<< 2017/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

斉木楠雄のΨ難 1巻/超能力使いもままならないギャグ漫画

Ψの変換のしかたは『ぷさい or ぷしー』があります。
最近3巻が発売されたわけですが、1巻を読み終わったところで紹介。ジャンプで新連載が始まった時、クスリとした超能力ギャグ漫画がはじまったと。でもネタが尽きないかな?と心配していたのですが掲載順も真ん中あたりをキープして順調に続いている。読み切りで不定期でやっていたらしいのですが、読んでなかったので0巻も買ってしまったですよ。

斉木楠雄のΨ難 1 (ジャンプコミックス)
4088705041

高校生の斉木は無口であり一言もしゃべらないが、心の中でかなり周りにツッコミまくっている表情は変えない冷静沈着タイプ。でも両親やまとわりつく友(?)にかなり優しい心の持ち主。彼らを害する悪いやつらには制裁を下すことは厭わない。一番のこの作品のウリが超能力設定であり、いろいろな種類のものが使えるが、デメリットとしてかなりの制約があるので、いつも斉木が四苦八苦しているところが読んでいて面白い。世界を何回でも破滅させる能力。だが正直もてあましている。そもそも破滅させるような事は考えない人生を達観した性格ですね。

例えば透視ができるが女子の服を透けて見ることがもできるが内蔵どころか骨までみえてしまう。心の声を聞けるがまわりの表裏のドロドロした念も勝手にたくさん聞こえてしまい迷惑してる。モノを触ると残留思念を読み取れたりもするが例えばラーメンとか触ってしまうと作業工程やら調理師のよくない思考や行儀の悪い行動まで読み取ってしまうなどなど。

1巻いや0巻から登場しつづけている一番の友としてまとわりつかれている燃堂。学園内での不良であるが何も考えていないバカは今回も斉木を下校時にラーメンに誘うのは日常茶飯事。頭空っぽなので心が読めないので斉木は振り回される。フォローしまくりですが、懐いてくれるのでほっとけない。

漆黒の翼は厨二病のままで「俺の左手が疼く」系の不気味な独り言をつぶやくが、斉木と関わり合いをもつことが多く迷惑かけてる。

両親が不在いうのがふつーな系統ですが、この漫画では冒頭に出てきますね。2巻以降でも登場。根は良い人なんだろうけど、超能力のある息子に気をつかわせたり、便利屋として助けてもらう(部屋の模様替えの移動)とか迷惑な人達です。しかし息子が小さい頃からすごい超能力を発揮しても悪用せず、まっすぐに良い子に育ったのは両親の愛情のおかげ。

困ったことが起きて、斉木がパワーがでかすぎたりコントロールしにくい超能力にふりまわされながら、クールに解決していくところの温度差が面白いです。モノローグの容赦ない冷静な台詞がツボにはいるとたまらない。

この作品の欠点は表紙が台詞付きでダサイところですね。これも狙っているような気もしますがw

Amazon:
斉木楠雄のΨ難 3 (ジャンプコミックス)
4088706218
コミック : comments (0) : -

魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜(下)/終盤にかけての物語がいまいち理解できなかったのは俺様のことよ!

文章書いてアップするのを今まですっかり忘れていた俺。
同じ作者でアニメのコミカライズをしていましたし、元々悪くなかったのですが、The different storyで作画など更に向上しましたね。今後の原作付きでもオリジナル作品でも期待したい。

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (下) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
4832242202

☆うぱーのお茶会 | 魔法少女まどか☆マギカ The different story (上巻)/マミさんと後輩になった杏子メインの物語。もしマミらなかったら?

上巻の感想の時に書いてあったはずだけどアフターストーリーではない、同じ世界観とキャラで再構築したもの。

中巻まではストーリーをちゃんと理解していたはずだったのですが、3巻の真ん中以降ぐらいからよくわからなくなってきた。回想にはいったり現在に戻ったり、また回想に入ったり、時系列が少し混乱する。コマ割りで外側が黒いから過去のことだということはわかるのですが。

最後のカットで「どういうこと?」って思ってしまいましたわ。ちょい前にマミさんのしたことをまどかから聞いて、マミさんの豆腐メンタルのこともわかっていたのに、頭では理解するのを拒否する状態が。この状況がわからないよママン まどかの願いってこれまたわかりづらくて。各キャラの心の動きや行動が伝わりにくいと自分では感じました。ネットではちゃんと流れを掴んでいる感想が多くアップされていたのですが。(最後のオチとか読んで、そうだったのか!とまだちゃんとキチンと読んでいないのですけどね)

この作品は上中下ともマミさんと杏子、マミさんとさやかのふたつの師弟関係で、マミさんが主役で彼女の悩みが描写され(本編ではあっという間の退場ですが)、生きていたらこうなっていた。つまり上下巻とも主役はマミさんです。彼女が望んだ願いとは… 幸せな夢をみられたのでしょうか?
コミック : comments (0) : -

