<< 2012/07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』良くも悪くもファミリー向け、子どもの自立&狼と人間の狭間にて

ジブリの後継者とも言われた細田守監督、ハウルの動く城で宮崎監督に制作途中で奪われてしまったし、ジブリでやることはないでしょうが別のアニメーション制作会社で監督(+脚本)としてやっている。

新作の「おおかみこどもの雨と雪」はどうなっていたのか。
なるべくネタバレが少ないように、できればないようにしたいが難しい。でもやってみる。

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
4041003237

自分は期待値をかなり低くしたので、けっこうすんなりと受け入れられて、良かった作品でしたよ。細田守監督が自ら言っていたと思う、自ら手がけた小説版は映画前には読まないことがオススメというのも納得。 映画そのまま、台詞と状況を文章にしたというか。小説だけ読めばOKなんだが、映像と音声、BGMや工夫されえた演出があって映画でまず観た方が遙かにいい。 サマウォみたいに別のプロの作家での小説版じゃなかったので心理的な描写の追加がなかったので残念。映画みたら小説いらないんじゃないの?みたいな

細田守監督の過去作の代表作、時をかける少女、サマーウォーズがここ数年の代表作でしたが。今回はちょっとテイストが違う。

サマウォと時かけとどちらに似てるかと聞かれればどちらも違って、ジブリのトトロ系かな? それか宮崎駿監督じゃない人間関係もの。
大人のヒロインである花の子育て奮闘記やら、おおかみこどもの成長を描いている。

キャラデザインは貞本さんの面影がなくなって、カエル顔というホームベース顔っぽさが残念だった。子どもは良いとしてヒロインの花がな。たいした違和感無い人もいるだろうけど。

時かけでは目立たなかったけど、サマウォとこの作品で、細田守監督はメインキャラになればなるほど、心理的描写とかどうも苦手というか、ちょっとしたシーンいれれば違和感なくなるのにバッサリ削ったり、蛇足的な描写をいれてキャラを丁寧に描くのを放棄しているようにしか思えないところが欠点。

アンチにはつけこまれやすいってのはその当たりかな。ネットの知り合いで「キャラが許せる、許せないだけの視点しかない人がいる」と聞いて、感心したというか。これは賛否両論な作品になるだろうなと。とくに2chなどで試写会だとボコボコに叩かれていた。

一般人は全体的に映画館で多かったのですが(明らかにオタク向けアニメとは女性層の多さがめだつ) なのは2ndにはほぼ男性で女性はちらほらしかいなかったからな。おおかみこどもは一般人の女性や男性の30代以上の年齢層には受けると勝手に思います。逆にリアリティーに欠けると事で主婦にはアンチ化してもおかしくないところもありますけど。隣にいた大学生女子ぐらいは「よかったねー」と涙流してましたよ。自分もなんかうるうると伝染してきた。

ネタバレ避けると、こんなところですか。
先がみえないのが良いところで最後の終点が意外な結果でしたので、途中からどう着地点があるのでドキドキしてましたねぇ。最後グッときた映画でした。ツッコミ所はいろいろあるけど、じーんとくる良い作品でした。次回の細田守監督に期待したい。
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想/濃い2時間半の上映だが長さを感じさせない。脚本、構成、作画、高いクォリティー

極力ネタバレはない方向で

劇場版リリカルなのは2ndA's
左はパンフレット(大型の単行本をふたつ並べたようなサイズで92ページぐらいが設定やらイラスト、スタッフ、声優さんのインタビューなどの盛りだくさん。価格は1000円。
右は劇場でシートにスタンプを押してもらい、ふたつで交換できるキャラクターデザイン&総作画監督の奥田泰弘によるイラストミニ色紙。(サインは描かれたキャラの声優さんによるものか?) ちなみに3つスタンプを集めて交換すると、映画のフィルムがもらえる。

先週の土曜日から劇場版リリカルなのは2ndA'sが公開されて観に行ってきました。1回目は圧倒されまして、2回目は構成と脚本の妙が巧いなぁと感心しておりました。50分ぐらいのアニメ映画が多いなかで、2時間半程度やるのはTVアニメシリーズ1クール(12話)をまとめるには短すぎず、長すぎるちょうどの案配だったのではないだろうか?

