<< 2010/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

TVアニメ2010/4/5までの感想を振り返って

この時期、アニメは最終回がきて、新たな作品がはじまるのですが、いろいろ振り返る暇もなく、鑑賞するのに精一杯ですなぁ。

バカとテストと召還獣は良かったですわ。原作、オリジナル展開いろいろあってうまく料理されていたと思います。構図でゲーム風になったり、視覚的に楽しめたし、テンポが良かったですな。声もついてなんか華やかにノリが良くなったというか。声が妙にあっていて先生が特にいい鉄人… あと翔子株もあがった(ストーカーには変わりがないのですが可愛さが) 秀吉姉も原作より登場が多くて比較できて面白かったっす。原作よりアニメは秀吉が最初から性別:女(or秀吉)になっていて召還シーンとかかなり優遇されていて良かったっす。印象的なのは水飲みながら、秀吉が演技で声を姉に近づけていく過程を描いていたのが印象的。姫路さんの毒殺料理は最初からクローズアップしていて可愛いんだけどなんちゅうかヒロイン扱いだけど変でしたねw 原作のライトノベルの最新刊あたりだともっとおかしい人になっていますけどw 美波は幼なじみキャラであり、プロレス技の達人。ムッツリーニがのぞこうと努力しているのとセットでこれまたいい按配で。これは2期があれば期待したいところです。

とある科学のレールガンは、コミックでの中盤までは良かったのですが、オリジナルはちょっと微妙で盛り下がったかな。終盤ふたたび盛り上がって良かったですが。終わりよければすべてよし。初春の頭のお花が能力レベル1に関係すると思っていたのですが、原作でもなかったという設定が公開。なんという…能力w 原作ラノベの派生のコミック原作のアニメ化という特殊なものですがストックがたりないのでコミックでのケリがついた1クールで終わらせて、美琴クローン&一方通行編の2期にした方が良かったんじゃないかと。 まぁ最後の前半の締めの事件の関係と終盤リンクする展開は嫌いじゃなく良かったのですが。メインの4人との関係のない中盤はやっぱ余計だったかな。2回目見直せば何かリンクしていることがわかるのかもしれませんが…

ソラノヲトは、絵がけいおんで戦争もの。戦場最前線あたりなのにほのぼのというか平和な話が続いて、たまにシリアスな話が入ったり、最後は戦いがあって、ファンタジックな終わり方。ご都合主義と捉えるか、ハッピーエンドでそれが良いという人もいるだろうし。なんちゅうか惜しい作品というか評価しにくいものでした。トイレをがまんする話が一番印象に残ったw キャラ絵とかピタゴラスイッチ的展開に吹くわ。

クロスゲームも原作コミックと同様な頃合いに最終回。原作とほぼ同じに追加エピソードいれてきましたね。あだち充の漫画はだいたいあっけなく終わるのが多いので、これは嬉しい補完。野球漫画が多い作者ですが160km近くも投げられるキャラは初めてか。昔、ファミスタで「タッチ」のキャラが投手として出ていたのですが微妙すぎる能力値に泣けた事を思い出しましたw 他のゲスト漫画キャラに比べて遅い… 曲がらない… そうそう恋愛としてはヒロインはまさにツンデレ。全然デレないわけですが。 最終回前の予告で思いっきり、最終回のあらすじと大事な台詞、全部ネタバレしていたことも驚愕しました(゚Д゚) 原作で最終回しらなかったら怒ってもいいレベルw

もっといろいろ他の作品もありますが、ここでは割愛。

新番組は、エンジェルビーツが話題でありましょうか、ハードル上げすぎたせいで、なんか放映後ネット上ではいろいろ言われているようですが、1話だけじゃなんとも分かんない。3話以降どうなっていくのでしょうか。

けいおん2期もやりますし、原作ストックないけど、どうなるやら期待です。

チェックしていたら相変わらずめちゃくちゃ作品が多いのですが。最終的に何が一番面白いものになるのでしょうか。楽しみです。
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other