コミック 魔法科高校の劣等生 1巻/原作未読ですが作画も綺麗で内容もわかりやすい

ラノベで前からあるジャンルだけど、とある魔術の禁書目録やアクセルワールドで学園モノ魔法バトルがより流行ってきたような感じがしますが、これもまた巷で話題になってますね。評判が良いので原作小説を買ったのですがコミカライズもされています。2巻が発売されたばかりですが、1巻を読んでみました。

魔法科高校の劣等生(1) (Gファンタジーコミックススーパー)
4757537220

主人公はイケメン(小説だと平凡に近いイメージだとされてるがw)で可愛い妹がいて相思相愛ですね。テンプレだがそれがいい。学校で魔法の実践の甲乙で優等生側と劣等生側に区別されている格差社会で、兄妹は別々の方に主人公の兄貴は劣等生側。とはいえ一緒に活動しているわけですが。妹は美人さんだし成績優秀で優等生側からは好意を集められており、兄貴は目の敵にされているわけですね。

しかし兄貴は元々成績優秀だけど魔法の実践の能力が劣っている(学校の判定基準においてというのがポイント) しかし何か特殊な能力があった。テンプレだが(略
兄貴が優等生側に喧嘩ふかけられて絡まれるわけだが、逆に倒してしまう。もの凄い権限のある生徒会が出てきて妹は勧誘されるが、兄貴もいれてくれというが学園の規則で入れない。ではその場にいた風紀委員長から誘われて妹の生徒会と一緒にいられるということで入ることになる。

文章にするとよくあるテンプレなんだけど、いろいろ設定が凝っていそうで、個人的には好きなジャンルなので大好物。コミックはわかりやすくていいわ。

コミカライズにあたって作画がラノベのイラストから劣化する例は多いけれど、この漫画家さんはLeafのまじかるアンティークやTo Heart2の漫画でも活躍されていた古参の方のようで巧いですね。バトルを描くのが得意らしい。これは期待できる。1巻ではあまり見せ場はないですが。構図とかコマ割りもうまいせいか読みやすいですね。台詞も多すぎず少なすぎず。専門用語が多い原作からうまく文章や絵で説明できていると思います。 

原作既読者からは1巻では全然進んでないというけど、このスピードで未読としてはわかりやすい。2巻も発売して定期的に描ける人のようですしね。3巻も年内夏ぐらいに出るようなこと書いてましたし。 一番困るのは全然でなくて感覚があくことですがスクエニで比較的順調に出る感じがあるので期待しているのですが。しかし原作はボリュームあるし、コミックにするとかなりの長期連載になるか、キリの良いところで終わっちゃう可能性も無きにしもあらず。これはラノベの宿命だよな。
コミック : comments (0) : -

付け足し:週刊少年ジャンプ 2013年09号 感想

前の記事で書くの時間なかったので追加
うぱーのお茶会 | 週刊少年ジャンプ 2013年09号 感想

ニセコイ…小野寺さん人気ランキング1位。さすがや〜 モブ寺さんとは言わせない。逆境にあい続けてどんどん人気があがっていく不憫な子ですわ。

本編は千棘のママさんが登場。敏腕ビジネスマンで世界を巡る超お金持ち。マフィアとの旦那とも全然会えないという。おっかない人らしく全員がびびっている状況か。楽は千棘のお友達として目をつけられ、一時的に強引にマネージャをやらされることに。 新展開というか主人公としての株を上げるチャンスが与えられるのか。千棘ママさんに認められて、千棘のルートにまた一歩という流れがみえてくるんですが。 どうする八方ふさがりの小野寺さん。神は彼女に試練を与え続けるのか。

暗殺教室…ハリウッド映画みたさにアメリカまで飛んでいこうとする殺センセ−。生徒ふたりも一緒にマッハ−で空中を飛んでいく。映画みながら教えていないような単語にはフォローいれたりして生徒への英会話の向上とか、殺センセ−は素晴らしい教師です!最終目的はなんなんでしょうね? 