いきなりこれから観る人はそういないのでしょうが、もしTVのリリカルなのはシリーズ1期や劇場版リリカルなのは1stを観ていなかったらどちらを観るのは必須。過去のことはほぼ説明なく進んでいきますから観ているの前提のアニメ。とはいえTV2期の新キャラ達がメインなので、途中でキチンと目的やら説明してくれるのでわからなくはないと思うけど、1期を観ていないと面白さ激減。

いろいろカットはしつつフェイトと母親過去が補完されて追加エピソードがある今後の展開をふまえての後者の劇場版1stを観ているのがベストじゃないかと思います。

初見でも雰囲気を味わうことはできるかもしれませんが、なんで戦っているのか、小学生の少女が戦っている理由、キャラ同士の関係やらさっぱりでしょう。 さらに今作はどんと新キャラ(しかもメインクラス)がいきなり6人ぐらい出てくるので何がなんだかわからない可能性もあり。しかし個性をしっかりとかき分けて、キャラが立っているのは制作スタッフうまいよなぁと感心してしまいました。

あらすじ的には簡単に述べると、ひょんなことから主人公兼ヒロインの高町なのはが魔法少女となり、かけがいのない親友フェイト・テスタロッサと再びあうことから始まり、闇の書を所持する八神はやて(ほぼ何も把握していない)と彼女に従う守護騎士4人衆が地球を含めた、異世界から大量に魔導師を襲って白紙ページが多い闇の書に取り込んで書物を完成させる…という流れ。

魔法少女といっても、レイジングハートという杖型のデバイスをつかって、レーザーはぶっぱなすは砲撃したり、かなり肉体派の格闘。武装少女といっても過言ではないのです。

この物語は『八神はやて』とその守護騎士、そして闇の書の擬人化モードの絆の方がじっくりと描かれていて、前作同様に『なのは』は主役としてはサブですねw(活躍はするのですが、敵側の方がじっくりと描かれる運命)

かなり面白かったので2回観ました。そうすると冒頭にある画像の右側にあるサイン(印刷)付きイラスト色紙が、高町なのは、フェイト・テスタロッサ、八神ハヤテから選べます。つまり用紙にスタンプま毎度劇場で押してもらえるのですね。3回観ると劇場で使用されたフィルムが当たるのですが、当たりの良いシーンがもらえば最高でうすが、どうでも良いと悲惨(ヴィータの帽子だ単独で燃えているフィルムがアップされていたがこれはw あと暗い街とか…)。さらに2時間半の上映とあって、事前のトイレ対策は必須だし、腰が悪い自分ではけっこうきついのもあって3回は観ないだろうーとう判断で、サイン色紙で妥協。複製ものとはいえ良い出来と思いますが。
公開日土曜日なのでしたが次の日の日曜の夜に「6回観てきました」とかいうツイッターが流れてきましたが。マジかよ!腰が砕けるぞとw

たぶんTVシリーズのリリカルなのは2期A's(1クール12話)を映画仕様として(たぶん)全部新規作画で、おおまかな流れは似たようなものでも、かなり細かいところを削除、追加補完していて1本の映画となっています。とくに冒頭や、中盤戦、最後の方はかなり違うイメージが…。自分としてはケチのつけようがないのですが、人によって「俺の中で名言や名シーンが削られている」とか多少不満な方もいるようですが、それをのぞけばかなり好評であるのがネットでの感想のイメージですね。自分にとって非常に満足な映画でした。

TVシリーズ リリカルなのは2期をじっくり観ている人にとって、けっこう劇場版とTV版を上映中に比較してしまい、そっちの方で集中できなくなるっていう事も聞きますね。自分はちゃんとTVシリーズも観ていましたがすっかり頭の中が真っ白で記憶がおぼろげでした。キャラの関係性ぐらいは把握していた程度ので、楽しめたと思う。前作でかなり収益はいったせいか、映画館の数は桁違いに増えて、予算もアップしたんだなぁと実感しました。TVシリーズは3rdとあるわけですが、これは映画化するのかなぁ?いきなり大人になってしまった「なのは、フェイト」なのですが、中学生編の方が観たいです。

関連サイト:




「劇場版 魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」 アドトレーラーや各店の様子 - アキバBlog

Amazon:
魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 1 (ノーラコミックス)
4056070717

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]
B0042RVJVG
アニメ : comments (0) : trackbacks (0)

【手描き】ジゴクノミサワキュア!/地獄のミサワ風スマイルプリキュアOP:公式からもリンク!?【スマプリOPパロ】



お腹が痛いw これはミサワ先生も困惑するプロの犯行

地獄のミサワ「女に惚れさす名言集」からもトップで、このニコニコ動画にリンク貼ってるw (ひげおやじに!?という画像)

比較動画を見れば、タイミング一致。手書きでどんだけ大量に描いているのかわかる。この無駄な情熱はいったいw 


Amazon:
カッコカワイイ宣言! 3 (ジャンプコミックス)
4088703812
ジャンプSQにて連載中
アニメ : - : trackbacks (0)

