<< 2011/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ジャンプ(2011年25号)の感想 めだかボックスとバクマン。

☆めだかボックス

前回の謎解きが結構、きちんと作られているので驚き。変化球がくると思っていたので。
球磨川のドラクエ5のビアンカ1択に吹いた。モガナちゃんの金くれるからフローラも貧乏症の会計係として分かるw
お互いがひとりずつ謎を解いていくのじゃなくて、協力プレイありもいいなぁ。それに反逆する善吉(一応主人公)や阿久根もどう後で影響していくか。

めだかボックス 10 (ジャンプコミックス) [コミック]
4088702247

ネットの噂でガイナックスでアニメ化ってあるけどホントかなー
来年春あたりになるというが、ジャンプ原作でまともに面白いのは銀魂ぐらいしか思わないし、ガイナだと2クールまでしか出来る体力なさそう。球磨川が出て来て面白くなるマイナス編に全然届かない。序盤のめだかは微妙だし。本気ガイナか凡作ガイナと、スタッフによって全然出来も変わるしな。ソースはMOON PHASEさんところの噂話より。

☆バクマン。

先週のPCP模倣犯の銀行の金庫やぶって何もせずに紙切れいれる展開が、結構王道な意趣返しで主人公達漫画家は対抗する。
なかなかの落としどころじゃなかったのでしょうか。シュージンのスランプが直るかな。しかし複数の銀行破るほどの愉快犯なんていないリアル性のなさはガモウワールドか。意見が分かれそう。ジョバンニさん並やでー あと今回の展開だと余計、模倣犯喜んで泥沼になりそうなんだがw まぁ世間は収まる流れなのか、引きづるのか。前者と思いますが。

PCPアニメ化は今回ので進むのか、やっぱり駄目なままなのか。主人公がこの連載をやめて他の作品でアニメ化めざす展開かな。どう終わらせるかファンの人気もかなり高いようだし、難しそうだが。エイジの1位とったら連載をどれか打ち切りにさせる権が使われるのかは今までの描写からはブラフっぽい。やるとしてもエイジの片方の方かと…

この作品自体がアニメ化が目的になっちゃっているので、どう転がすのか、歪な感じなんだよな。ジャンプで1位になる目的ならばまだ整合性が出来そうなんだが。あと天才エイジの存在。

エイジの打ち切り権で、バクマン。を終了します。でリアルに連載打ち切りで最終回なら伝説になるが…。

シュージンの奥さんがどんどん序盤のうざったい娘から可愛くなっていく。

Amazon:
バクマン。 13 (ジャンプコミックス) [コミック]
6月発売の新刊予約
- : comments (0) : trackbacks (0)

【ラノベ感想】涼宮ハルヒの驚愕 前編・後編・限定版特典の小冊子入れて80点(ほぼネタバレなし) 

4年待たされた涼宮ハルヒの憂鬱シリーズの小説が前作の分裂が5/25発売されたよ(^ヮ^) 限定版が先行で、通常版は6月発売なのでしばしまたれい。限定版だけの小冊子は後で述べるがぜひ読んでおきたいものであるが…

ハルヒの驚愕 前編・後編

発売されたのでそろそろネタバレタイムではあるでしょうけど、読んでいない人も多そうなので、このブログではなるべく伏せて感想を書きたいと思う。

途中の良いところで終わった前作「涼宮ハルヒの分裂」の続編なので読んでいないと(とっくに内容を忘れている事も含めて)、混乱すると思うが、1年前に読み返した自分は意外とすんなり読めた。たぶん細かい部分を読み逃していると思われるが。

分裂の内容を簡単に説明するとこれだ!
共通するのは
SOS団は1年進級した。
新キャラ、佐々木、藤原、九曜、橘が登場。SOS団に対立する立場か!? 佐々木をハルヒの代わりにして、ハルヒの能力を受け渡して欲しいと望む。ちなみに佐々木とキョンは中学時代の親友。

α世界…平穏な日々を過ごす。SOS団に入りたい新入部員がぞろぞろ現れハルヒご機嫌な世界。

β世界…入部したい部員候補あらわれず、キョンは対立するグループと交渉をするが膠着状態。長門が倒れてSOS団騒然。

さて「驚愕」の内容に戻る。

文章自体は読みやすいが、前編は全体的に適度なイベントがあって面白いところもあるが、キョンのβ世界で藤原へのイライラ感や思春期的な思考描写が何度も書かれ中だるみ。劇場版 涼宮ハルヒの消失観た人なら分かるかもしれないけど、終盤のキョンの語りをもっと長く、しかもマイナスな心境を描いたものと考えてもいいかも。とにかくキョンモノローグがくどい。

後編、それぞれの世界で時間が進み。物語は動いていく。早く続きが知りたいのでページが進む。最終章はかなり盛り上がるので期待していい。ネタバレしないとボキャブラリーがないために表現がほとんど禁則事項になりますね。

欠点は上に加えて、キャラの待遇はかなり格差があるので、自分の期待しているキャラが動かないと若干厳しい感想になると思う。ほぼキョン無双(`・ω・)なんだがw 

限定版だけについている小冊子は、佐々木ファンは読むべき。
ハルヒの驚愕 限定版小冊子

全体的にいろいろな過去のハルヒシリーズの伏線の回収と、新たな謎や伏線と風呂敷が広がっている(長編は何年後になるのかわからないところが怖いw) 短編は作者自身ストックがあるというので、2年はまたされずに新作は読めそう。