斉木楠雄のΨ難…ねこが可愛かった。その愛くるしさを否定する斉木くんとのツッコミに吹いたw 安定して面白いギャグ漫画で好きです。主人公含めたみんな優しいのが更によし。いつネタ切れするのかと思うけど、微妙な回があっても次に面白いネタの回があって楽しめますわ。

クロスマネジ…やっとまともなラクロスの説明が来た。選手への適性やら、長所をいかすようなルールによる配置とか面白い要素がやっとはいって試合してますよ。なぜこれを最初からやらんのかと… もう打ち切り状況だと思っていたけど、今回の改変でクビ一枚で助かりましたね。その調子で試合とかちゃんと選手たちとマネージャーを描いていけば面白くなるはず。しかしヒロイン以外の選手達がふつうの作品だと可愛かったり美人だったりするんだが平均以下という…モブ顔、体型なんだが… この狙いは何なんだw

☆全体的に今週のジャンプは面白かったと思います。クロガネは最終回についになってしまいましたね。俺たちの戦いは始まったばかりだぜ!といういつものパターンに。次の打ち切りは伊達先輩か。新連載ふたつはどういうものが来るか楽しみです。

Amazon:
2/4発売
めだかボックス 19 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 21 (ジャンプコミックス)

SKET DANCE 29 (ジャンプコミックス)
4088706293
コミック : comments (0) : -

週刊少年ジャンプ 2013年09号 感想

今週は去年末に近い時期に新連載3つ投入された『食戟ソーマ』『新米婦警キルコさん』『ハングリジョーカー』が増ページ。出来不出来によってアンケートにも響きますから大事な内容ですね。

(追記:うぱーのお茶会 | 付け足し:週刊少年ジャンプ 2013年09号 感想

キルコ…こういうのでいいのだよ。こういうので。

ゲス先輩がメインとなり、ある亡くなったエロ本マニアの老人の家で、幽霊じじいの求めるエロ本を探す回。
ばかばかしくて、キルコさんは主人公はるよりもサブとして幽霊に怖がったり、序盤にガッカリ美人本「いまいちグッとこない娘」とかギャグをかませてくるのだが、こういった構成の方が生きるような気がして面白かった。キルコさんはメイン張るよりサブでちょこまか動くのがいいんじゃないですかね。序盤で軽く流したネタだと思ったら、重要なアイテムだったものを見つけていたキルコさんさすがヒロイン。こういう細かいところが好きです。他にもこの作者さん今までの掲載で細かいネタけっこう入れているんだよな。他の人の感想文とか読んでるとよく見つけるなぁと。自分では一度読んだだけだと全然気がついていないw

ソーマ…美少女ふたりがなぜか料理で裸のビジュアルイメージだけでいけた。お茶漬けうまそうにもみえんが問題なし(あるだろ)安定のエロ枠

ハングリージョーカー…自分は設定がよくわからないので何とも

その他。
スケットダンス…JoJo立ちで海水浴で女子の水着姿を透明人間(ただし動いたら見えちゃう)化してのぞくというゲス軍団の話はバカバカしくて笑っちゃいましたわ。真面目な回よりはこういったくだらない回が好きですね

めだかボックス…心臓は止まって死んだが、血液を流すようにスタイルで振動させているから動ける。生きている。な、なんだって!
先週死んでも驚きは全然なかったwこの作品、やはりこう来たか!って感じですけど。安心院のいない異次元空間にめだか母とか対面とかよかったんじゃないでしょうか。しかしめだかちゃん確実に寿命は削っているし、そもそも数年の命なんじゃね? 

Amazon:
めだかボックス 19 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 21 (ジャンプコミックス)

SKET DANCE 29 (ジャンプコミックス)
4088706293
コミック : comments (0) : -

君に届け 18巻 実質最終回でよくね?3組がそれぞれに相手の気持ちに繋がった

前回やっとようやくここまで来たかという終わり方で続きが気になっていた。ネタバレ感想になります。読んで無い人は注意してください。

君に届け 18 (マーガレットコミックス)
4088468813

ギクシャクしていた爽子と風早くんがやっとお互いに言いたいことをポツポツと交わして、より恋人になったというか。台詞が最小限にしか表現されずにふたりのコマが続いて行間で読めと作者はおしゃるようです。もっとズバズバ風早の心のうちをぶちまけると思ったんだけどな… とにかく前回でやっとキスするのにいたったて何てもどかしい〜 
個人的な勝手な解釈で、風早は自分には爽子が知らない闇の部分があってちっとも格好良くないよ〜(当然性欲も含まれると思うが)これ以上イメージを壊すようなことが起きたらどうしよう。
一方、爽子は風早がどんなのでもしっかり受け止めるよ!という流れだと思うんです。ただ風早の爽子を大切にしたいでも理性がおさえられないってのは、爽子には全然伝わっていないのは確実w

あとは爽子の友達ふたりも恋で何かこじれていた、いやそもそも恋愛の対象じゃなかったのがぐっと距離を縮めた前回からの流れで、あやね今まで異性と付き合う事はしてきたけど、ホントの恋というものじゃなく痛々しかったことがここ数巻描写されてきた。しっかりとした姉さんキャラだったけど、異性絡みは不器用であった。一見チャラ男でも中身はしっかりしていて、あやねのことを真剣に思っているケントとカップルになった。幸福になれて良かったわー もうひとりのちづちゃんは龍と幼なじみぐらいのが恋だと認識したというか。カップルになるのも時間の問題でしょう。