オタク的ライフ近況報告

ブログの更新が全然やっていないので、たまに閲覧している方にはすいません。自分も何とか更新したい気持ちは多いのですが、アニメ鑑賞やコミックの消化や、日常のお仕事、そしてぎっくり腰や肩痛のリハビリでなかなか時間が取れません。今は長文を書く気力が無くてm(_ _)m


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」ピアノだけの予告映像から謎を読み解く人々 - NAVER まとめ
みんなの想像豊かな推理力に笑ってしまったw

ツイッターは普通にやってますし(汗) 毎日はやっていませんが、夜中起きた時やら暇が少しできたとき、ガンダムAGEでみんなとツッコミながら実況や日曜朝のスマイルプリキュア実況は何かしらないけど、みんなのPOST見ながら、自分もつぶやいてます。

アニメはパナソニックのBDレコーダーを購入しまして、HDDに録画しては定期的にBDディスクに焼いてますね。部屋に鬼のようにたまっているのですが、深夜アニメでTVに映るものはほぼ1年前からチェックしているはず。ネットでは今期は不作か?と言われていますが個人的にはいつも豊作だらけ。最近はまったのはFate/Zeroと氷菓、アクセルワールド、謎の彼女X、スマプリというあたりですかね。たくさんありすぎてどれが良いのか選ぶのが困る嬉しい悲鳴。時間泥棒ですよ。

ゲームはPSPの携帯ゲームで外出時にちょくちょくやってますね。とくにバンナムのキャラゲー「涼宮ハルヒの追想」「とらドラP」「俺の妹はこんなに可愛いはずはないP」と来て「僕は友達が少ないP」を全エンドクリアして、角川ゲームズの「とある科学の超電磁砲」をプレイ中です。任天堂3DSをDS Liteのヒンジ部が壊れたので買い換えたのですが、やる暇がない。戦国無双クロニクルだけが3DS用で持ってます。据え置き型は知人に頂いた初期型のXBOX360に加えて、衝動的にPS3まで買ってしまった…… ソフトはWhite AlbumとTo Heart 2 DX、FF13という偏ったラインナップ。ほんと序盤しかやっていませんが、PS2と比べてもきれいですね。HDすげえ! XBOX360はシュタゲやって綺麗だなぁとは思っていましたが、他のソフト全然やってなかったので実感が薄かった。

ライトノベルは、アニメ化されたものは以前から持っていたものがけっこうあったり、最近は知らなかったものがあるので1巻はほぼ購入してますね。どんどん増えて困っているのですが。ここ最近はアニメ氷菓で知られるようになった古典部シリーズを2回目読んでます。以前から好きだった作家さん(米澤穂信)青春ほろにが日常ミステリーなのですが、まさか京都アニメーションでやるとは思わなかった。アニメは原作小説エピソードからのどこを選んで、どこを削って、ちょっと追加シーンいれるかの選択が旨い。小説読み直すと原作ならではの良さも再認識。同じ作者の小市民シリーズも読み返したい。こちらも面白い。

コミックは週刊少年漫画として、ジャンプ、マガジン、サンデーは確実にチェックして、他にはアニメ化した原作漫画、コミカライズ化したものを中心に購入してますね。アニメより作画がいまいちだと読む気がなかなか起こらないので、漫画喫茶あたりで済ませたり。というかブーム。内容の記憶が薄くなったドラゴンボール、ジョジョの奇妙な冒険。最近の連載はほぼ読み飛ばしてしまっている、個人的にに主人公の兄貴エースを救出するところが一番面白かったワンピースを1巻からちゃんと読もうかと。現在のジャンプ連載中で面白いのは、めだかボックス、ニセコイ、斉木楠雄のΨ難、暗殺教室が個人的な4天王です。

ラノベやコミックは元々あったものに加えて最近購入が増えて、部屋に置く場所がないという状況で困った。電子書籍化来い!と思いますがなかなか普及しませんな。自炊もありだけど面倒だからやる気がしません。来年あたりのアマゾンのキンドルやら他のサービスの発展でどうなるやら。だが日本は規格がバラバラすぎて、あんまり期待できないと思っています。

現時点では、横になってアニメ鑑賞するのと漫画喫茶は最高!なのです。

Amazon:
小説/ライトノベル『古典部シリーズ』 (角川文庫)
米澤 穂信 (著), 高野 音彦 (イラスト)
☆氷菓
4044271011

☆愚者のエンドロール
404427102X

☆クドリャフカの順番
4044271038

☆遠回りする雛
4044271046

☆ふたりの距離の概算
4041003253
雑記 : comments (2) : trackbacks (0)
1/1
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other