話ではなくて、主役らの密接な話で良いネタなはずなんだけど、短いのでうまくまとまっていないというか……なんか物足りない。次々とマリみての新刊だしているで忙しすぎて、書いたのがうまく練られていない感じ。

マリア様がみてるマーガレットにリボン (コバルト文庫 こ 7-57)
マリア様がみてるマーガレットにリボン (コバルト文庫 こ 7-57)

祐巳と祥子編のクライマックスがもうじきということで、次巻以降は卒業式がきて、マリみては終了じゃなくて続くことになりそうですね。祐巳と瞳子のいちゃいちゃ&ツンツンがはやく見たいぞなー
小説 > マリみて : comments (0) : trackbacks (0)

TYPE-MOONの新作情報/魔法使いの夜とは?

TYPE-MOONオフィシャルページ
「魔法使いの夜」テックジャイアン6月号とTYPE-MOONエースで発表。聞いたことのあるタイトルだ。やっと新作ですか。これは話題になる。
脳内会議の図
(ファンのイメージ図)
昔の同人のものだから完全新作じゃないという意見もあるだろうけど読んでいるひといないだろうし。たしか途中までで、設定だけという話だった気も(詳細不明)。その中で記憶していたひとがいた。同人持っているひとも知人にいました。
同人時代の型月サイトより転載

【注6】一番初めの主役
月姫、空の境界に連なる世界設定が初めて構築されたのが、奈須きのこの小説「魔法使いの夜」。
「伝奇もの+学生もの+魔術もの+洋館同居もの+で、それをミステリーっぽく」というコンセプトのお話で、現在の奈須きのこの雛形と言える。
いまから八年ぐらい昔に作られたのだが、当時のきのこは「自分の話のなかで、むこう十年これを越えるものは書けない」と断言していた。
結果は、とりあえず自他ともにそれに納得してるとか。
主役はなんと人間ミサイルランチャーこと青崎青子(当時高校2年生)。主役の一人にして、可愛げのないヒロインの一人だとかなんとか。

同人誌ひっぱりだしてきた 主人公+青子&橙子か。もう一人おかっぱの子がおるな。久遠寺有珠とかゆー子だ

青子そして橙子さんの若い頃も出るのか。世界観は月姫や空の境界に繋がるものがありますねぇ。これは期待。

いつ出るんだろ?長いシナリオだと1年以上かかるか。どれだけ設定が出来ていて文章が進んでいるのかね。テックジャイアンでも発表なら18禁ゲーか? それともKEYみたいに全年齢であとから18禁で出します!みたいな?

Amazon:TYPE-MOON (タイプムーン) エース 2008年 06月号 [雑誌]
TYPE-MOON (タイプムーン) エース 2008年 06月号 [雑誌]
TECH GIAN (テックジャイアン) 2008年 06月号 [雑誌]
TECH GIAN (テックジャイアン) 2008年 06月号 [雑誌]
TYPE MOON関連商品
PCゲーム > TYPE-MOON : comments (0) : trackbacks (0)

【DS】ウィッシュルーム/ホテルで過去の出来事が明らかにされるミステリー風アドベンチャー

ウィシュルームを4日間ぐらいでクリア。実質約20時間。前作のアナザーコードみたいに短くもなく、長すぎもなく。とはいえ攻略サイトのお世話になってしまった。自分で解けたらいのだろうけど詰まるとトコトン進まなくなる。アイテムを組み合わせるとか、パズル的な要素で頭を悩ませた。むかしのアドベンチャーゲームを思い出す。総当たりではないところは良し。部屋の探索がめんどくさいところも。多少のヒントはあるけど時間を進めるためのフラグ立てがちょい面倒だった。DSのタッチペンなどギミックはうまく使っている。会話のスピードや移動がもっさりしていてちょっと不満。

【DS】ウィッシュルーム 天使の記憶
【DS】ウィッシュルーム 天使の記憶

ストーリーはなかなか面白い。キャラも立っている。紙芝居風の疑似アニメションというかGIFキャラ絵も雰囲気だしていた。ストーリーの最後は曖昧だったり大雑把で、謎が残った気もするが、だいたいの伏線は終わりの方で収束する。

70年代のカルフォルニアのホテルにて一晩の出来事。ミステリーというかハードボイルドというか。客やホテルの従業員や主人から過去や身の上話を聞かされる元刑事のセールスマンが主人公。 天使の絵や望みのかなう部屋があるという… 消息不明の娘や失踪した妻、犯罪組織の話いろいろ絡み合いながら真実が明らかにされて夜が明ける。

渋いというか王道な話というか。萌え要素はしゃべることができないミラとふっくらしている気味な少女。片眼を眼帯で覆っているババァとか生意気そうな女優、デブちんなメイドもいます。

こんな話にはならなかった。
2chウィッシュルーム過去スレ
736 名前:枯れた名無しの水平思考 投稿日:2007/01/26(金) 00:28:13 ID:tlK31axL0

クリアーした。ずっとこんな展開になることをかんがえてたんだが

サマー「ぎゃあああ!」
ローザ「サマーさんが殺害されたわ!」
カイル「サマーさんは売れっ子作家・・・きっとあの秘密の言葉のノートを奪うことが犯人の目的!この中に犯人が居る!」
ざわ・・・
ルイス「も・・・もうこんなホテルにいるのはごめんだぜ!俺は逃げるぜぇぇぇ!」
ダニング「うわあああああ!ルイスも殺された!」
アイリス「・・・次に狙われるのは私ね・・・もう私の部屋に誰もこないでー!」
ジェフ「アイリスが密室で殺されてるぞ!」
メリッサ「私、こんなもの見つけたんだ」
カイル「これは・・・!天使の・・・そうか!犯人はジェフ!お前なんだな!」
ジェフ「そうさ。そして俺がブラッドリー・・・そして真の黒幕は」
エド「そうさ・・・俺だったんだよ カイル」
カイル「ミラが危ない!このホテルは爆発する!!!」

こんなのにはならないw ゲームを最後までやるとコレあまりにかけ離れていて吹いてしまう。 殺人事件は起こらないので怖がりなひとにも安心!
家庭用ゲーム > 携帯 > ウィッシュルーム : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other