爽子の誕生日祝いもあって家でみんなで集まってパーティーするんだけど、父親が娘の成長を感じて風早の評判を周りから言われたり、本人とも会話して認めるようになった。爽子パパに注目してしまいました。愛する娘が親離れするおセンチな感傷というか。

大晦日のそばは爽子が自ら打つという、家族だけで過ごすので、風早含めた全員とはここでお別れ。冒頭で前夜に1時間だけ門限、帰宅するのを父親からもらったからのお返しみたいな?何て家族思いな爽子やねん。ふつう恋人と過ごす選択をするだろうに、親も認めているけど譲れないところなんでしょう。

なんやかんか恋人になって、前巻でキスもしたし、あとは最終回じゃね?と思ったので自分は一応この巻がよい区切りになりました。

どう考えても後日談みたいな話で1巻ですめば良いけど、ベストセラーだから集英社は引き延ばすの大好きなのだし。昔からドラゴンボールやら北斗の拳でもおなじみ(少女漫画はどういうスタンスか最近は知らないが)、たぶん蛇足にしかならない気がしてしょうがない。 作ろうと思ったら恋人のちょっとしたすれ違いネタやら喧嘩とか、サブヒロインの恋の進展具合(とくに龍がらみ)とか書きようではいくらでも続けられるでしょう。

今までの流れがけっこうじれったすぎた(笑)なので、前巻は途中までまだ引っ張るのか!精神的にしんどかったので最後はいきなりのキスで発展キタァーとガッツポーズですよ。ついに君に届けから卒業できる。わーいな気分になったので、個人的にこの巻はちょうど区切りが良いので自分では継続して読まないと思います。周りの評判が良ければ続き読む機会もあるかもしれないですけど、ひとくぎりつけたい。先生面白い恋愛モノありがとうございます。お疲れ様でした(まだ終わっていないちゅーのw)
コミック : comments (0) : -

魔法少女まどか☆マギカ The different story (上巻)/マミさんと後輩になった杏子メインの物語。もしマミらなかったら?

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
4832242032

BD特典のドラマCDを原案とした魔法少女まどかマギカの The different story。オリジナルな本編をコミカライズしたハノカゲ先生による作画によるもので、さらに進化した安定の絵柄です。上手いです。キャラもいいし、戦闘シーンもよし。背景もちゃんと描かれていて読みやすいですね。

魔法少女まどかマギカ本編と何が違うというと、マミさん中心ではじまるところですね。他の魔法少女たちと協力するが方向性の違いからの別れ、新米の魔法少女「杏子」との出会い、彼女を後輩として指導しながら一緒に仲間として魔女と戦っていく流れになっております。

ぶっちゃけるとタイトル通り、マミらない世界!といいましょうか。アニメでも杏子とマミさんは直接はあっていないのですが、何となく出会いがあったような台詞回しもありましたね。

全体的にシリアスであり、ところどこでユーモラスな描写もありのまどマギならではの作品になっていますね。アナザーものはパロディーとかオリジナルがシリアスなら、とことんお笑いでというのも多い気がしますがそんなことはないです。オリジナルと同じく雰囲気がそのままところが好き。だからマミさんの中二病的な描写を強調とか少ないですw 杏子に与えた必殺技ネーミングはありますがあくまで抑えめ。

そして何と言ってもキャラ設定、過去や物語の流れがオリジナルに沿っていて、歴史を河に例えるならば、大きな石を投げいれても波紋が起こるがやがて収束するかのように結局はオリジナルも近づいていく様子ですね。多少いろいろシナリオは違えども、オリジナルと背景や描写が一致する歴史上のクロスポイントがあること。

杏子の魔法少女になったいきさつ、過去つまり親父が宗教家としてどういう状況だったのか、家族の結末も同じ、それがマミさんとのすれ違いを最終的に生んでしまう悲しい物語でもあります。杏子が最初あんなに可愛げがある初々しい少女がアニメ本編のようなやさぐれた性格になった理由もわかります。マミさん、杏子のキャラの掘り下げがキチンと描かれていて魅力的になっていますよ。

今回は上巻であり、上中下の3巻構成となっており、まどかとさやかが登場するのは最後の方ですね。中巻で出番が増えてきますが、メインはマミさんと杏子と考えてよいかと。ほむらも当然、謎の魔法少女として何考えているのかわからない状態でいますし。中巻もいま読んでいますが面白く、これもアニメ化してくれないかなぁという出来です。

原案は冒頭に書いたようにドラマCDと同じ展開から、補完したりより先の部分の物語はハノカゲさんが作っているのか、はたまた別の人物による原作なのか気になります。 まどかマギカの世界観を理解して、上手に再構築して別の物語が作れたもんだと感心してしまいました。まどマギファンにはオススメなコミックです。 原作があって外伝としてのコミカライズの完成度は、とある魔術の禁書目録と『とある科学の超電磁砲(レールガン)』並の関係といいますか、それに匹敵する素晴らしさだと思いますね。