長編としてのハルヒは、10年後にこの巻が本編最終巻だったというオチになりそうな気がしてならない。鶴屋さん邸のブツや、ハルヒの消失のもうひとりのキョンなど伏線はいろいろ残るけど……。

(前編60点(キョン語りうぜえ)+ 後編80点)÷2
=70点 それに限定版の小冊子10点プラスで80点/100点満点。続きものなのに4年も待たされたのも減点要素。分裂から続きが気になってしょうがないのに、あとがきで理由が短く書いてあったが、想像で多少わかる反面、説明になっていないので何とも。

全体のハルヒシリーズの評価。消失>分裂+驚愕>憂鬱>>その他

ただし小説家で断筆した人は何人も出ているのでプレッシャーはかなり大きいものであろう。アニメがで大ヒットしたのと、元々の他のシリーズの放置体質が田中芳樹と被ってしかたがない(`・ω・)

PS3とPSPで『涼宮ハルヒの追想』ADVが発売。消失直後の世界なので楽しめると思って、現在攻略中。学園祭ループばかりですがストーリーマップ完備やスキップなどシステム快適。メインルートはハルヒワールドなんで楽しいが、他は単純フラグつぶしゲーですな。序盤感想なので変わると思うけど。

Amazon
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫) [文庫]
4044292108
小説 : comments (0) : trackbacks (1)

ローソンに行って、けいおんグッズをもらってきたなう

けいおんの5人揃ったうちわをパン買ってもらったお!
サイズは一般的なものより若干小さいが使える。夏の節電のために使おう。

けいおん!!フェア|エンタメ・キャンペーン|ローソン

K-ON うちわ

焼きたて!! ジャぱん以来のコンビニのアニメ連携商品を買ってきた。

関連)
うぱーのお茶会 | ジャぱんを食べてみる〜月乃の声が変なのはおいとく
うぱーのお茶会 | 続 ジャぱんを食べてみる〜黒やん並のリアクションが出来るのか?

今回はローソンのアニメ「けいおん!!」とのコラボ第二弾で、関連のお菓子や商品をふたつ買えば『うちわ』がもらえるというので貰ってきた。うちわの模様は5人揃ったのから、唯、澪、律、律、むぎ。それぞれの6種類。律とむぎはいつも残っているが(笑)、次の日には他のも補充されるので、うちわはたくさんあるのだろう。 

他のグッズもあったらしいが倍率が高く即なくなったり、一部の地域なのだろうかこちらでは、うちわしか見ない。5月17日からまた新商品が出るらしいので増えるかもしれないが。

インスタント麺とかあったが大量にあったパンを選択した。
1つめはゴールデンチョコパン。チョコがすぐに溶けるので袋から出すまでにくっついた(´・ω・`)  あまーい。まあまあの味。何個も食うもんじゃないっすね。アニメで出て来たパンを実現とのこと。

K-ON チョコパン

2つめは劇中歌「カレーのちライス」をイメージしたという焼きカレーパン。パン生地が餅を混ぜているようでモチモチしていて良い。カレーは中辛というが結構個人的には辛かった。

K-ON カレーパン

他のコンビニでは関係なさそうなチョコでうちわが貰えるようなので梓うちわでも貰ってくるか…。

関連)
ローソン「けいおん!!フェア」、どれぐらい激戦と化したのかというとこんな感じでした - GIGAZINE

amazon:
TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」
B002B9TSK6
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)

【ラノベ感想】(ほぼネタバレなし)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8巻

最新刊を読み終わったぜ!

俺芋8巻

一部のネットでのざわめき、不穏な流れ、小説をズタズタに破くやつが現れた!とかどんな内容かと思っていた(`・ω・)?

 (読後)


この巻は前巻に続いてかなり面白い。最終巻かと思いました。でも、もうちょっと続くのじゃよ!みたいな。聖猫(白猫)とか可愛いのう。

破いた奴の理由がマジでわからんw まぁ一部のカップリングを楽しむ層には『絶望』という内容でしたが<それか? 

タイトル的な流れというか、前巻と対比というか。兄貴と妹の本心がやっと出て来たというか。

他のキャラとの恋愛的なものは、PSPの俺の妹Pをやろうぜ!って大半が恋愛絡みでないという(笑) 原作者が担当した、あやせとおまけの加奈子ちゃんは特に良いね! おまけの読みきり短編小説も良かったし(あれが一回読んだだけでは最後に出て来た人がわからない俺って…)

元に戻ってこの小説はこの巻でホント最終巻やなぁ〜と思ったら、ラスボスとか色々伏線というか問題を解決というか、話を膨らませようと思ったらいろいろ出来るしな。小説のあとがきでも、アキバBlogさんに載っていた作者インタビューでも全然終わりそうもないので、今後の展開に期待か。グダグダにならないと良いけど。

あと文中で、黒猫の妹たちが出て来たところとか、一部俺妹Pのゲームのシーンまんまの内容だったりしたのが笑えたというか、使い回しというかw アニメやゲーム、原作小説と部分的に違うのだが、いろいろクロスして読んでいると、何か頭がこんがらがってくるんだぜ。

アニメでケータイ小説の盗作騒動エピソードが、リアル電撃文庫の盗作騒ぎで無くなったのがホント残念だ。いろいろネット版でも噛み合わないというか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) [文庫]
4048704869
小説 : comments (0) : trackbacks (1)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other