Amazon:
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
4832242083

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (下) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
4832242202
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

今週のマガジン「君のいる町」瀬尾せんせ-/おいおい二日間でセックス4回やってますよ(白目)

リア充爆発しろ!
マガジンで面白い漫画はAKB49ですが、次にネタ漫画でマンネリ化はげしい「君の入る町」もコメディー恋愛系は好きな俺にはそこそこ楽しめる。思いっきりじゃないのはアンジャッシュネタでひっぱりすぎてる。長きにわたっているせいかマンネリというか。最近のはホント引き延ばしすぎ。

先週号は主人公とヒロインが結ばれて、あんまりちゃんと画面で見せない場面が多いカットでしたが、最後の台詞で2回戦と言っているので、かすかなのぞみを託して、今週は乳首券解放とかふたりの暖かいラブラブ感もいいか、お体のぶつかり合い(プロレス化よ)をみせてくれるのかと願望してた(きもっ) しかしメロメロなのはわからるが、こんなにいままでさんざん引き延ばし回ばっかりなので文句が少しでもいいたくなるw

自分は歳をとって性欲がない方だけど(悲しすぎるわ)、ちょっとはトラブルダークネスとか見習え。青年誌に移るべきなのかなぁ。 過程を描くにはいろいろ都条例とか厳しそうなのか、自主規制でおとなしかったかな。中高生にはたまらんのだろうが、年寄りにはこれじゃあダメなんですよ(力説)

たまにはこんな変なリビドー全開の更新しても良いじゃないですか。少女漫画はファンタジーすぎる描写だけど、まだちゃんとやっているのも多いのじゃないか?(最近読んでいないから事情が薄い)

この下の予約中に掲載されるかどうかは不明です。すまぬ
君のいる町(20) (週刊少年マガジンKC)
4063847675


そうそう今週のサンデーではじまった、本田圭佑も実際に登場しまくるファンタジスタ ステラは面白そう。実際の本田もレギュラーっぽいしおもしろキャラといじられたり真面目だったりしてハードル高くなった漫画かと。前作見ていなかったけど要注意や。
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

めだかボックス外伝「グッドルーザー球磨川 小説版(上)」 俺らの球磨川がめだかや善吉の学園にやってくる前の物語

ジャンプ本誌では、最近は出るには出るけど影が薄くなちゃって、主役のめだかちゃんを人気投票でトリプルスコアで蹴落とした断然1位人気の球磨川の見せ場が無くて、悲しい人に朗報。

球磨川が主役で、付き添い(巻き添え)の女の子とともに、ある人の指令で学園の生徒会長として、不思議な指令書がくるわけだが…
ジャンプNEXTで外伝として掲載されたコミック(1話だけ)のさらなるニッチな外伝小説がやってきた。復習として15巻の後ろの方の外伝を読むとより楽しく読めます。

あいかわらず食わせ物の球磨川くんが学園で、とんちのような解決をしていくわけだが。めだかボックス本編のキャラクターはまったく出てこない。ひとりだけいたな。 やりたい放題というか、付き添いの女の子もジャンプ本編で出たと言えばそうなんですが…

今は失った『大嘘憑き(オールフィクション)』
『「現実(すべて)」を「虚構(なかったこと)」にする』スキル使い放題だぁw かといって万能でもないところが上手いところ。
2つのミッションをクリアしたところで後編に続く。楽しみですわ。

めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(上)『水槽に蠢く脳だらけ』 (JUMP j BOOKS)
4087032787
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

【マガジン感想】ハッピープロジェクト 黒団子より上手な見た目、草食系男子だと…

今週の週刊少年マガジンのハッピープロジェクト感想の時間がやってきました。

さてハピプロのネタバレなので単行本派(いるのか?)は回避してください。

先週で国民性アイドルはアホの子だと分かって、なんだかラブコメらしくなってきたなと思いきや、今週はまたわけがわからない(それがこの作品の魅力のひとつ)だと思いました。行き当たりばったりに書いているのか、計算されたものなのか…

久しぶりに空気系の女子、ギャル系の子が冒頭にピックアップ。田んぼで苗を主人公と一緒に植えてます。話してみるといい子らしい。

そして他のグループから新しく入ってきた草食系的なメガネくん、いきなり黒団子と肉体関係になってしまうような事後描写が入ります。もしや見た目だけで中身は肉食系? 

主人公は「黒団子はやめとけ!」と前号と同じく忠告して、さらに自分の携帯をふたつ折りに割ってしまいます。 おいおい今後、告白するときとかどうするんだ! あとで替わりの政府のスタッフから支給されるのかな? 

実は黒団子の裏の顔は知っていることをほのめかすメガネくん。なんで知っているねん。わけがわからないよ。わかっていて食べちゃったの? 実に黒い。しかし3日間の前のグループで男子、女子ともに人間関係がドロドロだったことを告白。主人公はなぜか納得したのか、メガネ君を今後ともバックアップすることに。友情がふたりの間で出来たー メガネくんのアドバイスとして主人公と一緒にいる国民的アイドルは深いなにか心の傷があるので大変だが、ガンバレみたいなような事をぬかしよる。なんで知っているんだ。メガネくんは何でも知っているなぁ
 
うん、書いていて僕よくわからないよ。

主人公、自分の彼女を見つけて結婚するプロジェクトだっていう事わすれているのでしょうか? 黒団子を追い出すことだけで一杯のような。 今後の超展開が期待される。そういや前回、へっぽこぶりなお茶目な面をみせてくれた国民的アイドルは出てこなかったな。

マガジン本誌は、ネギま!もあと2回で終了ですね。ネギくんの現在の本命はどうやら明日菜じゃないようですが…じゃあ誰になるかというとわからない。1週まわってネギ君の同じようなタイプ。明日菜の反応からして本屋でもないような。ちうなのかなー

読むものはハピプロとAKB49と絶望先生(最終回になりそう)ぐらいです。

Amazon:
この次のあと1巻で終わる(たぶん)
魔法先生ネギま!(37) (講談社コミックス)
4063846261

こちらも最終回フラグ ビンビンな
さよなら絶望先生(28) (講談社コミックス)
4063846296
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

使いづらくて誰も買う人がいなかったであろうPSPのコミック配信終了のお知らせ

1ページごとのスクロールして見るのも、意味のない「全体画像」で邪魔をされ、操作感も微妙。1コマずつの表示形式(ジャンプ系に多い)のは、自分で速度を変えられずイライラさせられ、これは酷い!と過去にブログの感想に書いたけど、ついにソニーのPSPでのコミック配信終了。

関連記事:うぱーのお茶会 | PSPでコミックを読むのはキツイ(PSストア ネット配信)

単行本はほぼ定価で売っていたのと、雑誌連載のだと1話100円というボッタクリ価格なので、更に誰も使わないのでサーバー代との採算取れなくて打ち止めかな。もし買った人は消してしまったら再ダウンロードも出来なるわ涙目。

ソニーの独自規格とか、著作権保護のためかガチガチな一般利用者を強いられる仕様なのは、いつもダメダメですね。 他の会社も一緒にやってくれるものなら多少いいけど。(DVD規格やBD規格とか) あとはPSPのUMDソフト(ゲーム限定)ぐらいのものかな?

「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信サービス新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ | プレイステーション オフィシャルサイト

----------------------------------------------------------
"PSP"「プレイステーション・ポータブル」向け
コミックコンテンツ配信サービス
新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ
----------------------------------------------------------

現在、"PlayStation Store"で配信している"PSP"向けコミックコンテンツの新規コンテンツ追加更新を2012年3月15日(木)をもって終了とさせていただきます。

また、"PlayStation Store"内のコミックカテゴリでのコンテンツのご購入は、2012年9月末日にサービス終了とさせていただき、ご購入いただいたコンテンツの再ダウンロードにつきましては2012年12月をもって終了とさせていただく予定となっております。

今後のコミックコンテンツを含む電子書籍コンテンツサービスにつきましては、「プレイステーション」製品およびその他のソニー製品での展開を検討してまいります。

本コンテンツをご利用中の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


新しい電子書籍配信サービスが、VitaやPSNから名前が変わったネットラインサービスで行われるかも?という意見もあったけど、今のままのソニーのゴリ押しの消費者を考えていない仕様だと同じ状態になりそうですなぁ。そもそも日本の電子書籍の統一して欲しいが無理な相談なのかな。乱立しまくり。赤松健氏のJコミぐらいが期待できる感じというか。

Amazon:
電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)
コミック : comments (2) : trackbacks (0)

【マガジン感想】今週のハッピープロジェクト もはやラブコメディーではない!新ルール追加によって主人公が自爆した件

今週の週刊少年マガジン「ハッピープロジェクト」作者:落合ヒロカズ 黒団子の毒を食らったぁーーー 主人公が何したいんだかわからなくて迷走してる。ラブコメディーじゃないだろw 大丈夫?この漫画。

連載中のこの漫画をまとめてみるとこうなる。18歳になった男女は、少子化対策のために国による強制的なお見合い的な合同合宿が開かれている現代の日本。その場で両思いになると結婚を強いられる。カップルになれなかったものは社会の落ちこぼれ扱いという世界観。 今日もたくさん集められた中でそれぞれ男子3人対女子3人を1グループとして構成されるプロジェクトが始まった。

主人公は一般的な青年(同じ歳の幼馴染あり、だが今回のプロジェクトで離れ離れに恋にはお互い発展していない。) ヒロインとして家庭的な可愛い健気なお団子娘(琴音)と自分を飾らない国民的アイドル、完全に空気的なギャル。

しかし実は、お団子娘は男子を見極めてレベルの高いものを狙うために、現状のさえてなさそうな男性陣を追い払うために画策する。一度は彼女の献身的な愛嬌に惚れそうになった主人公だが本性を見ぬいてしまう。そして彼女に「このグループから孤立させてやるよ」(要約)脅されてしまう。

主人公は彼女を何とかしたいと考える(主人公が自分から告白して玉砕してグループから離れるのはプライドが許さないわりに、彼女をグループから追い出すのか、反省させて謝罪させようなのか目的がわからないのが困り者) 一方で国民的アイドルは、結婚そのもの恋愛に興味ナッシング。主人公がお団子娘の本性に気がついたので興味を少しだけ持ってくれるのであるが… 他の男性二名はいて、ひとりは主人公を策略にかけて閉じ込めたりしたけども、たまたまお団子娘の計略によって、他のひとりとともに告白したのをフラれて別のグループの島流しにあってしまう。 そして新しい男性二名がやってきて、そのうち一人がお団子娘に興味を持ったので、主人公はやんわりと「やめておいた方がいいんじゃないの?」と親切に振る舞うのだが…

ここまでが先週のあらすじみたいなもの。

今週号で主人公と国民的アイドルが協力体制を持つこととなった。プロジェクトのイベントで男女6人の中の人気投票があるので、新たにやってきた男性をお団子娘から救おうとするが、政府の付添人による追加ルールにより主人公は失敗して、逆に男性からうらまれてしまう。

黒団子娘を蹴落としたいのか反省させたいのか? だいたい結婚を政府で強いられている状態なのに変なことに気をまわして本来の自分の伴侶となる女性を探す目的を見失っているような。

ぱらっと読んで主人公が一見、団子娘に逆にやられたと思ったけど、よくよく考えると作者の都合良すぎな設定追加(投票の両思い発表と10日間何も無かったらシャッフル)がなされていている。彼女からわざと計画できるわけがないはずが、追加ルールにより主人公を陥れることが自動的に成立してしまった。このルールなんてお互い知らないはずだし。ハッ!主人公が旅の栞を忘れたのが伏線か!

団子娘の策略に自らかかったという以前の問題ですよ。考えるとおかしい所が満載のこの作品。巷の2chスレではクソ漫画愛好家御用達みたいに言われてるしw

他にもいろいろな楽しみ方やおかしな点が2chスレで書かれていて、それ読んで今週号の違和感に納得がいった。
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1328702998/762-

Amazon:
【3DS】NEWラブプラス (通常版)
B004K6L0FY
コミック : - : trackbacks (0)

【マガジン感想】今週のハッピープロジェクト(落合ヒロカズ)/ついに女性の暗黒面を出す驚きの展開

今週号の週刊少年マガジン「ハッピープロジェクト」(作者:落合ヒロカズ)はついにストーリーも急展開を迎えて、女性の怖さというか驚きの展開で嬉しくなりました。ぬるい恋愛コメディーにならなかった。タイトルは略して「ハピプロ」

他の多くの2chコピペブログは、この作品の作画が判子絵としか強調してなかったなぁ。話題にはなったものの、俺の感じた設定のおかしさとか、怪しい予兆を全然話題にせずに、絵だけで判断して終わりだもの。

例えば、それなりにまとまっていて面白い記事ですけどw
【漫画】マガジン新連載「ハッピープロジェクト」が判子絵すぎると話題に

それだけじゃないんだと、自分は前回にこう書いた。
マガジンの恋愛コメディー「ハッピープロジェクト」トンデモ設定なので期待したい…レジスタンス展開来い!

最初の連載開始から今週号の彼女の豹変ぶりは驚いて笑っちゃいましたよ。最初から何となくストーリ的に怪しい匂いが少しだけしているんじゃないかと少し妄想してたら、ちゃんとブラックな感じが出てきてたまんねー いいネ。サバイバルゲームの開幕だ! それなりの報いを受けさせろ!ヒャッハー

レジスタンス展開のぞんでいたら、違う方向で斜め上の展開になったというか。まぁありそうな作品あるけど、あの作画とか連載開始の作者の対談をしたマガジンの巻末にあるマンガ「もうしま」でのイメージや、ハピプロの後ろにある作者と担当編集者を交えた座談会の「このキャラが萌えるー!」(実際にはこんなことは言っていないけど)っていうのは隠れ蓑というか、インパクトあたえるためにあえて演技していたとは。流石や。作者はお団子娘こと琴音ちゃんが一番好きなキャラか… 今後どういう展開になるのやら。

恋愛コメディーとうたって実際はバトルロワイヤルや、今アニメ放送中の原作コミック「未来日記」みたいに何か残酷なことしているけど、笑いもあるシリアスな笑いで行ってもらいたいと思います。

関連:
公式サイトに1話目が下のリンクで全ページ公開中なので、興味が少しでもあれば読んでみましょう。今週号でこのイメージが上で書いたように面白い方向に違うベクトルで転がってるけど。
マガメガ|週刊少年マガジン|ハッピープロジェクト|作品紹介|講談社コミックプラス
無料だけど登録は必要。

Amazon:
ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)
4048862715

【3DS】NEWラブプラス (通常版)
B004K6L0FY
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

【コミック】めだかボックス/安定して面白いね/ネギまとハヤテのごとくもちらっと

めだかちゃんvs善吉&安心院さん&兄貴、妹、その他vs球磨川率いる裸エプロン軍団+委員長集団と三國志さながらの競い合いのまず仲間づくりが終わって、次の段階かな? 一部ではマンネリ、もうそろそろ話進めろよ!コールも聞こえてきますが。まぁブリーチとか比べりゃいいんじゃ(あちらも最終章らしいが、1年以上続くのは確実)

サクサク進んで飽きが来ないところもいいね。善吉が勝たないといけないけど、めだかちゃんが勝つことはないだろうな。まぁ第三勢力の球磨川たちが台無しにするかもしれませんがw

「アニメ化するまでに(この連載を)終わらせてもらうぜ」という安心院さんのメタ発言が前々回あたりになったが、グダグダで本来の意味と違う「オワコン」扱いされずに綺麗に終わって欲しい。

ネギま!が最終回あたりになっているがこのまま終わらせれば、まぁ手遅れですが良い感じに終わるのでしょうか。まず切ない、バッドエンド、虚淵玄エンドみたいなのにはならないですし。

超の技術のカシオペアのタイムマシン説が一番だと思いますが。
はなはだ魔法世界編いらなかったなぁ。どうしてこうなったのだろう。最近の連載のイチャイチャ女子クラスメート達との争いは初期の頃を思い出して楽しかった。

まだ6合目というハヤテのごとくよりはマシだけど、こちらは頭考えずに惰性で読めますがキャラ紹介で終わるのがなんちゅうか末期で終わらせて新連載やれよと!キャラが多すぎで深く掘り下げないところがまたよくありがちな。しかしハヤテくんは恋愛がもう成立しない状態だしな、このトラウマを解かすにはかなり時間かかりそうだし。これは飽きられても3年以上は続くな。サンデーの名探偵コナンに続いて看板作品だし。めだかの15巻以上なるのは駄作になりがち(うろおぼえ)は至言ですなぁ。

めだかボックス 13 (ジャンプコミックス)
4088703197
コミック : comments (0) : trackbacks (0)

デスノコラ絵で、ハンターハンターが6年前から会長総選挙の伏線があった事を指摘してみた

漫画家の冨樫先生は凄いなぁ。休載ばかりしているけど、描きだすと非常にレベルの高い面白い漫画を作りだす作家さんです。

■最近のジャンプで連載しているハンターハンターで行われているネタバレに付き注意。単行本派は避ける人は逃げて!


いま、キメラアント編が終了して、会長の総選挙が行われているわけですが、6年前からこの伏線あったんだという事を知り合いの、バーチャルネットアイドルちよ婆さんこと、ほいみんさんが指摘していたので紹介。

しかも手間のかかるデスノートコラによる最新のハンターハンターネタバレ感想。面白い。製作乙であります。

★★★ほいみんのページ7: 『HUNTER×HUNTER』第325話の感想 http://episode4.net/archives/2011/11/21/000000.html

※パリストンが正しいが、バリストンと書いてしまった!とコラ作者のほいみんさんが頭を抱えていましたw

会長総選挙とともに、キルアの妹(弟?)のアルカの伏線も同時に展開していたという周到さ。冨樫先生、ちゃんと構想があっても長期間の休載で、6年前の事をちゃんと覚えている人少ないですよ!

自分も言われて、そういえばハンター協会の人事争いについて愚痴言っていたなぁと思いだしたところです。これは単行本になったら、しっかりと読まないといけませんな!

アルカのお願いの件もかなり自分には込みあっていて、理解できていないけど、雰囲気でこれは傑作だと思う。今後の展開に期待。

◇関連サイト
hunter hunter 319話 チードルの「パリストンが絶対有利」ってなんで? - Yahoo!知恵袋

HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)
4088703278
コミック : - : trackbacks (0)
<< 2/5 >>
最新エントリー記事
最新コメント
過去ログ
カテゴリー
Other